デーライトなスナップ

2018年 03月 12日 ( 1 )

ちょっとだけ不安

仕事のことではなくて(仕事は常に先々不安やけど言ってもしょうがない)、カメラのこと。


f0167977_16570215.jpg



f0167977_16570121.jpg


f0167977_16570205.jpg

たまたま高級コンパクトデジタルの最新機種を2種類手元に置くことになって、ソニーとキヤノンでは、
かなり考え方に差があるなぁって思いました。

ソニーはできることをなんでも詰め込んだ感じ。
のっそりしたカメラをどうにか素早く使えるように工夫してて、慣れてくると好ましい。
キヤノンはいつも通り、自社メーカーのいろんなカメラと他社メーカーのカメラの中でバランスを考えて、
G1Xの後継機を作った感じ。

ソニーのRX10M4はこれから業務で使う予定なので慣れるために、今日も居酒屋のメニュー撮影を終えた後、
15分ほどスナップしてた。
その後G1X3で動画を撮ったりして遊んでたけど、つくづくファインダーが古臭い。
ソニーの後に使うと、ほんまにフジ機のX-T1を少しマシにした程度の見え方で、もちろんX-T1の方が、
ファインダー大きいしメリットはいっぱい。

ボディのサイズとか、いろいろと制限がある中でのファインダーなのかもしれないので、文系脳で、
いたずらに批判しても的外れかもしれんけど、やっぱりここだけはガッカリ。
最新高級コンパクトで相変わらずこれ程度で済ますキヤノンが、ミラーレスに注力していくって、
本気なんやろうか。

別に必要じゃないし今すぐどうこうって話じゃないけど、正直竣工写真なんかはミラーレスでも十分やし、
ソニー機にアダプター付けてシフトレンズ使った方が結果は良いのかも、とも思う。
アラのないレンズなので特に純正ボディじゃなくても後の補正はどうにでもなるし。

キヤノンボディである必要があるのは、自分の業務内容の場合、レンズ資産がホンマに活かせる、
スピード感の必要な記録とかライブとかそういう類の撮影だけになってきてる。

そのうちフルサイズでミラーレス機を出して、徐々にメーカー自体もミラーレスに力を入れるのは、
当然の流れなんやろうけど、一発目のフルサイズミラーレスは、やっぱりキヤノンやなぁ、っていう、
いろいろと力の入ってないものを出すのだけは勘弁してほしいです。

いずれウチの業務も軽量化をしたいのでミラーレスに流れていきそうではあるけれど、
その時にソニーを使ってる可能性は否めません。






by iidacamera | 2018-03-12 17:19 | 機材 | Comments(2)