デーライトなスナップ

2018年 03月 14日 ( 1 )

或る光景#61

f0167977_23132833.jpg


タイトル変えてますが、昨日の針中野の一枚。
自分で撮っててなんですが、とても好きなんです。

RX10M4はなんだかとても考えさせられるカメラです。
今まで自分が自分の写真にとって必要なもの、って考えてたものとはかなり正反対に近いカメラ。
やのに、感触としてはとても良くて、自分の写真に新しい何かを吹き込んでくれたような感じ。

普段は中途採用とか即戦力になる人材を探してるのに、めっちゃ若くて元気な新入社員を数年ぶりに雇って、
なぜかベテラン社員たちまでちょっとウキウキしてる会社のよう。
そんな気分20年近く味わってませんが。

プライベートのスナップではそれほど利用するつもりじゃなかったのに、久しぶりに機材のおかげで、
写真が楽しくなったパターン。

元々自分のプライベートの写真に超高性能・超高画質なカメラって全然必要なかったけど(仕事では欲しい)、
センサーサイズを考えるとしっかりとしたトーンで、とんでもない倍率のズームやのに明るくて綺麗。
キチッと撮れていれば、A3ノビくらいじゃ全然アラが見えない。
RAWからキッチリ触れるデータが作れて楽しいです。

こういう、こんなに無理してるのにこんなにすごい、みたいな道具が好きです。

案外200mmくらいまでは常用してる自分にも驚いてます。

高倍率ズームなんかぜんぜんいらん、って言い続けてたけど、大きくて重いのにイマイチなフルサイズ用高倍率、
が嫌いなだけやったみたいです。

小さい単焦点にレンジファインダーが一番って言い続けてたのに。
それが一番かっこいいと思ってたのに。
プライベートで使うカメラはやっぱり小さくて金属のものが良いって思ってたのに。

楽しいけど、何か大事なものを失ったような気がするカメラでもあります。(笑)
ガリガリ使いまくれ、ってカメラでもあります。









by iidacamera | 2018-03-14 23:34 | 或る光景 | Comments(4)