デーライトなスナップ

タグ:G1X markⅢ ( 25 ) タグの人気記事

日常の澱#40

f0167977_15420573.jpg


f0167977_15420559.jpg


f0167977_15420543.jpg


例年通り、盆のイベント満載でのんびりスケジュールが常の我が家も、さすがにギューギューのスケジュール。
子どもがいっぱいいるので遊んで遊んで墓参りして遊んで、みたいな日々でグッタリしとります。

写真は撮ってアプリやらラインやらで手軽にシェア。
時代が変わったなぁ、こんなん写真じゃない、っ人達もたくさんいるかもしれんなぁ、とは感じつつ、
これでいいんやなぁって思いながら、スマホではなくて一応カメラで撮り続けた写真をwifiでスマホに取り込んで、
バンバンアップ。

プライベートで使うカメラも仕事で使うカメラも、今やすべてwifi搭載で便利すぎ。

単純に時代がどんどん変わって、写真の在り様が変わっていってるだけやと思う。

作品としての写真をプリントで見るのは最高の楽しみやと思うけど、家族の写真をスマホで見るのも最高の楽しみです。
ただみんな、そろそろお年頃なのでブログに気軽にアップ、は止めておきます。











by iidacamera | 2018-08-17 15:49 | 日常の澱 | Comments(0)

足跡#118

f0167977_11062689.jpg



f0167977_11062612.jpg



f0167977_11062678.jpg



f0167977_11062692.jpg



f0167977_11062638.jpg



土曜日、あべのハルカスでチームラボの何とかって展示があって、子どもが面白いんじゃないかっていうことで、
家族でお出かけ。
想像以上の混雑で入場に1時間待ち。
嫁さんと交互に並びながら、後半は娘もウズウズして一緒に並んで、中に入ってしまえばわりと遊びやすいくらいの人混み。
入り口で中の状態を管理しながら入場させてるからあんなに並んだんですね。

子ども達が何か一つの場所に集中するような類のものではなかったので、普段は少し遠慮気味な娘がやりたい放題。
最初は少し不思議そうにしながら、直感的に遊べることが分かるとあとはいろんなことを自分で試してみたり。
面白いイベントでした。

本人が音を上げるまで遊び続けて、帰りは生駒駅近くの駐車場までオール抱っこで熟睡でした。

チームラボ、で調べてもらえればもっと美しい写真がいっぱい表示されるので、どんなものなのか分かると思います。(笑)

こういうイベントで大きいカメラは禁物ですね。
撮影OKですが、子ども達が走り回ってるので大きいレンズなんか付けてると、誰が怪我するか分かったもんじゃないです。

自分にも、他所の子どもが興奮して走っていたようで、ぶつかってコケて泣いてしまいました。












by iidacamera | 2018-08-06 11:22 | 足跡 | Comments(2)

足跡#117

f0167977_09462077.jpg


G1XⅢが出戻った。
動画でこれからちょっと使いたいシーンがあったからやけど、これはもう縁があるようなので、
今後は手元に居座ってもらいます。

久しぶりに使うとファインダー以外はストレスフリー。


f0167977_09462035.jpg



サングラスです。
ハートのやつを欲しがってたので、子どもでもあった方が良いんじゃないかって思って買ったら、
父ちゃんもサングラスをかけて一緒にサングラスでお出かけしようと誘われるようになった。



f0167977_09461984.jpg


嫁さんと作ったティッシュ箱のギターだそうです。






by iidacamera | 2018-08-01 00:00 | 足跡 | Comments(0)

サイクルロード

f0167977_16030501.jpg
3日前の話。

小高い場所にある自宅からは基本的に往路が下り、復路が上りになってしまうので、
ちゃんとした自転車乗りじゃない、ゆるい性格とゆるい体形の自分には、
帰る時の体力を考えながら走る必要がある。

久々に木津川サイクルロードまで出て、走り始めると気持ち良くて、10キロくらい走ったところで、
帰りの坂道を思い出した。

1年近くまともに乗ってなかった癖に、郵便局に請求書を出して今月の事務処理が終わってしまうと、
気分良くなってしまったことが原因らしい。
晩に入ってた竣工撮影が延期になったことも理由の一つやけど。

で、トータルで10数キロの道のりを折り返してサイクルロードだけは機嫌よく走れた。

最後、2,3キロ続く上りは、もう余力が残ってなくて、走っては止まり、走っては止まり、
を繰り返しながら、ようやく自宅に到着。

こないだ笠置山のてっぺんまで自転車で上がってきた、本気自転車乗りのおじさん達のことを、
心から尊敬してしまいました。

どっぷり自転車にハマっている方たちは、上り坂のことを、「いい運動」って言ってはるけど、
自分にその気持ちが分かる時が来るのかどうか、微妙です。





by iidacamera | 2018-03-30 06:00 | 自転車 | Comments(0)

バーテープ

久しぶりの自転車ネタ。

このデブをどうにかせねば、の一念で、チャリンコ乗りとして再起する決心をして一年、
決心してから10回ほど乗って、その後は決心を忘れておりました。


もともとかなり太りやすいようで、体の方はすくすく育ち、すっかりボインになってしまいました。
娘は自分の胡坐の中に入って、お腹にもたれるのが好きです。

で、健康のことを考えるともう待ったなしの状態ではっていう危機感から、とにかく忙しくても、
仕事と育児と家事が待っていても、週何回かは乗ろうと決心して、CRNのバーテープがボロボロなことを思い出しました。

そういや最後の自転車ネタ、バーテープ交換めんどくさい、って書いてます。(笑)

f0167977_16535279.jpg


実家のガレージへ行ってげんなり。

DIYとか苦手、バーベキューでは人に火起こしをしてもらう、等々、自称坊ちゃん育ちの自分やけど、
とうとうこういうことを自分でやる日が。

大げさ。

実は10日ほど前から、どこかのタイミングで変えなければ、って思って、失敗しても後悔しない、
安物バーテープを買っておいて交換できるタイミングを狙ってた。


f0167977_16535229.jpg




コルクっぽいバーテープを買っておいたのでサドルも変えたいなぁって思って、ビアンキのミニベロに乗ってた頃、
気まぐれでオークションで買ったブルックスのサドルを付けてみた。

今では分不相応な気もするけど、独身時代の遺産ですな。
贅沢。
一か所傷が入ってるけど、皮なのでそのうち馴染む・・・・・・はず。



f0167977_16535248.jpg

やってみりゃできるもので、サドル交換、バーテープ交換、約1時間程度。
写真撮る時はもうちょっとペダルの位置とか考えた方が良さそう。(笑)

上手にできたのかどうかよくわからんかったけど、この後納品、請求書郵送に自転車で行ってみた結果、
シフトレバーのすぐ近くに隙間ができていて、少しずれてきてるようです。
そういや隙間埋め用にわざわざ端切れが付いていたのに、無視してしまったなぁって思いだした。

もともと大雑把なおかげでやった後は、なんかもうこれでいいや、って気分。


ちなみに自転車って、どういう状態がオシャレなのかよく分かりません。
この自転車、フレームが白ならもっとオシャレなのかも。
まあ気に入ってるのでいいんですが。


とりあえず、Aカップあたりに戻れるように頑張ります。
もちろん私のボインの話です。






by iidacamera | 2018-03-27 06:00 | 自転車 | Comments(4)

足跡#101

f0167977_16443461.jpg

f0167977_16443518.jpg

f0167977_16443548.jpg



f0167977_16443577.jpg


f0167977_16443517.jpg

f0167977_16443549.jpg

f0167977_16443659.jpg

f0167977_16443688.jpg



f0167977_16443450.jpg




f0167977_16464390.jpg


f0167977_16464399.jpg


f0167977_16464314.jpg


f0167977_16464297.jpg



子どもって、親の想像をはるかに超えるくらいの成長を知らん間にしてるようで、3歳8か月の娘は、
笠置山に連れて行って、笠置寺の下の駐車場から冒険してみよう、って誘うと、泣き言一つ言わずに、
親でも軽く息切れしてしまうくらいの道のりを歩き切ってしまった。

多分、こんなとこで「抱っこ」とか言ったら、父ちゃんもえらいことになるやろう、って、
一応気を使っていたよう。

そして、冒険は存分に楽しんだみたいで、ある種の達成感があったのか、またお山に行きたいって、
嬉しいことを言ってくれた。

ちなみにこの日は帰宅してからぐっすり昼寝してました。

親バカなんは重々承知やけど、やっぱりすごいなぁ。





by iidacamera | 2018-03-26 16:52 | 足跡 | Comments(0)

性差

f0167977_11405718.jpg


こども園の準備でお買い物に行ったとき、少し後悔するようなことを娘に言ってしまった。

兄夫婦からもらった娘用のリュックがかなりくたびれてしまってるので、新調しにお店に入って、
娘に背負わせてたら、娘が、「青とか黄色とか緑がいい」って言った。

いろいろと迷った挙句、本当は好きな色を選べばいいとは思ってるけど、つい、
「他の女の子のお友達はピンクとか赤が多いかもしれんけど、ピンクじゃなくていい?」
って聞いてしまい、娘は、
「父ちゃんの言う通りにする」
って、意見を変えてしまった。

もちろん先々のことを考えると、周囲の子にある程度合わせてる方が楽かもしれんけど、
大人から、特に女の子が女の子らしい色を押し付けられるのは、正直子どもによっては嫌やと思う。

そういうのが好きな子ならいいんやろうけど、うちの子は間違いなく別に女子っぽいものにこだわってない。
余計なこと言ったかもなぁって、ちょっと悔いの残るお買い物でした。





by iidacamera | 2018-03-23 06:00 | 日々 | Comments(4)

普通に故障でした

交換品が届いてから2週間ほど、仕事が立て込んでテストすらできない状態でした。

動画関係はまだまださっぱり分からないところが多いので詳しいレビューはできませんが、
電動ジンバルで自分が選んだのは、feiyutech α2000っていうものでした。

故障してるのかすら分からないのでメーカーとヨドバシに問い合わせたら即交換してくれたわけですが、
以前手元にあったものは、ハンドル一本の方は少しでも保持の仕方が悪いとモーターが耐えきれなくて、
ガガガガっと震えたり、謎の「キーン」っていう異音が録音されたり。

両手持ち用のハンドルに至っては、初期化ランプが点滅したまま、動かない、っていう状態。

繊細な機材なんやなぁってげんなりしてたけど、再度届いたものは、

f0167977_11291446.jpg


あのよく分からない異音はしない、普通に安定してる、両手持ち用のハンドルも普通に動作する、
っていう状態で、歩きながらヌルッとした動画が普通に撮れてます。

編集意図によっては、手持ちで撮った感が分かるカットの方が良かったりもすると思うので、
必ずしも常時必要な機材ではないと思うけど、割と扱いが簡単でホッとしてます。


ようやく本番に向かって、いろいろと練習できそうな状態が整いました。

後はスライダーをどうするか。
ヨドバシのポイントは今回の機材購入祭りでいっぱい溜まったけど、うっかり購入は怖いかも。

知り合いによると、三脚2本で支えるタイプじゃないなら、長いスライダーはオススメできないそう。
60cmにするか、別の方に教えていただいたwing7にするか、まだまだ悩みは尽きません。

要るんかなぁとも思いますが、やっぱり欲しくなりますよ、って囁いてくる後輩がいます。(笑)





by iidacamera | 2018-03-22 11:37 | 機材 | Comments(2)

或る光景#62

f0167977_09293616.jpg


7日間連続で撮影が入っていて、7日連続の最終日は吉野。
わりと時間には余裕のあるスケジュールやったので、合間に木の写真をちょこちょこ撮ったり。

休みなく仕事ができるっていうのは幸せなことやけど、撮影が立て込むと体力的に大変、
ってことは思い出した。

現在グッタリ中。

f0167977_09293612.jpg


f0167977_09293512.jpg

前日に飲んだ酒があまり体に合ってなかったようで、昼過ぎまで気分が悪いままやったけど、
なんとか撮影は終了。
終わるころに体調も回復。

やっぱり深酒したいときは良い酒を飲まないとあかん、って痛感しました。

吉野のきれいな空気にも若干助けられたように思う。


土日、まったく子どもと遊んでないので、次の祝日はどこか連れて行ってやろうかとか考えてたけど、雨の予報。
人生初映画館とか試してみようか、って思ってます。








by iidacamera | 2018-03-19 09:39 | 或る光景 | Comments(0)

或る光景#60

f0167977_23242470.jpg


f0167977_23242449.jpg


f0167977_23242457.jpg


f0167977_23242444.jpg

オレオレ詐欺はうちの実家にすでに3,4回かかってきてて、一回目は全然お金がなかった自分が、
実家暮らしをしながらアシスタントをしていたころで、東京出張中にかかってきたこともあって、
実家では大騒ぎになった。

母一人やったら危うかったらしいけど、たまたま姉が一緒にいて、自分の携帯に何回も電話をかけて、
昼休憩でようやく折り返したら、「変な電話がかかってきて~」って話。

あれが13年前のことで、あれから数回、さすがに父母もわりと慣れっこになってしまった。
さっき娘といっしょにウトウト寝てたら電話があって、
母が、「あんたの名前を名乗る電話があって~」って気持ち悪い話をしてくれた。

おかげで目が覚めてブログ書いてます。

自分の名前を語って実家に電話をかけるっていうのは、完全になんかから漏れたんやろうなぁ。
独立した最初の一年半は実家で仕事させてもらって、実家のファックスを使わせてもらってた。
名刺にも載せてたなぁ。
そういうこともあって、今詐欺の電話がかかってきたりするとめっちゃ申し訳ない気持ちになる。
自営やし、わきが甘い面もあるかもしれんけど、それにしても気持ち悪い。

悪い奴のせいでなんだか情けない気持ちになりかけて、何で俺が反省せなあかんねん、
って腹が立ってます。






by iidacamera | 2018-03-07 00:00 | 或る光景 | Comments(2)