デーライトなスナップ

電波アカン

f0167977_11021587.jpg

もう使い始めて7年目に突入するんじゃないか、っていうキヤノンの600EX-RTとST-E3-RT。
他社にかなり先駆けて電波での外付け制御ができるようになって、ロケ撮影ばっかりの自分にとって、
当時めちゃくちゃありがたかった機材であることは間違いない。

発売されてすぐに手元のクリップオンと入れ替えて、ロケでバンバン使ってた。
操作性は全然良いとは言えん煩雑なメニューやけど、慣れれば使うメニューは限定的になるので、
それほど気にならなくなった。

とは言え未だに、「アレ、これどうするんやったっけ?」って現場でクライアントに内緒でテンパることが、
稀にあるけど。(笑)

600EXはカラーフィルターも付属してたけど、カメラに付けて縦位置で撮ると、構造上どうしても光が漏れて、
せっかくアンバーで色合わせしたいのに妙な色被りが多くて、結局今は社外製のフィルターで、
できるだけ発光面に密着させて使用してる。
600EXⅡでは改善されてるみたい。

本題の電波アカン、ってのは、ここ1年以内で、以前は全然そんなことなかったのに、外付けで発光できない、
ってことが3回あった。

居酒屋のホームページ制作でモデル3人のイメージカットを撮影しようとして、めちゃくちゃ狭い場所に600EXを仕込んで、
テスト発光したら一度だけ発光して、その後はリンクマークは点いてるけど、チャージ完了のマークがST-RT-E3の方だけ、
点灯しない、って症状。
電池交換しても同じ。

他に美容室のホームページ制作での撮影中と、ステーキ屋さんのメニュー撮影の表紙イメージを撮ってるとき。
基本的には同じ症状やけど、あまりにも稀にしか起こらないせいで再現もできず、しかも事務所に帰って再度テストすると、
毎度普通に発光する。

3回とも結局モノブロックを無線で発光するのに使ってる、yongnuoの安物スレーブでいちいちストロボ側まで行って、
光量を調節する虚しさを味わいながら、事無きを得た。
cactusV6はあんまり使ってないけど、これから予備機材として持ち歩こうって決意。

それにしてもこの症状、点検してもらったところで再現できんならバカバカしいし、どうしたもんかなぁって思ってます。

そもそもクリップオンの光って直進的でどうしても硬くなってしまうので、ちゃんとゆっくり撮影できる時はモノブロック、
っていう風に使い分けがはっきりしてしまってる。
今後はカメラに直接つける必要のある、記録撮影(ウチの業務内容では少ない!!)での出番のみにしてもらって、
ST-RT-E3を再購入するんじゃなくて、ずっと以前から気になってる、Godox AD200でも試してみようかと。

普通のクリップオンより良い光が得られるんじゃないやろうか、って妄想しております。

Godox AD200でも似たようなトラブルはありそうやけど。





# by iidacamera | 2018-04-13 06:00 | 機材 | Comments(4)

足跡#105

f0167977_00503597.jpg

f0167977_00503506.jpg

f0167977_00503563.jpg

f0167977_00503568.jpg

新年度が始まった。
これからこども園は、幼稚園がある地域では普通に幼稚園に通う1号認定の子どもたちと、
娘たちのように元々は保育園に通っていた、遅くまで園に残る子どもたちがごっちゃになる。

要は僕の地域の保育園と幼稚園が統合されて、こども園になった、ってことなんですが。

新しい担任の先生は娘が0歳で入園した時、新任として初めて担当したのがウチの娘やったので、
ものすごく喜んでくてるし、娘もめちゃくちゃ喜んでた。
多分あの先生が保育士になって初めて担当した子どもがウチの子やったように思う。

それでも慣れない環境でちょっとデリケート。

そういうことも含めて、4歳が近づくにつれて、子どもらしさも爆発し始めてるように思う。
おしゃべりは凄まじいし、いろいろと理解し始めた上であえて甘えてたり、人目を気にするようになってたり。

園に送っていくときは別れ際がとても辛そうで、娘の目が届かなくなるところまで、必死で自分も手を振ってたり。

子どもが大きくなるにつれて、自分自身は子煩悩っぷりがエスカレートしてるようで、正直将来が心配です。
自分の。







# by iidacamera | 2018-04-12 06:00 | 足跡 | Comments(0)

MF

f0167977_00191221.jpg


f0167977_00191395.jpg


忙しい上に夜中の仕事が多くて生活がひっくり返ってしまい、しばらくブログは放置、自転車も1週間お休み。
その間、大阪の写真と娘の写真は少し撮れてるので、これからまたボチボチ再開します。

で、この数日間、ものすごく久しぶりにα7Riiをプライベートでも使ってみて気づいたけど、自分の写真の場合、
MFレンズじゃないとなんとなく撮影のテンポが良くないみたい。
だから個人的な写真にはあんまり使わんくなってたんやなぁ。

先日とある方が似たようなことを言っておられて、うおー俺も共感できますー、みたいな事を、
思わず言いそうになったけど、トンチンカンやと恥ずかしいので黙ってました。(笑)

本体のAFがけっこうイマイチなことも影響してるのかもしれん。
なんでここで、ってとこで迷ったりするし。
でも、AFが早くて正確な5D4でもいっしょで、AFやと早すぎて結局リズムが悪い。
他のミラーレス機でも一緒で、どうしてもAFレンズでバシャバシャやるのは逆にリズムが良くない。

被写体と向き合う時間が少なすぎるのかも。

ああ、これは(個人的に)良い光景やなぁって思いながらジワッと撮るのが好きなんですね。
たぶんそれ以外に理由はないと思う。

かと言ってEマウントのAFレンズをわざわざMFで使うのは、あの電子的なMFリングの感触の悪さが好みではなくて、
距離指標もないしやる気出ません。

コシナさんEマウントにも力を入れておられるようなので、またフォクトレンダーブランドのレンズを、
ジワジワ~っとでいいので欲しい画角だけ買おうかと思ってます。






# by iidacamera | 2018-04-11 06:00 | 日々 | Comments(0)