デーライトなスナップ

<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

京都、仕事前

f0167977_16323559.jpg


f0167977_16323625.jpg


f0167977_16323506.jpg


以前なら撮影が早く終わったら必ず、少しだけでも近辺を歩き回って写真を撮る時間を設けてたけど、
子どもができて以来、すっかり撮影が終わったら真っ直ぐ帰るクセがついた。

意識してる訳じゃないけど、できるだけ早く仕事を終わらせようとしてるようです。

プライベートでの撮影って、めちゃくちゃ生活に影響されるなぁって思います。

今日のは仕事前、昼飯をサクッと済ませられる店を探しながら歩いたときのものです。






by iidacamera | 2018-08-30 16:36 | 日々 | Comments(0)

日常の澱#42

f0167977_15141873.jpg


f0167977_15141808.jpg


こういう写真でピントを合わせたい時、やっぱりこのカメラなら前面のリングにMFを割り当てて、
なんとか追い込むんやろか、って思いながら、なんどAFしてもピントを外した結果、
MFの割り当てなんかせずに、ピントが外れてても良いことにした一枚。


f0167977_15141840.jpg



ただでさえ過疎気味だった当ブログですが、フェイスブックと連携が切れて、
ブログを上げるたびに向こうにリンクを貼るのも面倒で放置してたら、
いよいよ訪問者数が減っているようです。

ただ何故か自分は、呪縛が解けたような気分で、またここで好き放題遊んでみよう、
って気楽な気分にもどりました。

やっぱりどこか息苦しさを感じてしまって、ああいうものをなかなか上手く使えないんです。








by iidacamera | 2018-08-22 15:20 | 日常の澱 | Comments(2)

足跡#120

f0167977_12402083.jpg


f0167977_12402058.jpg

盆明けに入る予定やった仕事が連絡来ず、それならいっそってことで娘も先週末まで休み。

遊びすぎて疲れたというので、ゆっくりお休みにしようかとか言ってたけど、結局毎日ように、
実家の庭でプール。

週末は嫁さんも参加してプール。


f0167977_12081701.jpg


そして花火。

今週も花火は続いてます。





by iidacamera | 2018-08-22 06:00 | 足跡 | Comments(0)

日常の澱#41

f0167977_12081798.jpg


f0167977_12081785.jpg


f0167977_12081701.jpg




今年は本当に倒れてしまうんじゃないか、っていうくらいの暑さが8月上旬まで続いたけど、
夏の終わりがなんとなく見えてくると、やっぱり寂しくなってやたらと子どもの頃を思い出したり、
いつからこんなに感傷的な人間になったんやろう。

子どもが出来てからかも。






by iidacamera | 2018-08-21 12:26 | 日常の澱 | Comments(0)

足跡#119

f0167977_16192720.jpg



f0167977_16192742.jpg





まともに写真を撮ってる間が無くて、子ども優先の諸々の遊びもやっぱりカメラは邪魔で、
コンパクトカメラばっかりに頼ってたわけですが、やっぱり1日くらい綺麗に残しときたい、
っていう気分でαを持ち出した日。

スマホサイズで鑑賞するならG7XⅡのiso1600辺りでも気になることはないけど、
本当に何かをキレイに残したいなら大きいサイズのセンサーで撮影するべきやなぁ、やっぱり。

本当に経済的に余裕があるなら真っ先に中判デジタルとレンズが欲しいです。


ちなみになぜかエキサイトがフェイスブックに投稿する、っていうボタンを削除してしまったので、
めんどくさがりの自分はいよいよフェイスブックと縁が切れそうになっております。

あっちに投稿したら読んでくださる方だっていたわけで、エキサイトって仕様が次々に変わるなぁ、
ってよく思いますが、だからってブログを投稿するサイトを今更変えるのもしんどいので、
これからもここでボチボチやってます。








by iidacamera | 2018-08-18 06:00 | 足跡 | Comments(0)

日常の澱#40

f0167977_15420573.jpg


f0167977_15420559.jpg


f0167977_15420543.jpg


例年通り、盆のイベント満載でのんびりスケジュールが常の我が家も、さすがにギューギューのスケジュール。
子どもがいっぱいいるので遊んで遊んで墓参りして遊んで、みたいな日々でグッタリしとります。

写真は撮ってアプリやらラインやらで手軽にシェア。
時代が変わったなぁ、こんなん写真じゃない、っ人達もたくさんいるかもしれんなぁ、とは感じつつ、
これでいいんやなぁって思いながら、スマホではなくて一応カメラで撮り続けた写真をwifiでスマホに取り込んで、
バンバンアップ。

プライベートで使うカメラも仕事で使うカメラも、今やすべてwifi搭載で便利すぎ。

単純に時代がどんどん変わって、写真の在り様が変わっていってるだけやと思う。

作品としての写真をプリントで見るのは最高の楽しみやと思うけど、家族の写真をスマホで見るのも最高の楽しみです。
ただみんな、そろそろお年頃なのでブログに気軽にアップ、は止めておきます。











by iidacamera | 2018-08-17 15:49 | 日常の澱 | Comments(0)

足跡#118

f0167977_11062689.jpg



f0167977_11062612.jpg



f0167977_11062678.jpg



f0167977_11062692.jpg



f0167977_11062638.jpg



土曜日、あべのハルカスでチームラボの何とかって展示があって、子どもが面白いんじゃないかっていうことで、
家族でお出かけ。
想像以上の混雑で入場に1時間待ち。
嫁さんと交互に並びながら、後半は娘もウズウズして一緒に並んで、中に入ってしまえばわりと遊びやすいくらいの人混み。
入り口で中の状態を管理しながら入場させてるからあんなに並んだんですね。

子ども達が何か一つの場所に集中するような類のものではなかったので、普段は少し遠慮気味な娘がやりたい放題。
最初は少し不思議そうにしながら、直感的に遊べることが分かるとあとはいろんなことを自分で試してみたり。
面白いイベントでした。

本人が音を上げるまで遊び続けて、帰りは生駒駅近くの駐車場までオール抱っこで熟睡でした。

チームラボ、で調べてもらえればもっと美しい写真がいっぱい表示されるので、どんなものなのか分かると思います。(笑)

こういうイベントで大きいカメラは禁物ですね。
撮影OKですが、子ども達が走り回ってるので大きいレンズなんか付けてると、誰が怪我するか分かったもんじゃないです。

自分にも、他所の子どもが興奮して走っていたようで、ぶつかってコケて泣いてしまいました。












by iidacamera | 2018-08-06 11:22 | 足跡 | Comments(2)

かわいそうなのか

f0167977_09340296.jpg



このブログで政治的な信条とか主義主張を言うつもりはこれまでもこれからもないんですが、普段から少し気になってたので、
今回は言いたいことがあります。

ある女性議員の、LGBTの同性婚に対して、世間一般の方々の認識より遅れてるんじゃ、っていう内容の発言が新聞に載ってた。
その発言も首を傾げたけど、過去にその方はSNS上で、待機児童についても妙なことを言われていた。
「待機児童」なんて存在しない。
子どもはみんなお母さんといたいもので、子どもが保育園を待ってるわけじゃなくて、待機してるのは、
子どもを預けたい親。
っていう内容やった。

子どもをそんな小さいころから保育園に預けるなんてかわいそうってことか。
昔からこういうことはよく言われてたし、自分の母親も似たようなことは周りから言われてたそう。

ウチは3人兄弟で、親は共働きで父親は単身赴任を繰り返していたのでほぼ母親一人の手に、子ども3人が委ねられてた。
3人とも赤ちゃんのうちから保育園に通ってて、もちろんずる休みしてでも親と居たいことはあったけど、
当たり前やとも思ってたし保育園の友達と遊ぶのも楽しかった。

母親は中学校の教師をしていて、時代的にもとても荒れていたので、問題を起こした生徒への対応で帰宅が遅くなる、
ってことが多かった。
自分が小学校に入ったあたりからは、顧問をしていたバスケットボール部が強くて、
大会なんかで勝ち残ってしまうと土日も休みはほとんどない状態やった。

だからお前は不幸やったんか、っていうと、経済的には余裕はなくても子どもには不足はないようにしてくれたし、
いちばん上の姉、真ん中の兄、二人が一緒に遊んでくれて、むしろ幸せな子ども時代やったと思う。

母親も父親も、接する時間は限られてたけど、短い時間はとても大事にしてくれたように思うし、
兄弟三人とも溺愛されてた。



だから、よく「そんな小さいころから子どもを保育園に預けてかわいそうに」って言われると、
「あれ、ほんならおれって不幸やったんやろうか」、って思う。

子ども時代を振り返っても楽しかった思い出ばっかりやし、3人とも今はちゃんとした大人になってると思う。


自分の家庭だって、自分の売り上げがめちゃくちゃ安定して高い水準をキープできるか、
嫁さんがめちゃくちゃガッツリ稼げるなら別にどちらかが家で子どもの面倒を見たっていいとは思う。
両方ともできないから子どもにも協力してもらってる。
こういう家庭は子どもを持ったらあかん、ってことか。

何も、ママじゃないとダメ、とは思わない。
ウチの子は父ちゃんじゃないとダメ、って時も多いです。
自分と過ごしてきてる時間が長いので。

女は家に居とけばいい、って言う人達には、じゃあ経済的に支援してくれるんですか、って聞いてみたい。
どれだけ裕福な家庭に育ってるのかしらんけど、ほとんどの家庭は必死のパッチ。
社会に出たいから、っていう理由だけで外に働きに出てる女性が全体の何割かはしらんけど、
ほとんどの人にとっては、必要やから働いてる、っていうのが現状。

そういう現状でも仕事がそれなりに楽しいならそれはそれで素晴らしいんじゃないかって思う。

批判するのは誰にでもできるけど、じゃあどうしたらいいのか言えないなら放っといてほしい。

ウチは家族3人で楽しくやってます。






by iidacamera | 2018-08-03 10:15 | 日々 | Comments(4)

足跡#117

f0167977_09462077.jpg


G1XⅢが出戻った。
動画でこれからちょっと使いたいシーンがあったからやけど、これはもう縁があるようなので、
今後は手元に居座ってもらいます。

久しぶりに使うとファインダー以外はストレスフリー。


f0167977_09462035.jpg



サングラスです。
ハートのやつを欲しがってたので、子どもでもあった方が良いんじゃないかって思って買ったら、
父ちゃんもサングラスをかけて一緒にサングラスでお出かけしようと誘われるようになった。



f0167977_09461984.jpg


嫁さんと作ったティッシュ箱のギターだそうです。






by iidacamera | 2018-08-01 00:00 | 足跡 | Comments(0)