デーライトなスナップ

梅田から本町まで#3

f0167977_13463564.jpg



f0167977_13463539.jpg



f0167977_13463650.jpg



f0167977_13463599.jpg



タムロンのA036は、安くてほどほどに写る、っていう評価やけど、別に安くないと思う。
最近のメーカー最高級のズームがめちゃくちゃ高いので比較すると安いってだけ。

開放からα7RⅢでもきっちりピント面がシャープで、柔らかめの描写。
AFもほどほど。
使いやすい。

だから、昔のサードパーティ製の標準ズームなんかと比べて値段が上がってるの仕方ない。

レンズ交換式フルサイズカメラは全体的にレンズが高価格になってきてて、逆に要・不要がはっきりしてきた。

今後ソニーで揃えていくと仮定して、レンズラインナップを考えると、
2.8通しズームはタムロンから発売されるのを待って、それまではキヤノンレンズをアダプター経由。
AFの速さが求められるような記録撮影では、中古でF4通しの純正ズームでも買っておけば、
まあまあなんとかなりそう。

一眼レフで重たいシステムは懲り懲りなので、仕事でもコンパクトで済ましたいなぁって、
もう20年近くこの仕事に携わりながら思ってます。

先日の記録撮影でのズーム三本とクリップオン2灯とボディ2台を持ったまま5時間ほどウロウロ、
ってのが久しぶりに体に来て、一眼レフって重いなぁって今更ブツブツ言ってます。

最近各社から発表されたミラーレスも全部軽量化よりは画質面でのメリットを優先したように見えるし、
わりと歓迎するようなコメントが多かったように思うけど、皆さん本当に重くても大丈夫なんでしょうか。

僕は重いカメラはプライベートでは多分使わないと思います。

ちゃんと目的がある時は重いカメラも良いんですけどね。








by iidacamera | 2018-10-03 06:00 | 日々 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード