人気ブログランキング |

デーライトなスナップ

2019年 06月 01日 ( 1 )

複雑な気持ち

f0167977_17585149.jpg


AFがひどいと評判の60マクロを中古で激安で揃えた後、メニュー撮影に出向いてフジでテザー撮影をしてみました。
このレンズの10倍近い値段で購入したTS-E90mmもあるけど、それを使うほどでもなくて、
どちらかと言うとスピードが求められるような撮影で、ライトルームでテザーがサクサク。

ちなみにフジでテザーされたい方は最初からお高いPro版をお勧めします。
コントロールパネルで開いた画面に、キヤノンのEOS Utilityで言うクイックプレビューみたいなのが表示されていくんですが、
一番大きいJPGを取り込む設定にしておいても、ストレス無しで表示されます。
(※PCのスペックによるところもあると思われますので、あくまでもMacBookPro2013での話です)

結論から言うと、次回からこっちのやり方が嬉しいです、とおっしゃっていただけました。

喜んでいただけるのはこちらとしても嬉しいけど、今までEOSにこだわってたのは何やったんやろう、
って気持ちもあったり。

ちなみにタブレットで見るより、有線でもいいからMacで安定して画像が表示される方がいいようです。


前にも言いましたが、きっちりライティングした状態で、ブツ撮りのようにかなり絞ってしまうと、
APS-Cもフルサイズもクソもないんです。


キヤノンにこだわる理由が、TS-E以外だんだんなくなってきてます。

10年くらい前と比べればセンサーと画像処理の技術も、光学性能も格段に進歩してしまってるので、
広告写真のようにカメラに対して要求性能が高くないジャンルでは、ひょっとするとどういうカメラでも、
撮影対象によっては差がなくなってきてるのかもしれません。

あとはフルサイズ、っていう規格を知っているお客さんが、キヤノン、ニコン、ソニー以外のカメラを見て、
そんなんで撮るの、って反応されるくらいでしょうか。
そういう方も減りつつあるように思いますが。

RFで70-200が出たらすぐに買おうと思ってましたが、いったん考え直して、フジで望遠を揃えて、
使い分けしていくことも考えようかと思ってます。









by iidacamera | 2019-06-01 06:00 | 機材 | Comments(0)