デーライトなスナップ

写真とカメラ

f0167977_10101535.jpg



f0167977_10101657.jpg



f0167977_10101653.jpg



f0167977_10101518.jpg



あまり詳しくは書けませんがとてもありがたい縁があって、嫁さんが以前お世話になっていた方から仕事をいただけた。
自分も年数回お世話になってた会社で、嫁さんがその方の元を離れて別の場所で働くようになってからも、
ウチにお仕事をいただけるというのは正直、感動すら覚えます。

で、昨日はその仕事のロケハンでソニーのカメラを持ち込んだ。

以前にも書いたかもしれん内容で、仕事とカメラの話なので、興味ある方だけどうぞ。






広告系のカメラマンと一口にいっても、日本の中心で働かれているごく一部の著名カメラマンを除いて、ほとんどの人が、
ウチのように雑多なジャンルの仕事で生活してると思う。

うちで言うと、建築、料理、ポートレート、式典などの記録、商品撮影が多い。

今の世の中、カメラ好きの方々は口をそろえてミラーレスが最先端でこれから主流になるシステム、って言ってる。

著名なカメラマンの方々は撮影ジャンルに特化されてる方が多いので、ジャンルによっては、
正直ミラーレスでも何にも困らなくなってる。

昨日ロケハンしながらやっぱり微妙やなぁって思ったのは、風景+人物、とか、複数人をまとめて撮影する、っていう時、
要は、ファインダーのサイズに対して人物の顔が小さい時、人物の表情がα7RⅢのファインダーでは表情まで読み取れなかった。
拡大して一人一人の表情をチェックする時間なんかもちろんないです。

人物撮影では最初にF値は決めてしまうので、太陽が雲に入ったらSSを変えて撮影を続けたい訳やけど、
ダイヤルをいじった後少し遅れてSSの表示が変わるので、シャッターのタイミングも必然的に遅れる。
これは式典とかステージの撮影ではけっこうイライラするポイント。

電源を入れてから撮影まで少し待たされるのも場合によってはジワッとイライラする。

仕事で撮影をしてる人で、特にスタジオアシスタント経験を経てる人って、かなり操作がせっかちな人が多い。
体で操作を覚える、っていう人が多いので。

何が言いたいかというと、現状こんな感じでは、スチール撮影でメインのカメラをミラーレスに据えるのは、
まだまだ冒険な感じがする。

あと、iPadやiPhoneとの親和性まで考えると、以前はキヤノンは好きじゃなかったけど、最近はキヤノンで良かった、
って思うことが多いです。
すごく仕事が楽やねんなぁ。

長文になってきたので終わります。

とりあえずミラーレスこんなもんで大丈夫か、って言いたかっただけです。





by iidacamera | 2018-07-10 10:37 | 機材 | Comments(2)
Commented by koppel055 at 2018-07-10 13:44
EVFの見え具合と実用性って、昔のコンデジの普及速度と似ている気がしています。

1995年にカシオがQV-10を出したとき、素子の画素数は320×240ピクセルしかありませんでした。
1996年にフジやリコーがVGA解像度(640×480)のコンデジを出して注目されましたが、実用性はまだなく。その後、オリンパスがキャメディアC-800LというXGA(1024×768)機を出して、ようやくL版プリントなら耐えられるかも、というレベルに。

でも、コンデジがコンパクトカメラの代わりになるかもと思い始めたのは、1999年のキャメディアC-2000ZとニコンのCOOLPIX950じゃないかと思います。1600×1200ピクセルのCCDを採用し、2Lサイズのプリントも可能な解像度と、絞り優先など機能が豊富になったことでしょう。

EVFも1024×768ベースのE-M1MarkIIとかDMC-GX8とかではやはり無理があります。
確かエプソンが1600×1200ピクセルのEVFをサンプル出荷しているはずなので、もうそろそろそのEVFを装備したミラーレスが出るかもしれません。

もう1つの課題は操作やEVF表示のタイムラグ感なんでしょうね。電子デバイスの宿命のような気もします。高速化すると消費電力が増え、エコ制御すると人間のストレスが溜まる。

私は既にすぼらになって人の撮影でも秒10コマ連写に逃げていますが、後で写真の整理が大変になるだけなので、やっぱりシャッターチャンスを自分で掴む練習しないとダメなんでしょうね。
Commented by iidacamera at 2018-07-10 14:58
> koppel055さん

もちろんカメラに合わせた柔軟な撮り方も必要だと思います。
例えば、人物撮影はファインダーである程度構図を決めたら、
後は背面液晶で構図の確認だけしながら、コミュニケーションを取りながら、
覗かずに撮影する、っていうのも手段ではありますよね。

それでもやっぱり、それだけじゃ済まないことも多くて、
もっともっと高いレベルを目指してほしいもんやなぁって思ってます。
消費電力とのせめぎ合いも分かるんですが。

プライベートだと待てるんですが、仕事では待てないんですよね~。
名前
URL
削除用パスワード