デーライトなスナップ

<   2015年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

レンジファインダーへの思い②

f0167977_15255721.jpg



f0167977_15261763.jpg



f0167977_15263971.jpg



f0167977_15265353.jpg



f0167977_15273039.jpg



f0167977_15274661.jpg




前の記事で書いてたことを考えながら、郵便局に行ったついでに少しブラブラ。

結局レンジファインダーであろうが一眼レフであろうが、撮る写真はまったく変わらん訳やし、撮影結果にも、
ほとんど差異はないと思われるし、その辺のこととデジタル化でミラーレス機と大差なくなってしまったことが、
余計に思いが冷めていく原因かもしれん。

100万円超えたカメラが、センサーの不良とかで変な画像が出てくる、ってなってドイツに送って修理で2か月待ち、
とかなってしまったら、発狂するかもしれんし。

機材に投資する必要もなくなって、さんざん稼いだしもうええわ、って言って仕事を自分から減らせるような身分になったら、
その頃にはだいぶ年を取ってるとは思うけど、その種類のカメラを買ってもいいかもなぁ。
なんとか、あと20年淘汰されずに生き残っててほしいもんです。

生き残ってくれれば、自分が手を出せるくらいの経済力があれば買います。


以上、しょうもないエントリーでした。

ちなみにこの記事がアップされる5/30は、東京出張です。
by iidacamera | 2015-05-30 15:00 | 日々 | Comments(2)

レンジファインダーへの思い①

f0167977_15123545.jpg




f0167977_15124983.jpg




f0167977_1513269.jpg




f0167977_15131681.jpg




f0167977_15134062.jpg





ライカがMモノクロームの新型を出した。

フィルム機の頃から小さいカメラが大好きで、ライカなんかカメラ自体がカッコよすぎて、人のM6をついついなでてしまう、
っていうくらい惹きつけられた。

カメラとかレンズの外観・質感が恐ろしく美しくて、ライカを作ってるドイツ人のことに思いを馳せてみたり。

ボケ具合のまったく分からん素通しのファインダーもすごく好きで、スナップでざっくりピントを決めていく感覚は、
今でも一番写真を撮る時に好きなやり方やったりする。



あのころの気持ちは覚えてはいるけど、それでも、大きく変わってしまったことが一つある。

結婚したこと、子どもができたこと、これからもまだまだ業務用の機材に投資する資金は考えないといけないこと、
諸々が自分の中で占める割合がとても大きくなってしまったおかげで、新しいライカにまったく心が揺れなくなった。

現行のものならキヤノンもニコンも壊れなければ、5~10年行けるくらいの仕上がり具合やと思うし、
ライカでもやっぱり同じことやと思うけど、それでもセンサーで何かブレイクスルーが起こったりしたら、
って思うと、うかつに100万円を超えるようなカメラに手を出せんなぁ、って思ってるうちに、欲しくなくなってしまった。

そのうち自分の手の届く範囲内でライカ以外からレンジファインダー機が発売されるかもしれんけど、
それはライカみたいにきれいなカメラじゃないかもしれんなぁとも思う。

それでも買っちゃうんやろうけど。
by iidacamera | 2015-05-29 15:24 | 日々 | Comments(0)

やっぱり無理かも

f0167977_14391694.jpg



f0167977_14393051.jpg



f0167977_14395530.jpg



f0167977_1440648.jpg




たぶん手元にあるカメラで光学ファインダーでピントが一番見やすいのがD810やと思うけど、それでも、
昔のMF機とは見やすさが全然違うし、昔のはスプリットとか入ってたし、分かりやすかった。

用事でちょっと出かけたついでに1時間弱散歩してみたけど、今のデジタル一眼レフで一番MFしにくいのって、
たぶん28mm~40mmくらいで薄いピントで使いたいときやと思われる。

もう全く見えません。
フォーカスエイドあてになりません。

相変わらず外しまくり。

あんまりいろいろと考えたくないときはやっぱり素直にAFレンズ持ち出さんとあかんなぁって思った散歩でした。

せっかくトーンのこととか考えながら歩きたかったのに、違うことに足を引っ張られた気分でした。

写りは一番好きなレンズやけど、時と場合によって使い分けなあかん、ってことみたい。

オタクはやめようってぶつぶつ言ってる割にまた同じ失敗を繰り返してる自分に、この記事を書いてて気づきました。

やめよう、オタク。向き合おう、写真。

今月の標語。

今月はあと3日なので、またオタクに戻れる日も近いです。
by iidacamera | 2015-05-28 14:47 | 日々 | Comments(4)

UMEDA3

f0167977_2114698.jpg



f0167977_21142857.jpg



f0167977_21535279.jpg



f0167977_21144148.jpg



梅田界隈しか撮影できんかったし、もうお昼過ぎてしまうと娘のお迎えとか気になって写真どころじゃなくなるし、
ホンマは日が傾いた時間とかの写真も撮りたいなぁって思いながら、これが今の自分の実力なのかも、とも思う。

よく、外国の写真とかを撮ってる人を見て、「その場に行けば誰でも撮れるでしょ」とか言ってる人を見ると、
違うけどなぁって思う。

自分もよく、「行ったもん勝ち」とは言うけど、それは単にその場に行く、っていう行為そのものが大事、ってだけで、
行く人によって写真なんか内容も変わるし、違う世界を見たい欲求が写真を撮りたい欲につながるのは自然やし、
あんまりバカにしたような言い方をしてる人を見ると、説明してしまう自分がいる。

最近人に説明したばかりなのでつい書いてしまいました。


自分もちょっと知らん場所に行きたいなぁって思ってるけど、子どもができてからはタイミングは慎重に選んでます。(笑)
by iidacamera | 2015-05-27 17:00 | 日々 | Comments(0)

UMEDA2

f0167977_21113437.jpg



f0167977_21114562.jpg



f0167977_21121242.jpg



f0167977_21123279.jpg

by iidacamera | 2015-05-27 10:00 | 日々 | Comments(0)

UMEDA1

f0167977_20593149.jpg



f0167977_20594512.jpg



f0167977_20595831.jpg



f0167977_2101739.jpg



D810を2台とも点検、センサー清掃をしてもらった。
1台は書き出し時に壊れた画像を検証してもらってから、修理になる可能性もあるらしいけど、今日はお持ち帰り。

実は2台でかなりシャッター音が違うのも気になってたりするけど、これは仕様の内、ってことで相手にしてもらえんかった。
予備機に買った2台目の方が甲高い金属音が残る感じであんまり好きじゃないけど、どうしようもないらしい。

なんとなく釈然とせんままSCを後にして、これなら自宅からメールで壊れた画像を送って、電話で話せば済んだなぁ、
とか、お高い駐車場代に思いを馳せながら、それでももったいないので待ち時間とSCを出てからの計2時間ほど、
スナップしてた。
by iidacamera | 2015-05-26 17:00 | 日々 | Comments(0)

そう簡単に変わるもんではない④

f0167977_23135634.jpg



f0167977_2314625.jpg



f0167977_2314239.jpg



とても暑くて、絵描きさんがたくさんいる一日でした。

修学旅行生の数もすごかったけど。


このブログが予約投稿される頃、自分はストイックにMFレンズを避けたまま写真を撮り続けてるやろか。
ちょっと心配ですが、レンズオタク復活はもう少し先の話にしたいもんです。
by iidacamera | 2015-05-25 22:00 | 日々 | Comments(2)

そう簡単に変わるもんではない③

f0167977_2384771.jpg



f0167977_238578.jpg



f0167977_239744.jpg



f0167977_2391879.jpg



ホンマ、いろいろと頭を捻ってたわりには呆れるくらいいつもと同じような写真が並んでおります。

こういうのが結局好きなんやろうなぁ。
by iidacamera | 2015-05-25 10:00 | 日々 | Comments(0)

そう簡単に変わるもんではない②

f0167977_2343293.jpg



f0167977_2344214.jpg



f0167977_2345267.jpg



f0167977_235355.jpg



いつもと視点を変えてみる、なんて言うのは簡単やけど、実際にはなかなか難しい。
来週大阪に行って、何か生まれるかのんびりやってみようかと思います。
by iidacamera | 2015-05-24 15:00 | 日々 | Comments(0)

10年目

このブログがアップされる5/23、自分が独立して10年目に入りました。


ヒマやヒマやと言いながら、春までは恐ろしいボリュームの仕事をいただけて、これから夏まではボチボチ、
やけど仕事も決まり始めてて、秋にはまたまとまったボリュームの仕事がある。

独立したころはどうにか雑誌の仕事で食べていくのが精いっぱいな時期が3年ほど続いて、それでも3年目には、
実家から引っ越して事務所兼自宅を構えられて、その2年後には結婚して、今は子どもまでいる。

仕事の内容も、この10年で恐ろしくシビアな状況に追い込まれてる紙媒体の仕事が激減していってて、
単発の料理撮影やモデル撮影の仕事が少し、映像制作会社からの仕事でレギュラーになりつつある、記録撮影と、
自分にとって一番大きな仕事になる内装撮影で、家族でご飯を食べていけるくらいに成長できた。


自分の力で勝ち取ってきたものって、たぶんほとんどなくて、縁があって仕事をいただいたときに結果を出せるよう、
全力で一つの仕事に当たって来たつもりはあるけど、だから自分が業界で特にいい仕事をする人間やとは思えない。

開けっぴろげな性格が災いすることだって多々ある。


ただ、とにかくお客さんに満足してもらえるような結果になるよう、十分にコミュニケーションをとりながら、
自分の技術を一現場ごとにむちゃくちゃちょっとずつでも良いから、高めていけるようにしてるつもりはある。

それがお客さんの目にどう映ってるかはまた別問題やけど。


本当にいろんな方々からお仕事をいただけて、同時に経験値も積ませてもらえて、とても感謝しております。


9年経ってもまだ下積み時代が続いてるような気持ちもありつつ、知らない間に「中堅どころ」とか言われたりもしたり、
日々精進させてもらいながら、本当に何もできることがない悲惨なアシスタント時代のことを忘れることなく、
お仕事をいただける幸せを噛みしめながら、10年目も乗り越えていきたいと思っております。


皆様、あかんところのいっぱいある自分ですが、今後とも末永くお付き合いよろしくお願いします。
by iidacamera | 2015-05-23 12:00 | お知らせ | Comments(4)