人気ブログランキング |

デーライトなスナップ

カテゴリ:機材( 264 )

単焦点レンズのこと

単焦点レンズのこと_f0167977_14084450.jpg


最近のどでかい大口径単焦点レンズを見てると、EFマウントのシグマアートが小さく見えますが、
やっぱりでかいものはでかいんです。

単焦点の仕事での用途って、広角、標準、望遠の三本のズームと100マクロを入れた後、
ライトやらバッテリーの予備とか入れて、その上でバッグの隅っこに50mm,35mmくらい突っ込んで、
暗い室内でのスナップやら、被写界深度の浅い絵が欲しい時とか、そういうシーンに備えての予備、
ってことが多いです。

家族写真では、子どもの荷物と自分の荷物のついでに持っていく、ってことが多いのでやっぱりでっかいと困ります。

自分のための写真ってなると、やっぱり街中でのスナップばっかりなのでやっぱりでっかいと困ります。
むやみに人に警戒されてもしょうがないので。

で、使用頻度がどんどん下がる、っていうパターンなんですが、これってプロアマ関係なく、
ほとんどの人がそうなんじゃないでしょうか。

現状、単焦点だけでやる仕事って、年に一度あるかないか。
そういう時以外は大口径単焦点は出番が本当に少ないです。
結局息子もシグマアートで撮るのは諦め始めてます。
やっぱり大きいのを常に手元に置いとくのは煩わしいです。

RF35f1.8マクロはサイズ感、性能、価格、全部ちょうどいいと思います。

EF50f1.8STMが現代レンズらしく、ピント面は割と開放からシャープなんですが、
ボケが背景との距離や背景そのものの質によって、ガサガサしてしまいがちで、
なんか今時の安価なレンズ、っていう雰囲気がムンムンするのが少し苦手。

USMの50f1.4も3000万画素では開放付近の緩さがいよいよ気になってしまうので、
使わなくなりました。

メーカーの威信をかけた比類なき単焦点レンズ、ってのもやりたい気持ちはわかるんですが、
ちょうどいい50mmって写真を撮る上でめっちゃ大事やと思ってるんですが…。

なんでEOS Rを発売した時に50mmで5万くらいの綺麗に写るやつを同時に発売しなかったんでしょうね。

ようやく噂が出始めてますが、早々に軽くて綺麗な標準単焦点が欲しいです。
何のための軽いボディなんでしょうか。






by iidacamera | 2020-03-03 00:00 | 機材 | Comments(2)

LX100m2のこと

このブログ、機材ネタを楽しみにしていただいている方々が多いことは存じておりました。

ただ、物欲、カメラ欲、レンズ欲、照明関連欲、全部が急降下してしまって、ここ数ヶ月は、
とうとうカメラ関連サイトはあまり見なくなってしまいました。


理由はいろいろなんですが、やっぱりどうにも、ミラーレスカメラへの業界の移行が、
思ってた以上につまらなくて、シグマ以外が既定路線というか、尖った要素も特になく、
価格に関しては自分もプロカメラマンとして、あまり言わないようにしてましたが、
業務用途としても高級すぎるレンズ群に、正直何も魅力を感じてません。

フィルム時代からデジタル黎明期と比べると、広告カメラマンの収入って激減してると思います。
その中で、どうにか単価を一定以上下げずにお仕事させていただいてますが、
それに対して、流石に30万円を超えるレンズをイチから揃える気になるか、っていうと、
げんなりしてしまいます。

ストロボ撮影ではデメリットの多いEVFも、現状では今ひとつ積極的に使う気になりません。

うちの仕事で所有してるEFレンズ群も、建築用途に購入した11-24とTS-Eの広角2本は、
購入時はかなり高級でしたが、見返りがはっきりしていたから買えたわけで、
あんなもん趣味で買う人は、写真に対してはっきりした方向性を持っておられるか、
よっぽど余力がある人だけだと思います。

カメラが売れない、ってことはつまらないカメラとレンズばっかりに絞られていく、
ってことなのかなぁって思いながら、もはやカメラオタクとは言えなくなってしまった自分に、
少し寂しさを感じております。


前置きがめちゃくちゃ長いですが、そんな中、現状唯一の趣味カメラのLX100m2です。


LX100m2のこと_f0167977_16403841.jpg


このカメラ、先に書いた理屈でいうと、「つまらないカメラ」の部類に分けられます。(笑)
ものすごく真面目に作られているんだと思います。

ただ、めちゃくちゃ明るい標準域のズームレンズと、操作性の良さ、マルチアスペクト、
AFがある程度優秀って条件が揃ってて、G1Xm3よりよっぽど使いやすいです。

僕の用途ではプライベートの動画もこれで大丈夫、画質も大きめのセンサーで光量十分なら綺麗、
暗いとノイズ多くなるし、開放だとレンズもちょっとゆるいけど、十分見れる画なので、
スナップ用途にしか普段使わない自分にとっては十分。

なので、つまらない、よりも、使いやすい、っていうメリットが勝ってしまって、
現状プライベートでこれよりいい選択肢が見つかりません。

ほんとはもうちょっと大きいセンサーが欲しいけど、カメラが重いのは正直プライベートでは辛いので、
いずれ安くなったフジのX100Fとかに、ワイコン・テレコンをセットで持ち歩く、
っていう予定だけはしてますが、だいぶ先で大丈夫です。

レンズの解像度をちゃんと見たい、とかならちゃんと扱った方がいいですが、
僕はもう着脱式レンズキャップはカメラバッグに放り込んで、保護フィルター付けて、
自宅に帰るまではレンズキャップもしてなかったりします。


なんか小さいカメラで、標準ズームさえ付いてれば自分は十分やねんけどなぁ、
っていうそこのあなた、オススメですよ。

レンズスペックとしては尖ってるんですが、全体としては尖ってるというより、よくまとまってる、
っていうカメラかと思います。

GRとかX100系なんかと比較されてる方、間違いなく比較対象ではないと思います。(笑)

いいカメラです。ホント。

これが壊れたらこれが欲しいなぁって思います。









by iidacamera | 2020-02-10 17:05 | 機材 | Comments(2)

本当に必要なカメラ

本当に必要なカメラ_f0167977_12211553.jpg


本当に必要なカメラ_f0167977_12211618.jpg


本当に必要なカメラ_f0167977_12211640.jpg

友達と三人でしっぽりと新年会を楽しんだ日の写真を、バックアップもせず放置してました。

久しぶりに金龍のラーメンを食べたのと、しょうもない話をしてたっていう漠然としたこと以外、
あまり記憶がありません。
楽しかった、ってことですね。

先月から子どもの写真をもっとちゃんと撮ってやらなきゃ、って思い直して、シグマレンズと、
予備機の5D4で撮り続けようと意気込んで、結局使用したのってあれから3回程度。

どれだけ写りが美してくても、だからその写真を見返す、っていう動機には実は繋がらなくて、
どちらかというと、家族写真は特に、ですが、何となく面白かった記録の方が見返したときに楽しいです。

そういう意味では、LX100m2で十二分に楽しんでたりします。
マイクロフォーサーズ用のi40で、高感度の不満はバンバンストロボを焚いてごまかし中。
ごまかす、っていうより、割り切るっていう方が合ってますね。

LX100m2があると、プライベートではレンズ交換式マイクロフォーサーズも使わなくなりました。



いつでも手元にあってささっと撮れる、小さい高性能カメラと、あとはスマホ。

これだけあれば子どもの記録はめちゃくちゃ楽しいのかもしれないです。







by iidacamera | 2020-02-04 12:31 | 機材 | Comments(0)

気づけば中国製品の嵐

独立した頃欲しくてたまらなかった機材の数々。
プロフォト、バルカー、サンスターストロボ、コメット、ジッツォ、ハスキー、マンフロット…。
欧米製品もしくは国産がほとんど。
でも一番カッコよく見えたのはやっぱりイタリア製三脚やったり。

時が経って、コンパクト三脚には中華製を購入して移動ばかりのロケの時はリュックに装着してたり、
デジタル化がどんどん進み、大光量のストロボは現在個人的には需要がほとんどなくて、
自分の撮影では、二ヶ月に一度くらいのペースのタレントさんの撮影以外、
AD200でも事足りるようになってしまいました。

レンタルスタジオでは高性能なプロフォトのライトとでっかいオクタゴンのボックスを借りれるので、
人物撮影でバックを落としたり、かっこいい陰影が欲しいって時のために、傘タイプの、
80cm,120cmのオクタゴンのボックスと、140cmの組み立てがめんどくさいタイプのオクタゴンに、
グリッドを入れて使ってます。
上記も全部ゴドックス製品。

AD200やと光量がもう一息欲しい、とか、発熱の関係で少し抑え目の光量で連続発光したい、とか、
色々考えてたら、知り合いのカメラマンさんがAD600を持ってると聞いて欲しくなったけど、
AD600proに10万円出して、使用する頻度を真剣に考えると、やっぱり勿体無い、って結論。

どうしようか考えた末、出した結論は、AD-B2でした。



気づけば中国製品の嵐_f0167977_18041685.jpg

モデリングが欲しいなぁ、って思ってたことまで、一気に解決。

チューブ剥き出しはまずいけど、組み立てたままケースに入れたいな〜って思いながら、NEEWERのリフレクターを手配。
リフレクターの精度、光の美しさは心配ですが、とりあえず運搬時のチューブカバー代わり。

もう中華製品の嵐です。

プロフォトがゴドックスに怒ったりしてますが、どうしようもないですね。
勢いのすごい製品が多すぎ。
日本の戦後のどさくさの時代のような丸パクリ製品も含めて、システムを完成させてきているのがすごいです。

まだまだアナログ部分での作り込みが足りないせいでアンブレラホルダーがめちゃくちゃ頼りなかったり、
一灯の充電器がすぐ壊れたりはありましたが、とりあえずAD200とその周辺アクセサリーは、
昔の半分以下の金額でカメラマンとしての手数を増やしてくれました。


カメラマンはいい車に乗って、いいカメラといい照明機材でいい仕事をするべき、って昔は多くの人が言ってましたが、
今や異国の話くらいに聞こえてしまいます。
未だにそれを言える人は、よっぽど稼いでるか、夢を見なさい、って言ってくれているのか、どちらかなんでしょうね。

それくらい、高級機材も高級車も仕事に見合わなくなってしまっている、っていう厳しい現実もありますが、
それでもちゃんとした金額をいただけているジャンルの仕事だと個人的には思ってます。
自分自身の価格設定は自分次第ですし。


ただ、コストパフォーマンスはしっかり考えよう、って話ですね。
AD-B2は間違えて二個買ってしまったんですが、返品せずにこのまま置いとこうと思います。
年始あたり、AD200proを2灯追加する予定なので。

バッテリータイプであること、アクセサリーががさっと揃えられるくらい安価なこと、諸々含めて、
もう照明機材はGODOXで統一され始めてます。

僕がおじいさんになる頃にはカメラやレンズの状況もかなり変わってるでしょうね。


プロペットはまだ使い出があるけど、サンスターストロボのX4はどうしたもんかなぁ。
チャージ遅いし使う気がしません。














by iidacamera | 2019-12-10 19:52 | 機材 | Comments(2)

油断

記録撮影で梅田近辺を終日歩き回り、最後に居酒屋で打ち上げをした際にチェックしたiPhoneの万歩計は、
26000歩を超えてました。

ウチの撮影では、動画撮影以外で、記録でもマイクロフォーサーズの出番が多くて、
昨日は12-60を付けたG9をメインに、予備のG9に必要に応じて100-200と8-16を付け替えながら、
二台持ちで歩き続けておりました。

個人的にカメラを首からぶら下げるのが苦手で、この日もいつも通り両肩に二台引っ掛けてました。



後半、疲労がピークに達する頃、疲れを忘れたいので同じくクタクタのディレクターさんと二人で、
茶屋町あたりをペチャクチャ喋りながら歩いていたら、右肩が急に軽くなって、
スポッとスローモーションのように、お気に入りの8-18を付けたG9が飛んでいくのが見えた後、
クシャっと柔らかい音がして、レンズのマウントがもげてレンズが転がっていくのを、
呆然と眺めてました。




油断_f0167977_11094641.jpg

気が緩んでいた、としか言えません。

たすき掛けにしなかったことが悔やまれます。


カメラの方はなんとか無事かと思ってたんですが、チェックしていると、センサーに大きな傷を発見。
もげたマウントの破片が当たったのか、路面の小石が当たったのかは不明です。

アフターサービスに定評のない(笑)、修理代が高い、と噂のパナソニックとのやりとりをしないと、
と思いながら、疲れが溜まってめんどくさくて放置してます。

今日は娘と遊ぶことにしようかと。

もしかしたら、中古でまたボディもレンズも探したほうがいい、ってことになるかもしれません。


げんなりしとります。






by iidacamera | 2019-12-01 11:16 | 機材 | Comments(0)

やっぱり小さいやつが必要

やっぱり小さいやつが必要_f0167977_15420693.jpg


やっぱり小さいやつが必要_f0167977_15420637.jpg


やっぱり小さいやつが必要_f0167977_15420643.jpg


やっぱり小さいやつが必要_f0167977_15420669.jpg


やっぱり小さいやつが必要_f0167977_15420633.jpg


写真好きの悩みは、結局スマホじゃPCで写真を触る時の画質だったり、撮影のスピードだったり、
その辺でストレスが溜まって、やっぱり小さくてよく写るカメラがいいなぁって思うんです。

ほんで、探してみると全然選択肢がない、ってことですね。


撮影する量を減らしたとは言え、やっぱり自分の写真に大きいカメラだけでは厳しい、
家族写真にも使いたいのでGRiiiはストイックすぎる、でもセンサー大きめでレンズは明るい方がいい、
っていう条件で考えたら、LX100iiの中古しかありませんでした。

旧型でもよかったんですが、中古価格がかなり下がってたので新型で。

今日はJPGをそのまま使用。
こういうカメラの性能が今は本当に良いですね。
ファインダー性能が少しだけイマイチですが、7割くらいは背面液晶で撮るのでこんなもので十分かと。

キヤノンのG1Xiiiがもうちょい大きくていいのでレンズを明るくして欲しかったなぁって思いながら、
1年ほどでガリガリに硬い描写に飽きてしまって手放したけど、今はあまりカメラの台数もないし、
被写界深度である程度遊べて描写も気持ちいいこのカメラが大事。

生活スタイルとか、写真との付き合い方でフィットするカメラって変わるなぁって思います。
今回こそ、新型が急に出たりしない限り長い付き合いで考えてます。










by iidacamera | 2019-11-29 16:19 | 機材 | Comments(0)

新型?マクロ

新型?マクロ_f0167977_16243355.jpg


僕にとってはISなしの旧タイプの100マクロがつい最近まで現役だったこともあり、IS付きは新型ってイメージだったんですが、
これ、発売から10年経つんですね。

TS-E90mmの新型を購入するときに、旧型の100マクロを手放して、しばらく料理撮影はMFのみでやってましたが、
急ぎの撮影は不便でしょうがなかったので、中古美品で購入。
レンズキャップが古いタイプで逆に新鮮。

なんだかんだ言っても、うちの撮影では建築系の次に料理撮影が多いので、やっぱり良いレンズを使わないとダメだと思います。

写りは文句なし、ISとAFは少し音がうるさいかもしれません。

シグマの24-105が個人的にはかなり急ぎの時のレンズなんですが、あれ、手ぶれ補正を切って三脚に乗せてると、
ちょいちょいブレ補正用のレンズか何かわかりませんが、カクッと動いて画角がずれるんです。
なので、できるだけ使わない方向で、ってことが増えてきました。


ちなみによく、保護フィルターがいるのかとか聞かれますが、僕の場合は油とか飛び散るような環境とか、火の近くとか、
割と頻繁にあるので、必要に応じて付けたり外したりしてます。

建築系なんかで小雨が降ってる場合は出目金の広角は使わないようにして保護フィルターの付けられるレンズで撮ってたりします。
レンズを直に濡らしてしまうと、後の処理が大変なので。


世の中の流れだけ見ていると、今EFレンズを買うのは微妙に思えますが、実際にはキヤノンはまだまだミラーレスボディの熟成に、
時間をかけそうです。

メーカーの広告塔になる写真家さんたちがミラーレスの宣伝をしているので、なんだか世の中のプロはミラーレスばっかりに見えますが、
実際には、ミラーレスも少しずつ使い始めてるけど、今のところ、ミラーレスは少し煩わしい、ってカメラマンの方が多いようです。

キヤノンの言う、「OVFを超えるEVFを目指す」ってのが、報道とかスポーツだけに特化したものじゃなくて、
ブツ撮りでのストロボ使用なんかも考えたものだと良いんですが。

3年後くらいに期待してます。










by iidacamera | 2019-11-20 00:00 | 機材 | Comments(0)

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH.

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH._f0167977_16084713.jpg


LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH._f0167977_16084844.jpg


LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH._f0167977_16084809.jpg


LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH._f0167977_16084772.jpg


LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH._f0167977_16084820.jpg


結局時間があったので25mmを新型と入れ替え、15mmも購入し、キヤノンではもう単焦点はいらない、
ってことでキヤノンの50,35の並レンズは手放して、調子に乗ってたら車のタイヤ交換の必要に迫られ、
いきなりお金が減ってがっくりしてます。

とにかく、ズミルクス二型です。

よくなったと思われるのは、周辺画質の改善とAFスピードくらいでしょうか。
AFスピードも旧型を使っていた頃とはボディが違うのでよく分かりません。
絞りを開けたり閉めたりする音もなくなったように感じますが、たまにカチャカチャいってるので、
あの挙動がなくなったわけでは無さそう。

防塵防滴になったのはでかいですね。

どちらにしろ、マイクロフォーサーズでは唯一と言っていいくらい、開放付近で線が細くて写りすぎない、
ボケは綺麗ないいレンズだと思います。

開放からめっちゃ解像するレンズなら結構いっぱいありますが。

これでプライベートでズームレンズから開放されるなぁ。

ちなみにあのでっかいフードは一型と同じく健在です。








by iidacamera | 2019-10-23 16:24 | 機材 | Comments(2)

怪しいG9

怪しいG9_f0167977_15013104.jpg


昨日のエントリーの、25mmを使うとフリーズする、の他、なんか怪しい挙動が増えてきました。

あんまり使わないんですがたまにメカシャッターで連写すると、数枚目からAF止めちゃう。
これはカードとかバッファとかともしかしたら関係あるかもしれません。
仕様かも。

動画撮影中、なぜかどのタイミングかわかりませんが、AFで被写体を追ってくれなくなる。

動画撮影時、施設内の地明かりなんかでしか撮影できないことも多いので、
プリセットでホワイトバランスを設定しながらどんどん撮り進める訳ですが、
プリセットでホワイトバランスを取得することが突然できなくなる。
これも何か使い方の問題なのかも。
電源オンオフで直りました。


どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
自分でも調べてる最中です。

明日の動画撮影でもダメ、調べてもダメなら修理か…。
やっぱりパナももう一台要るのか…。
お金かかるのでできるだけ避けたいです。
使い方の問題ならいいなぁ。










by iidacamera | 2019-10-15 15:08 | 機材 | Comments(2)

25mmの安いやつ

25mmの安いやつ_f0167977_18293442.jpg


割と大きな動画案件の話をいただいて、せっかくなので新しくなるsummiluxを購入する気満々でいたけど、
撮影日程にギリギリ間に合わないとのことで、しょうがないからまあまあ評判の良い撒き餌の方を購入。

写りは間違いなく、中古で1万円ちょいで買ったレンズとしては、電子的な補正が優秀であるとしても、
ちゃんと使える。

ただ、このレンズとタッチパネルでファインダーを覗きながらドラッグしてAFポイントを移動できる機能を、
ONにしておくと、なぜか頻繁にカメラがフリーズ。

でもまあ結構綺麗に写るし、これでしばらくごまかしてるうちにズミを購入する意欲が萎えるかもしれません。

今度撮影画像も上げてみます。











by iidacamera | 2019-10-15 00:00 | 機材 | Comments(0)