人気ブログランキング |

デーライトなスナップ

<   2018年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

日常の澱#57

f0167977_16202309.jpg


f0167977_16202350.jpg


f0167977_16202381.jpg



5日ほど使ってだいぶ慣れてきました。
EOS Rはレンズがいいです。
持ってるの2本だけやけど。
あとマウントアダプターにも防塵防滴配慮してあるっぽい。
ほんでアダプター経由のEFレンズが結構AF早い。

カードがシングルスロット、連射時のEVFカクカクと瞳AFの使いにくさ、fnボタンがもう一つくらいあれば、
ってとこ以外は、概ねα7Riiiよりだいぶ使いやすいです。

タッチパネルとか、操作レスポンスとか、カード初期化とかフォルダ作成のスピードとか、
そういう撮影に直接関わるところがいいです。
ボディサイズもそれほど大きくないけどαより少しふっくらしてる感じが握りやすい。
吸い付きます。

PCにバックアップが取れるテザー撮影で早速使ってみます。







by iidacamera | 2018-12-27 06:00 | 日常の澱 | Comments(0)

足跡#126

f0167977_09185265.jpg


休みの日に一緒に散歩するのが大変です。
ずっと走ってるので。



f0167977_09185236.jpg


f0167977_09185349.jpg


f0167977_09185323.jpg


f0167977_09185352.jpg


f0167977_09185360.jpg


f0167977_09414320.jpg



3歳くらいまでは遊んであげる、やったのが、最近は一緒に遊ぶ、に変化してるように思います。
必然的に写真を撮る枚数は減ります。

あと数年もすれば、自分ができないことをいっぱい出来るようになって、親が付いていけなくなって、
一人で友達と遊べるようになって、どんどん離れて行くのか、っていう過程を眺めてるような気分です。

ちなみに前回からカメラはEOS Rです。
予約投稿のため全体的に時差がありますが、クリスマス前に届いてテストしとります。
感想など、またいずれ。









by iidacamera | 2018-12-26 06:00 | 足跡 | Comments(0)

足跡#125

f0167977_09182741.jpg


誕生日ではなく、クリスマスケーキ。
フーしたい、っていうので、なんだかよく分かりませんが、フーしてもらいました。




f0167977_09185426.jpg




f0167977_09185406.jpg


サンタがうちに来たときに休憩できるよう、プレイマットを手厚く引いて、座布団を置いておく娘。
インスタントコーヒーもセット。


寝る前に「サンタさんが来てくれますように」って、外に向かって二拍手の後一礼。
どこで覚えたんやろう。


f0167977_09185496.jpg

朝5:50。

背後は散らかっているようですが、我が家なりに必死に片付けております。



f0167977_09244352.jpg

昨日、再放送のジュウオウジャーと仮面ライダーを観ていた娘がサンタさんにお願いしたリカちゃん。
趣味がごちゃごちゃですが、どうやら喜んでいるようです。
この表情は見たことない。


興奮しすぎたのかこども園に行く直前、嫁さんとのお別れで、ものすごく久しぶりに号泣。

父ちゃんがいるからええやないか、って言いながらこども園に向かう道すがら、母ちゃんがいい、
って泣き続けるので、「そんなん言われたら父ちゃんも嫌や」、って言うと、
「父ちゃん大好きやけど母ちゃんともお別れしたくない」、って気遣いをされてしまい、
あっ、失敗した、って反省しながら帰宅しました。










by iidacamera | 2018-12-25 09:34 | 足跡 | Comments(0)

日常の澱#56

f0167977_10574924.jpg


f0167977_10575072.jpg


f0167977_10574995.jpg


f0167977_10575033.jpg







by iidacamera | 2018-12-22 07:00 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#55

f0167977_10574817.jpg


f0167977_10574859.jpg


f0167977_10574921.jpg


f0167977_10574978.jpg



もしかしたら自分が仕事以外で写真を撮るときに一番魅力を感じる被写体は、普段と違う表情の、
身近な光景なのかなぁって思います。








by iidacamera | 2018-12-21 11:00 | 日常の澱 | Comments(4)

日常の澱#54

f0167977_13452783.jpg



f0167977_13452835.jpg



f0167977_13452793.jpg





by iidacamera | 2018-12-20 13:46 | 日常の澱 | Comments(0)

色々と問題点

f0167977_23102443.jpg



今日は機材ネタ、長文です。
割としょうもないわりに長文なので、興味ない方はスルー願います。

2ヶ月ほど前にそろそろ移行していくか、みたいな話を書いたばかりなんですが、結局壁にぶつかって、
引き返し始めてるっていう話です。



ソニーを使い始めたのが2015年春頃なので、足掛け3年半くらいの付き合いになった。
新しい物好きではあるので、これでカメラバッグが軽くなるんじゃないかって、ワクワクしながらシステムを揃えてきた。

ただ、RⅢになってスチール案件も現場で使うようになってきて、いろんな人が言ってる問題点みたいなものが、
ものすごく実感できるようになってきた。

動画をじっくり撮るとか、商品撮影みたいにゆっくりカメラ周りを触れる時には全然気にならんけど、
実際バタバタする撮影に使ってみると、雑にレンズ交換をするたびに埃がセンサーに乗ってしまう。
これがセンサークリーニングでは大体取れなくて、結局レンズを外してブロアー。

やたら繊細そうなホットシューの接点もやっぱり問題で、むき出しやとかなり危なそう、っていう見た目のせいで、
無線送信機をつけるたびに接点カバーを付け外し。
案の定現場で一回行方不明に。
クリップオンストロボもホットシューとの接点がプラ製。
手元のアンブレラホルダーに固定する時に締め付けると割れてしまいそうで怖くて、結局めちゃくちゃかさばる、
ボーエンスマウントアダプターを常時持ち歩くことに。

ちなみにストロボ側の接点カバーも一度紛失しました。

電源オンオフの動作が遅いので、撮影状況のかなり先が読めてないと電源は入れっぱなし。
電池消耗が嫌でスリープさせたら、復帰からの撮影もちょっともたつく。

カードの初期化は3型になっても相変わらず、キヤノン機が1秒かからないところ同じカードで10秒くらいかかる。

ダイヤルの回転に絞りやシャッタースピードが遅れてついてくるのも相変わらずストレス。
これは本当に遅くて困ることもあるくらいで、ガツガツ撮るような撮影では使えないです。
パナとかオリをちょこちょこ使ってみた経験では、今のところαだけなんですがね。
キヤノンとニコンがどうなのか気になるところです。

PC使用でのテザーは何とかなるけど、簡易的に現場でお客さんに確認してもらいたいiPadとの連携は、
やっぱりイマイチ使い辛い。



あと、根本的な問題やけど、やっぱりファインダーが光学式じゃないっていうのは、
バタバタしてる時にはかなりストレスです。

癖付いてるせいで背面で画像を再生して確認した後すぐにファインダーを覗くと、ファインダー内に再生画像があるので、
も〜ってイライラしながらシャッター半押しとかで一回解除するわけやけど、瞬間は逃してしまってる、
ってことは結構あります。

慣れの問題ではあるけど、でもこれはファインダー内と背面液晶を別々に動かせる何か革新的なものが開発されない限り、
慣れても起こるんじゃないかなぁって思います。

画像上に色々と表示されてると光学式より気になってしまうのに、表示を最小限にするとカメラの設定が撮影しながら確認できず、
それはそれで気になる。

要は、ものすごくテンポが合わない、っていうのが問題なんです。

で、じゃあ動画と商品撮影とか竣工写真にだけ使うか、っていうと、iPadとの連携がイマイチで使いにくいので、
いまだにバリバリ使えないのが現状です。



ミラーレスが盛り上がってるおかげで表面的なスペックの話が多いけど、じゃあ今の5D4ですごいところって何か、
って考えてみると、なぜか5D3よりセンサーにゴミが付きにくいとか、当たり前やけど動作が安定してるとか、
割と根源的なところなんですね。



複数マウントも贅沢やし、周辺アクセサリー的なものとか電池とかもキヤノンと共有できんし不経済ってこともあって、
そろそろ諦めようかと思います。

キヤノンからEOS Rが発売されたことも正直でかいです。

まあ数年後にはかなり使える機種が出てるやろうと想像されるし、ストロボ、電池、レンズ、共有できるものいっぱい。



ソニー一式は手放して、EOS Rとアダプターと24-105位を揃えて、料理・商品撮影くらいに使えるようにして、
EOSの周辺機器を利用しながらじっくり将来に向けて準備していくか、ってとこです。

オークションとか使って上手に損しないように手放してみます。

ミラーレスに完全に移行するのは、これからじっくり、もう大丈夫かなぁってなる10年後位でもいいかと思ってます。









by iidacamera | 2018-12-20 00:52 | 機材 | Comments(2)

日常の澱#53

f0167977_16301156.jpg


f0167977_16301196.jpg


f0167977_16301240.jpg


f0167977_16301145.jpg


f0167977_16301206.jpg



batis 2/25は、たまにライトルームでレンズプロファイルを外した状態を見てみると、割とガッカリします。
高価なだけに、歪曲と周辺光量落ちがあまり綺麗じゃない状態を見てしまうと悲しいんですね。

これは親切で最初からプロファイルが適用されてるのが裏目に出てしまっていて、
補正された状態に目が慣れてしまってるから。

最初から補正されてない状態なら、それほど気にならないんじゃないかってレベルなんですが。

勝手に補正されるのって、良し悪しかなぁっていつも思います。








by iidacamera | 2018-12-14 17:00 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#52

f0167977_16301188.jpg



f0167977_16301017.jpg


f0167977_16301283.jpg

by iidacamera | 2018-12-13 16:34 | 日常の澱 | Comments(0)

Godox AD200

f0167977_10562408.jpg

f0167977_10562435.jpg



半年以上買い物カートに入れたまま悩み続けたGodox AD200。
3週間ほど前、思い切って購入してから、試行錯誤の繰り返しになってる。

原因は単純にセッティングの問題。



このライト、いろんな方の参考になるレビューがたくさん合って、購入前から散々熟読させてもらってたけど、
案外ネガな情報が少なかったせいで、ここまで設置に苦労するやつやと思ってなかった。

何故かボーエンスマウントアダプターが普通のクリップオンストロボ用やと入らへんから、
加工しました、っていう情報は多かった。

なんでマウントアダプター加工の話がよく乗ってるんやろう、そもそもアンブレラホルダー付いてるやん、
ってずっと不思議やったけど、原因わかりました。

自重がまあまああるせいで、最初から付属してるねじ込み式のアンブレラホルダーがめちゃくちゃきつく締めても、
ライトスタンドに設置してしばらくするとクルッと回って緩みます。

現場でなんでかヘッドの向きが変わってるなぁって思って調べたら、その度に緩んでました。
危なすぎ。


自宅にクリップオン用ボーエンスマウントアダプターはある。
でも加工してしまうのはキヤノン用のクリップオンに使いにくくなるので嫌。

で、試しにNEEWERのこの下からも締め込めるタイプのネジを買ってみた。

f0167977_10562462.jpg

手が痛くなるくらいギューギュー締め込んで、自宅で設置してテスト。

やっぱりクルッと回って、緩んでしまう。
これはナシでした。



で、結局5000円かけて、
f0167977_10562461.jpg


ヘッド部分を離せるグッズ。

ここに至るまで1週間くらいかかった。

f0167977_10562484.jpg

f0167977_10562370.jpg

クランプとダボでスタンドにバッテリー部をつけられるのでウェイトになって、重心が下げらる。
ロケではこの設置の仕方が一番安定する。


ただ、この設置やと今度は線で延長してしまってる分、1/3段から半段ほど光量が下がってるっぽい。
最大200wsってこと考えるとちょっとでも大きい光量が欲しいことってのはあるかもしれません。

ということで、結局AD200対応のボーエンスマウントアダプターが沖縄のオムニバスという機材屋さんで販売されてて、
それを取り寄せ中。
ソフトボックスとかディフューザー付きの傘とかをきっちりつけられないのも気になってました。

この数週間でやたらと拡張してしまいました。


少し値段が上がってもいいので、ヘッドをスタンドに固定する方法は見直して欲しい。


肝心のライトとしての性能ですが、非常に扱いやすいです。
チャージ早い、光量もロケではまあまあ足りる。
無線でしか使わないので取り回しが楽。

追加でストロボが欲しい場合は手持ちのモノブロックを置いてシンクロさせられるし。
これが何故かキヤノンの600EXではできず、不便な思いをしてた。

プライベートで使ってたTT350sと合わせて多灯ライティンングが可能なので、ソニー機でもちゃんとしたロケができる。
TT350sは電池2本でチャージもそれほど早くない安物やけど、AD200の補助には十分。

この機材探してる人のほとんどはご存知かと思いますが、H200Rというヘッドもあって、今はそれがメインになってます。
直トレよりさらにちょっと光が柔らかくなるような効果があって、時間がなくて傘一本でライティングするときなんか、
このヘッドと傘だけで結構柔らかく回せて感心しました。
電源オンにすると、めちゃくちゃうっすらモデリングも点いてくれます。(笑)

なので、トータルではどうかというと、結構お気に入りの機材になりました。

自分と同じように迷ってる方がおられたら、買ってみることをお勧めします。
ちょこちょこ使い方に工夫が必要ではありますが。

そのうちもう一灯欲しいなぁって思ってます。





by iidacamera | 2018-12-11 11:46 | 機材 | Comments(0)