人気ブログランキング |

デーライトなスナップ

カテゴリ:日々( 1666 )

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます_f0167977_09400051.jpg

今年最初にして最高のポートレート。

昨年プライベートで撮る量を減らし、ブログの更新頻度も半年前くらいからガクッと下がってしまいましたが、
家族写真は毎日のように撮ってます。
スナップも少しずつではありますが、知らない街に行くたびに撮り続けてます。

今年もゆるゆる続けていきますので、本年も今まで同様にご訪問いただければ幸いです。

よろしくお願いします。



あけましておめでとうございます_f0167977_09400082.jpg


あけましておめでとうございます_f0167977_09394319.jpg

あけましておめでとうございます_f0167977_09394370.jpg


あけましておめでとうございます_f0167977_09394355.jpg


あけましておめでとうございます_f0167977_09394316.jpg


我が家に長男が誕生したことにより、長女に与えた影響は計り知れないものがあります。
とりあえず、母親を独占できなくなり、新生児なのでどこにも出かけられず、父親は年末まで仕事漬け、
大晦日から5日までは遊んでやろうと思ったわけですが、本人も何がしたいわけでもなく、
ただただ平城宮跡通いが続きました。


あけましておめでとうございます_f0167977_09400163.jpg

年始には凧揚げがしたい、というので平城宮跡に連れて行ってトライするも、百均の凧が一度風が止んで落ちてしまうと、
そのまま壊れてしまい、翌日修理して再度トライ。

揚がったんですが、今度は娘が飽きてしまい、一度あげて終わり。

あけましておめでとうございます_f0167977_09400005.jpg

あけましておめでとうございます_f0167977_09400001.jpg


しばらくいつもと同じパターンで遊んだら、帰りたくなり、帰宅したら、
授乳終わりの嫁さんにおねだりして、近所の公園に出かけました。


あけましておめでとうございます_f0167977_09542304.jpg

「アナと雪の女王2」を近所の映画館で観たこと以外、何もない正月でした。
映画はすごく面白かったので、父ちゃんと娘で毎日のようにお風呂で主題歌を熱唱しとります。


というわけで、割とちゃんと両親に甘えられてるように見えますが、やっぱり母親を取られた感がある、
年末年始の長女でした。









by iidacamera | 2020-01-06 10:00 | 日々 | Comments(0)

道頓堀 後編

道頓堀 後編_f0167977_16143825.jpg


道頓堀 後編_f0167977_16143711.jpg


道頓堀 後編_f0167977_16143864.jpg


道頓堀 後編_f0167977_16143889.jpg


道頓堀 後編_f0167977_16143855.jpg


今更ですが、明るいレンズと手ぶれ補正のついた小さいカメラでの夜のスナップは、
正直ただただ楽しいですね。

LX100iiはちょっとカメラオタクに疲れてしまって末期症状でカメラもレンズももういいかな、
っていう人に非常にオススメです。(笑)

結構そういう人いるんじゃないでしょうか。







by iidacamera | 2019-12-22 20:00 | 日々 | Comments(0)

道頓堀 前編

道頓堀 前編_f0167977_16143609.jpg


道頓堀 前編_f0167977_16143715.jpg


道頓堀 前編_f0167977_16143794.jpg


道頓堀 前編_f0167977_16143700.jpg


写真をむやみに撮らない、機材オタクはやらない、って決めて4ヶ月ほど経ちました。
どのみち何かテーマを持ったような写真は全然やる気にならないので、
衝動的に撮る気にならない限りはいろんな光景をスルーしてます。

昨日戎橋上からビルの外観の撮影をして、コインパーキングに戻る最中に、
道頓堀の風景が楽しくなってしまって、車に荷物を置いて、20分だけ撮影。

平面的に撮りたくて、絞ってパチパチやっただけですが、非常に魅力的な光景でした。







by iidacamera | 2019-12-21 16:25 | 日々 | Comments(0)

無事

無事_f0167977_10253980.jpg

生まれました。
男子。
予定日に、スッと生まれました。
嫁さんが驚くほど短時間で。
親孝行。
そういえば一人目の時もめちゃくちゃ早かった記憶があります。
嫁さんの体質では。

カメラマンのくせにいつものことで、こういう時すぐに写真を撮ることに気が回らなくて、
看護士さんに「写真は?」って聞かれるまで、抱っこしてくてウズウズしてカメラは娘に持たせたまま忘れてました。
広告系のカメラマンでよかった。
これが自分の体質やとすると、報道とか営業写真とかはめちゃくちゃ不向きかと思います。

上の子の時は、出産後すぐに手術が必要でNICUに入ってしまったので、生まれてすぐの赤ちゃんを、
自分の手で抱っこできたのは初めてでした。
軽かった…。

これでまた賑やかになるなぁ。

とにかく母子ともに元気で何よりです。
よく泣いてました。

無事_f0167977_10392612.jpg

娘もとても喜んでくれて一安心。

仕事が立て込んでてロクに相手になってやれない父ちゃんと、じいちゃんばあちゃんと、
4人の生活になるので、娘も我慢の時ですが、これで娘が強くなってくれればと思います。











by iidacamera | 2019-12-13 10:36 | 日々 | Comments(8)

竣工写真について考える

竣工写真について考える_f0167977_15231757.jpg

10年ほど前、竣工写真、特に内装系を撮ることにようやく慣れ始めた頃、やっぱり竣工写真の意義は、
記録としてお店の作りがしっかりわかる事やと考えてた。


竣工写真について考える_f0167977_15231912.jpg




色々とお客さんの話を聞いてきた結果、時間が経って、少し考え方が変わってきたように思う。

結局写真の根源はみんな同じで、仕事で撮影する以上、どうやら重要なのは出来るだけカッコよく撮れてる、
って事で、お客さん側だって社内・社外いろんな人たちに見せるわけで、
そうなるとやっぱり体裁は大事、って事で、当たり前の事やけど物事を難しく考える癖があるせいで、
そういうことに気づいてなかった面がある。

もちろん、今は写真を売り渡しで二次利用等には関知してないので、広告用途で使用されることも考える必要がある。


竣工写真について考える_f0167977_15231776.jpg


記録性も大事なので、記録性と写真の体裁の両方をある程度兼ね備えようとすると、少し中途半端な写真になることもあるけど、
出来るだけいい写真で、融通も利くもの、っていうのが良いのかなぁと考えてます。

施主様、内装会社のご担当の方々、それぞれの手に渡るものなので、その時々で少しずつ方向性は変わりますが。


竣工写真について考える_f0167977_15231938.jpg

なんでそんなことをわざわざ書いたか、っていうと、自分のメインの仕事に対しての考え方が変化するのが、
結構面白いなぁって思ったからです。


10年後、この記事を読み返してどう思うのかなぁって少し楽しみです。







by iidacamera | 2019-12-11 15:43 | 日々 | Comments(0)

京都

京都_f0167977_09471372.jpg


京都_f0167977_09471463.jpg


京都_f0167977_09471458.jpg


京都_f0167977_09472017.jpg


産休中の嫁さんと、二人で京都。
美術館で面白い展示がやっていて、チケットをもらっていたので。

もういつ産まれてもおかしくないくらいのお腹になっている嫁さんと一緒なので、
長い距離は歩けんけど、何年振りか分からないくらい久しぶりに二人での外出でした。

ランチのパスタも別に格別なものでもなかったけど、リーズナブルで悪くもなく、
たった数時間やったけど良い気晴らしでした。











by iidacamera | 2019-11-21 00:00 | 日々 | Comments(0)

東大阪

東大阪_f0167977_16104490.jpg


東大阪_f0167977_16104562.jpg


東大阪_f0167977_16104507.jpg


打ち合わせのついで。

8月頃に、見返しもしない写真をやたらと撮るのは止めようって決めてから、
惹かれる光景以外でシャッターを切ることはやめてしまったけど、
それでも大体何処に行くのもカメラは持参してます。

GRくらいのサイズがやっぱり良いけど、買うのはお金が勿体無い、
くらいの感覚なのが、以前とはだいぶ自分が変わってきたのかもしれません。






by iidacamera | 2019-11-19 00:00 | 日々 | Comments(2)

カメラがない!!

カメラがない!!_f0167977_18190039.jpg


カメラがない!!_f0167977_18190025.jpg


カメラがない!!_f0167977_18190079.jpg


カメラがない!!_f0167977_18190057.jpg



繁忙期を迎えて、いつも以上にプライベートで写真を撮れなくなっている理由が、
予備兼動画案件用のG9まで割としっかり業務用途に回ってしまっていて、
娘の運動会以外ほぼ動画機になってしまっているせい。


こういう時どうしても撮りたい衝動に駆られるような光景に出会ったら、
iPhoneで写真を撮るわけですが、やっぱり物足りないですね。

単純に大きくしてみたり、ディテールを眺めたりした時だけですが。

GRiii、もしくはX100Fどちらかがそのうち欲しいですが、G9が空き次第、
とりあえずは15mm単焦点だけ購入しようかと思っております。








by iidacamera | 2019-10-14 18:23 | 日々 | Comments(2)

音楽の楽しさ

音楽の楽しさ_f0167977_14415503.jpg

最近仕事でマイクロフォーサーズもフルサイズもびっちり使ってる時が多くて、iPhoneでのブログ写真、
増えそうな予感です。


30代半ばあたりから、「音楽をやっています」っていうのが気恥ずかしくなってきて、
あまり言わなくなりました。

特に中途半端に練習してきたことが影響して、ギター類やベースがどれもそこそこは弾けるけど、
めっちゃ弾ける、ってわけでもなく、やりたいことを仕事にしてやらせてもらってるのに、
別にやってることあります、なんて言ってどうする、っていう気持ちもあり、
そもそもあまり楽器を触らなくなりつつあり、そういう諸々でなんだかめんどくさくなり、
最近は誰にも言わずに過ごしてました。

娘がウクレレを始めたい、って言ったのを機に、自分も練習しながら娘に教えてて、
そういやギターを弾かなくなる頃に、ジャズってやってみたいけどとりかかるのが億劫、
ってしょうもない理由でやってなかったなぁ、って思い出して色々探してみると、
ジャズのウクレレ奏者でライルリッツって人が出てきて、めっちゃかっこいいので聴きながら、
20年ぶりに教則本など買ってしまい、空き時間は全て音楽。
模範演奏を必死でコピーしてます。

そもそもジャズって理論がわかってたらコピーなんかする必要ないんやろうけど、
理論なんかわかってたら20年近くも弦楽器を練習してたのに、なんとなくやめてしまったり、
ってことはなかったと思われます。

で、並行して、出張の新幹線の中で理論もyoutubeのいろんな先生に弟子入りして教えてもらってます。
いい世の中ですね、簡単に通信講座が受講できて。

何が言いたいかというと、今は家にアコースティックギターが1本とウクレレ2本になってしまったけど、
久しぶりにどっぷり音楽をやってみると、頭がおかしくなりそうなくらい楽しいです。

人前で弾く、っていう目標は特にないですが、ある面ではとても内向的な自分にはやっぱりぴったり。
いや、基本社交的ですよ。

以前掲載した娘のピンクのウクレレがネックの反りのせいか、高音で音がどんどんずれるので、
早々に5歳の娘の許可をもらって手放しました。

写真は代わりに中古で買ったアストリアス、っていうメーカーのマホガニーのウクレレ。
鳴ってないわけじゃないけど、硬めのチャリチャリした音が独特。
結構好きです。
ジャズの練習してると、めちゃくちゃ浸れます。

弦は違うやつを貼ったほうが良い気がするんですが、中古購入後持って帰ると弦が裂けてたので、
手元にあったこれを張ってます。

もう一本irikaiっていうメーカーのソプラノサイズのウクレレはもっといいです。
これも前回掲載してるやつですが。
最近は娘の練習用にもなってます。
ハワイアンコアオール単板、製造が中国で値段はお手頃。
ウクレレのイメージ通りの音というか、よく鳴ります。
色々とお店で弾かせたもらいましたが、かなり気持ちいい音が鳴る個体でした。

詳しくないので、本気でちゃんとウクレレを探したい人は僕に聞かないでください。

もっと安価なものでも、結構ちゃんと鳴るものが多いようです。


ウクレレは簡単で気軽、っていうけど、簡単かどうかはやる内容によりそうな気がします。
ただ、楽器が小さくてめちゃくちゃ気軽なのと、個人的には音にやられてしまいました。


50歳になる頃に、ジャズはなんとなく入門者あたりの理解はできていたい、というのが目標です。

今更オリジナル曲とか新しい曲とか、もういいやって思うのは自分がおじさんになったからでしょうね。


娘の習い事の代わりと思ってたのに、結局焼け木杭に火がついた自分の話でした。










by iidacamera | 2019-10-03 15:07 | 日々 | Comments(2)

自戒を込めて

自戒を込めて_f0167977_14482700.jpg


現在手元にあるカメラ。
iPhoneで撮影。

今回は超個人的なことなので、興味ない方はどうぞスルーしてください。

今まで、仕事に対して、借金をしてでもいい機材やいろんな道具を揃えることで、借金が原動力になる、
みたいな、昔馴染みの自営業者の考え方を踏襲してた。

その結果、いつの間にか必要でないものでもとにかく買ってみる、ってなってた。

こういうのやめようと思う。


プライベートの写真もセイケさんがブログを離れられたことと関係なく減らそうと思ってたけど、
見直しもしないものを山ほど撮るっていうことへの虚しさ以外にもう一つ理由がある。

自分の場合、プライベートで写真を撮るためにカメラを持つというより、
魅力的なレンズを使いたいがために写真を撮る、っていう、物欲と直結してるところがあり、
でも、作品を撮る、っていう動機でレンズやカメラを買い続けてた。


これもきっぱりやめることにした。

もちろん本当に必要なら迷わず買うつもりはしてる。


現在のカメラは自分の業務内容やと、5D4で十二分な性能で、予備の6D2も十分すぎる。
EFレンズも強いて言えば、100マクロはあったほうがいいけど、90マクロのTS-Eで代用。

G9はプライベートでメイン、あとは仕事では記録撮影と動画撮影で必要。

お仕事的に3台とも必要なので、これからは最低限レフ機と長回しはできなくてもいいけど動画に強い、
ミラーレス機があればいいので、キヤノンはもちろんやけど、これからはパナも固定。

あとはライカズームの広角をそのうち、単焦点の15mm,25mmは来年頭くらいまでに揃えたら、
あとは要らない、と決めようと思う。


十分すぎる機材やと思う。



自戒を込めて_f0167977_15155855.jpg

今年の夏、5歳になった子どもを海に連れて行った時に、なんていうか、めちゃくちゃ楽しかった。

子どもが色々積極的に楽しめるようになってる、っていうことと、初めての経験の連続に目がキラキラしてて、
そういうのを見てると、自分のこの10数年の、自分のためだけに生きてきたような感覚がバカバカしくなってしまった。

そんなことするくらいならもっと子どものためにお金は置いとかな、っていう、大人として当たり前の感覚が、
急にこみ上げてきてとことん情けなくなってしまった。

もう一人子どもが生まれてくるので、父ちゃんがよっぽど嫌われない限りはあと10年以上は子どもに遊んでもらえるし、
その頃には50代半ば。


昨日同じく独立して自営の一級建築士の友達とその話をしてた。

人によって見たい景色は違うと思うし、会社を作りたい、っていう人間だっていっぱいいる。

自分はとりたてて金持ちになっていい車に乗りたい、とかいう欲求はないけど、子どもに対して、
かっこいい父ちゃんでいるために、頑張ってカメラマンをやりながら、ある程度余力のある生活をする、
っていう方に切り替えていかなければ、と真剣に思ってる。

せっかく好きな仕事をしてるんやから、雑念は捨てて、機材もシンプルに、それでも撮りたいって思えるなら、
プライベートの作品を続けるつもり。


この記事を書いたことを、絶対に忘れないように、自戒を込めて。












by iidacamera | 2019-09-18 15:30 | 日々 | Comments(0)