人気ブログランキング | 話題のタグを見る

デーライトなスナップ

廃校の母校#8

廃校の母校#8_f0167977_15465375.jpg


廃校の母校#8_f0167977_15465403.jpg


廃校の母校#8_f0167977_15465402.jpg


廃校の母校#8_f0167977_15473135.jpg


廃校の母校#8_f0167977_15465308.jpg


僕が子どもの頃は用務員さんというのは、馬鹿にされるというか、子どもにもからかわれるというか、
かなり学校で重要な役割をされているはずなのに、そういう風潮がありました。

ただ、何が原因か分からない風潮っていうのは、多分子どものせいではないんですよね。

良く調べないと分からないですが、歴史的な背景とかもあるかと思います。
「小間使い」的イメージがあったのかもしれません。

今はどうなんでしょうか。
さすがにそんなことすら知らない子どもばかりになっていれば良いですね。

初めてお部屋を拝見しましたが、神功小学校ではいつ頃まで住み込みで用務員さんが常駐されていたのか、とか、
そういうとこらへんも興味が湧きます。








by iidacamera | 2022-06-29 08:00 | 神功小学校 | Comments(2)
Commented at 2022-07-04 04:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iidacamera at 2022-07-06 09:47
> 鍵コメ様

少なくとも、僕が小学生の頃はすでにほとんどの先生方は用務員さんに敬意を払われていたように感じます。
多分、なくてはならない存在であるといちばん実感される立場だったからではないでしょうか。
自宅と連絡が取れず、鍵が開けられず、家に帰れないような子どもが一時的に用務員室で、
炬燵に入らせてもらって家の人のお迎えを待っていたことなども聞いたことがあります。

どちらかというと、用務員という職業の成り立ちにあるのかもしれませんね。
少し調べるといろいろと出てきますが、専門的に調べるにはちゃんと時間が必要かと思われます。

今は用務員さんたちも外部委託が多かったり、住み込みはほとんどなくなったり、呼び方も変わったり、
いろいろと意識改革があるようで、多分、ですが、子供達はこういった過去をあまり知らないと思います。
名前
URL
削除用パスワード