人気ブログランキング |

デーライトなスナップ

カテゴリ:機材( 254 )

パナライカ25mm2型

f0167977_10084192.jpg



f0167977_10084262.jpg


f0167977_10084129.jpg


f0167977_10084177.jpg


パナライカ25mmは、外観のショボさをなんとかして防塵防滴仕様になれば新品で買うなぁ、
って思ってたレンズ。

唐突に、その通りのリニューアルで発表されました。

買います。そのうち。
マイナーチェンジとは言え、久しぶりに思ってたことが現実になりました。










by iidacamera | 2019-08-28 10:23 | 機材 | Comments(2)

廃れさせてはいけない③

f0167977_10372309.jpg


f0167977_10372318.jpg


f0167977_10372371.jpg


f0167977_10372308.jpg


f0167977_10372374.jpg


機材に慣れておかないといけないので、G9で仕事帰りに駐車場から自宅までフラフラ遠回りしてスナップ。

2017年末に発売された時は、フルサイズミラーレス並か、それより大きく重い、って非難されたり、
気合いを入れて作ったファインダーは糸巻き型の歪みを指摘されたり。
そして、大して売れてるという話は聞かず。

1年ほどでパナソニック特有の値崩れが起きる頃には、他のカメラに話題をさらわれたり、
フルサイズミラーレスの方にカメラ好きの視線が注がれたり、なんだかパナソニック自体もフルサイズへ注力したり。

とにかくパナソニックって一つのカメラで利益を出そうとしてるように、日本国内の動向を見てる限りは、
全く見えへんけど、いいカメラは作ってるねんなぁ。

誰がなんと言おうとボディサイズがあっても、12-60のライカレンズが画角とF値を考えると、
めちゃくちゃコンパクト。
オリンパス並みかどうかは置いといて強烈な手ぶれ補正、AFの速さ・使いやすさ、グリップの良さ、
ファインダー、背面液晶の見易さ、物理ダイヤルやボタンの配置等々、一眼レフと違和感なく使える、
唯一のボディじゃないかと思う。

高感度耐性も良くなってて、iso6400とかちゃんと見れる画が撮れるようになっててすごい。

動画仕事だけじゃなくて、記録撮影には積極的に使いたい。
自分の使ってきたカメラの中では超高性能の部類に入る。

発売当時の価格やと購入せんかったので、やっぱり値崩れしたおかげではあるけど、
これはええもん。

今の最安値付近で買うなら、これほどコスパの良いカメラはないと思う。
仕事で使うのが楽しみで仕方ない。








by iidacamera | 2019-08-26 11:04 | 機材 | Comments(0)

廃れさせてはいけない②

f0167977_09161319.jpg


f0167977_09161726.jpg



f0167977_09162580.jpg


大阪市福島区

僕がこんなところでこんなことを言っても無意味かもしれませんが、やっぱり多様性って大事、
ってカメラに関しても思います。

一眼レフが売れないから、新しいことやってます感のためにフルサイズミラーレスを出すっていうのは、
すでに他のメーカーがやってきたことと同じ道で、割とすぐに頭打ちになる予感が否めません。

用途によっては一眼レフの方が便利なことってまだまだ多々あって、正直ライブビューが作り込まれていれば、
ミラーレスじゃなくても良かったりします。
もちろんミラーレスの方がいい面もたくさんありますが、ウチの業務の範囲では、
今のところそれほどのメリットでもなかったり。

フィルム時代でも、AF機の末期あたりのモデルはだいぶレフ機が大きく重くなりつつあったし、
レンズでも高級ズームなんかはめっちゃ大きくなってきてたけど、デジタル化されて、
レフ機とレンズがいよいよでっかくなった。

フルサイズミラーレスで少しでもなんとかシステム全体が小型化されればって期待は、
今のところそれほど現実になってないし、小さいフォーマットの需要はこれからいよいよ、
高まっていくのではないか、って思ってるのに、マイクロフォーサーズは静まり返り、
富士も苦戦中みたい。

いや、しょうがないことやけど、なんとか全部存続していってほしいなぁ。










by iidacamera | 2019-08-24 00:00 | 機材 | Comments(0)

廃れさせてはいけない

f0167977_12030198.jpg


f0167977_12030112.jpg


f0167977_12030136.jpg

大阪市福島区



動画一本まるまる制作するっていう仕事が入りそうで、マイクロフォーサーズ機と望遠、標準ズームを買うことにした。
もちろんそれに当たって、一眼レフのシステム一式はもちろん仕事で必須なので置いといて、
フジは手放しました。

そこまでして、って思うけど、ジンバルを使わずに手持ち動画でサクサクいけるようなものが一台欲しいから、
仕事の方がやっぱりプライベートよりワクワクしてしまうし、こういう時見境なくなります。

フジでもできるといえばできるけど、レンズがある程度大きくなってしまったり、ジンバルが欲しくなったり、
色々と気軽さが失われてしまうので。

最近カメラ業界が元気ないけど、特にフォーマットの小さいマイクロフォーサーズは心配になる。
オリンパスは静かやし、パナはフルサイズ市場に参入してしまうし。

ユーザーとしてはフォーマットサイズに選択肢がないと、ただただ各メーカー重たいカメラとレンズばっかりになってしまう。
正直、ボディ重量よりもレンズサイズがとても気になります。

センサーサイズが小さいと被写界深度も深いのでスマホと変わらない、っていう乱暴な意見もあります。
被写界深度が深い写真は全部スマホとおんなじって思うなら、スマホでどうぞ撮ってください、
と思ってしまうけど、今は大多数がそう思ってるんでしょうか。


コンパクトだと荷物が軽くなるっていう単純な話だけじゃなく、フロントヘビーでない分、
ズームレンズでも安定しやすかったり、他の機材を多く持ち歩けるってメリットもあったり。

オリもパナもフラッグシップは外でガンガン使えるイメージもありますね。
ゴミがセンサーに乗りにくい。
あれはセンサーが小さいからできるんでしょうか。
知りませんが、すごいと思います。

消費電力も小さいのかどうか知りませんが、マイクロフォーサーズは挙動がキビキビしてます。

とにかく、小さいセンサーのコンパクトなシステムって、なくなってしまうと困る人多いと思います。
売れないからって簡単に縮小、撤退なんて方向に向かわず頑張ってもらいたいです。
特にパナはどっちかっていうとフルサイズ機を出してしまったことの方が心配かも。


あと、自分自身はプライベートカメラ、ってのがなくなりますが、そっちも心配。
G9をプライベートにも使うつもりやけど、不満を溜めないように頑張りたいです。

ああ、ボディはG9にしました。
うちの仕事だとGHとかいらないので。













by iidacamera | 2019-08-23 00:00 | 機材 | Comments(2)

このカメラ

f0167977_09172073.jpg


昨年中古で購入して、すでに新型が出てしまってるけど、これほど気楽なカメラは他にないと思います。
もちろん他社含めて、防水カメラが、って意味で。

昨年買って、海水浴にもプールにも持っていくのを忘れてしまい普通にスナップ機になってました。
と言ってもセンサー小さいし普段使いにはちょっとなぁとか生意気なこと考えてましたが、
使ってると画素数が少なめ、ってとこ以外に特に不満はないというか、むしろ画は好き。
光量十分ならこれで十分楽しめたりします。

何があっても手放さないカメラって、プライベートで使うカメラはこのカメラだけじゃないかと思います。
壊れたらまた中古で探すと思われます。

ここ一年くらいでガクッとカメラ自体への興味が減ってるのは、フルサイズミラーレス機や、
レンズの目指す方向性があまりにも高次元な画質の話になってしまって、必要ではない、
ってことが大きいのかもしれません。

業務用途としてもいろんなカメラマンを見てみると、余力があったり、新しいもの好きやったり、
そういう方々は少しずつ使ってみてる、って段階やけど、ガリガリ普段から仕事ばっかりの多くの人は、
良し悪し以前に興味がない、とか、撮りにくいから使わない、とか、ミラーレスに関しては、
今の所それ程度の認識の人が多いです。

自分にとってはこんなカメラとコンパクトなレンズ交換式、写真を業務でやってなかったら、
そういうカメラだけが手元に残ってる気がします。

発表されるカメラとレンズがことごとくつまらなくて、ワクワクしない時代になってきたなぁって思います。











by iidacamera | 2019-08-07 11:03 | 機材 | Comments(4)

この頃のカメラ

f0167977_09404378.jpg



しょうもないグダグダが溜まってるので書きたくなりました。

フルサイズミラーレスはセンサーサイズを考えるとレンズはでかくなって当たり前、っていう話は、
理屈は分かってもやっぱりがっかりした、って数年前にもブログで書いてました。

個人的に、一眼レフ「みたいな」カメラ、って魅力ないんです。

フィルムのように用途によってフォーマットを変えてた頃と比べると、フルサイズ機一台あれば、
なんでもできるし動画まで撮れてしまう、っていう時代なので、システムに対して要求されるものを考えると、
必然的にはまずはAFが早くて周辺まできっちり写るレンズが求められる、っていうのは分かります。

でもそれって業務で使ってる人たちだけじゃないか、って思う自分もいます。

カメラが売れなくなって高価でハイスペックなカメラばかりが主流になってきてるし、
メーカーに余力がないのもわかるけど、何でもできて何でも撮れるカメラばっかりで、
尖ったところのあるカメラが少なくなったなぁって思います。

ニコンもキヤノンもだから売れてた、って側面もあると思うし、だから業務用途に使いやすいので、
文句ではないです。

ただ、M型ライカみたいに、「こういう写真が撮りたいからこのシステムを選んでる」っていうものが、
もう少しあるといいなぁって思います。
ライカは買えないので。

X-E3はかなり理想に近いけど、アイセンサーでのファインダー、LCDの切り替えがもたついたり、
少しだけ改善して欲しいとこはあるけど、X-Pro系と比べて毎回後継機が心配されてるので、
個人的にはぜひ続けて欲しいなぁと思います。
フジのカメラはもうちょっとデザインにソリッドな感じが欲しいなぁって思いますが。

溜まっていたグダグダでした。








by iidacamera | 2019-07-23 10:55 | 機材 | Comments(0)

一眼レフ最高やんか

f0167977_15592932.jpg




レフ機で仕事する、に半年ちょいぶりに戻して、半年浮気し続けた挙句、許してもらって家に帰れた気分。
もうシステム変える、なんていう馬鹿馬鹿しいチャレンジやめます。
そのうちRFマウントが充実してくるとは思うけど、次にミラーレスで何か試すのはもっともっと熟成してから。

レフ機になってから、うちの仕事のジャンルをこの10日ほどでほぼ一周してしまってるので改めて、
バタバタしてる撮影での光学ファインダーのありがたさと、ストロボ撮影でのポートレイト撮影、
それに加えて不思議なのが、建築撮影での水平垂直の出しやすさも、現状ではなぜか光学ファインダーの方が、
ずっとやりやすいです。

慣れの問題なのかどうかよく分かりませんが、後処理での修正が少ないです。
この10数年の経験をナメてました。

Rは一台、X-T3は売却して、6D2を予備にしてます。
6D2でもRより全然使いやすいです。
中古で12万、X-T3の売却価格と変わりませんでした。


今後10年くらいでカメラ業界が大きく変化していくとは思いますが、気長にぼちぼち、
レフ機がある間は、RFは併用してジワジワ仕事の流れに入れていければ、と思ってます。




ちなみに、




f0167977_15592967.jpg


RF50mmF1.2Lも売ってしまい、2年前に10年以上使ってボロボロにして売ってしまったEF50mmF1.4、
新品購入。
周辺まで美しい開放での画質、っていうのが個人的には全然要らないことに気づき始めてます。

この5年くらい、シグマのアート単焦点が発売されて、ああいうタイプのでっかくてめちゃくちゃ綺麗な50mm、
各メーカーから出はじめてるように思いますが、正直昔ながらのこのサイズ感が個人的にはベスト。

開放付近で周辺が少し乱れる写りも、正直好ましく感じます。

このレンズだけは過去の写真を引っ張り出してきて再掲載したいくらい、色のりも写りもとても気に入ってます。




結局仕事機材が半年前に戻っただけと言えばそれまでやけど、一度離れて初めてありがたみが分かった、
って話でした。











by iidacamera | 2019-07-16 16:23 | 機材 | Comments(0)

R強化月間

f0167977_10262790.jpg

仕事の予備機としては全く文句のないEOS R。
建築なんかではメインで使ったりもしてます。

出張時はバックアップが現場で取れないので2枚挿しの5D4の方が安心ですが。

ただ、どうしてもレフ機と比べると、使用している年数が違うので仕方ないですが、
操作を体で覚えていない、っていうまどろっこしさがあります。

ということで、予約投稿が続いているので写真はほとんどフジ機ばっかりですが、
最近勝手に強化月間と称して、プライベートでも使ってます。

8月頃から始まる記録撮影ラッシュに向けて、このカメラでササっと使える気配がなければ、
7D2でも買うかなぁって思ってますが、できるだけこれで行けないか、トライ中。

もうちょい分かり易い操作体系のRが発売されないかなぁってつくづく思います。

業務用途に使うものとしてはレンズが本当に良いだけに、今後の展開はじっくり見守りたいシステムです。

コンパクトな50mmだけは急いでくれないかなぁって思います。
プライベートで使う分にあまりにも楽しみが少ないです。











by iidacamera | 2019-07-10 10:45 | 機材 | Comments(0)

レンズ3本、ボディ1台

f0167977_14581382.jpg


X-E3とコンパクトなレンズ3本を放り込むためのバッグがエムトレッカーHP120という、
ロープロのスリングバッグというか、ウエストバッグというか、そういうやつなんですが、
重い機材を入れると台無しですが、これくらいの機材やとめちゃくちゃ背負い心地が良いです。
2年ほど前に買ってGX8を入れてましたが、半年ほど使ってお蔵入りしてました。

X-T3でもグリップなしならレンズを付けた状態でレンズ3本とボディが入るけど、
ちょっと余力がなくなります。
ぽいぽい放り込む、っていうイメージでいうとX-E3の方が良いです。

出張の時はリュックにこのバッグごと放り込んでます。
値段も程よいし、生産終了とかになる前に、色違いでもう一個欲しいくらいです。

こういうサイズ感で気軽に持ち歩けるカメラとレンズっていうのも自分の撮影にはとても大事で、
フジのF2シリーズとか7artisansとか、こういうレンズは続けて欲しい。
ボディも、フジはX-E系はゆっくりで良いので更新していって欲しい。
APS-C専用レンズを頑張ってて、地道にいろんなバリエーションのカメラを作ってるフジは、
よくよく考えるととても魅力的なメーカーやなぁって最近はよく思うようになりました。

あと案外、スケジュール管理に手帳よりもスマホを使うようになって、
手帳を持ち歩く必要がなくなったのもでかいかも。
電話でのやり取りより、メールでのやり取りの方が圧倒的に増えてるので、電話しながらメモ、
ってことも減りました。

小さいカメラバッグで大丈夫になってきてる世の中、結構助かります。















by iidacamera | 2019-07-05 15:30 | 機材 | Comments(0)

完成されたワークフロー

f0167977_09374369.jpg



f0167977_09374301.jpg



大阪のスタジオでタレントさんの撮影でした。

予告通り、5D4とEFレンズで、要は昨年12月まで当たり前やったセットで撮影。


f0167977_09374321.jpg



約1200ショット。
トラブルゼロ。
強いて言えば、自分が手持ち撮影の際に足に線を引っ掛けて一回引っこ抜いてしまったことくらい。

転送速度も遅いわけではないので、編集さんに撮りっぱなしのデータをセレクト用に渡すくらいの、
小さいサイズならどんどんPCに流せる。

カメラ側の処理速度もEOS Rよりだいぶ早いんでしょうね。

そうかぁ、業務用とかハイアマチュアとかプロとか謳ってる1番の理由は、AFとか連写速度とか、
そういう表面的な理由よりもこういうことが大きいのかもなぁと再認識。

そこまで当たり前のようにできてたのになんでEOS Rを購入したのか。
うっかり忘れてたけど、よく考えたらRF24-105とRF50mmf1.2が使いたかったから、
ってだけやったはず。

なのにやたらと新しいシステムでやろうと四苦八苦してた理由は非常に単純やと思います。

完成されたワークフローに飽きちゃったから。(笑)

その結果、被写体の皆さんを少しお待たせしたり、っていうしょうもないご迷惑をおかけしてたのか、
って考えると、やっぱりEOS Rでもプロ機、って呼ばれるようなクラスのものが発売されるまでは、
業務用途としてガリガリ使うのはしばらく控えよう、って反省した次第です。

アホなことしてたなぁ。

ブツ撮りとかロケ用ですね。今のところ。




















by iidacamera | 2019-07-03 09:36 | 機材 | Comments(0)