人気ブログランキング | 話題のタグを見る

デーライトなスナップ

A tiny piece of Japan #26

A tiny piece of Japan #26_f0167977_15463956.jpg


A tiny piece of Japan #26_f0167977_15463806.jpg


A tiny piece of Japan #26_f0167977_15463741.jpg


奈良市押熊町

数年前まで僕がかっこいいと思う写真は、
・おもしろい建築物や壁にかっこよく人物が配置されたストリートスナップ
・ごちゃごちゃっとした街並みと人のスナップ
・太陽の位置が低めになってきた時間のコントラスト

だったはずなんですが、そういうのって結局自分の中に刷り込まれた「かっこいい写真」のイメージなのかもしれません。


突き詰めて写真をやっていくと、自分の性格が露呈するような気がします。

「かっこいい写真」なんかどうでもよくなってきて、とにかく自分の中に引っ掛かりのある風景だけを撮影するようになると、
「この写真は誰にも何も感じさせないのかもしれない」って気づいていても、撮影がやめられなくなります。
SNSでも反応がなくて、ブログも不人気で、それでもただただ自分の好きな写真だけに注力してしまって、
端から見ると全然意味がないように見えてしまいます。

それって結局自分が元々持っている、おれが好きにやってるだけやからどうでもええやんか、っていう自己完結の性根が、
透けて見えるように思います。


ちなみに先日少し触れた音楽についても、実はウクレレでTAB譜を見ながらなら、一度サンプルで音源を聴くと、
難易度の高い曲以外はだいたいすぐに弾ける、くらいには指が動くようになってますが、それも誰かに見せたいとかより、
なんだか弾きたくてたまらないから弾いて、音が聴けたら満足、で終わります。

なんというか、かなり内向きな性格なようです。社交的な割に。
そういや若い頃音楽を始めた理由も、「モテたいから」ってみんなが言うメジャーな理由が微塵もなく、
「音楽が好きで、何か自分でも弾けるようになりたかったから」っていう、恥ずかしいくらい純粋なものでした。

大学の時とか、それだとただの「おもしろくないやつ」で終わりそうで、わざわざ嘘ついて、「モテたいから」、
って言ってました。

もちろんそういう性格で良いとは思ってなくて、いずれ何かの形では写真をちゃんと昇華できたら、とかも思うんですが、
ブログに上げてる時点である程度終わってしまうんですよね。
困ったもんです。










by iidacamera | 2022-06-11 17:00 | A tiny piece of | Comments(2)
Commented by bonyaly at 2022-06-12 01:22 x
最近のリラックスした感じの写真いいですね。
カメラもうまくマッチしてるように思えます。

シャッターを切るたびにフィルム代のことが頭の隅をよぎり
感度もISO1600なんていうと荒れて色も狂っちゃうような頃と比べると
厳しい条件でも良い画質で撮れるようになったという意味だけでなく
デジタルになってからはずっと自由な撮り方ができるようになって
型に縛られにくくなったのは良いことだなと思います。

自分はこうだ、とか構えたり
理屈をこねくりまわして写真を撮る必要はなくなって
むしろ縛られた考えで撮るとおかしなことになりがちなんですが
逆に撮ったあとにそれをどうまとめるか(見せるか)
という部分は以前よりもしっかり考える必要があるのかなとは思います。

僕の場合、撮ったあとで自分自身のことに気付かされて
ドキッとすることもしばしばで
撮ったままなかなか人に見せられない写真が
山のように溜まってしまっています(^_^;)
Commented by iidacamera at 2022-06-13 00:21
> bonyalyさん

不思議ですよね。
大きいカメラを使う方が何かリラックスしてる感じはあります。
もちろん被写体に対しても割り切りができて無理しなくなったということもあります。

中判カメラで感材費を考えず、iso6400使っても少しノイズ消せば気軽に等倍でも見れるような時代、
本当にいろんな撮影方法が試せてすごく良いですよね。
その中でわざと何かに縛られに行くのも面白いですが。

僕の場合は写真をたくさん撮って、その中で本音で撮ったようなものが溜まっていくうちに、
自分の性格が見えてくるようで少し恥ずかしいような、嫌になるようなタイミングがあります。
名前
URL
削除用パスワード