デーライトなスナップ

飯田徹写真事務所ホームページ


ホームページはこちらからご覧ください。

飯田徹写真事務所
https://www.iidacamera.com/








# by iidacamera | 2019-12-31 23:59 | ホームページ | Comments(4)

動画制作事例です





奈良県の吉野町でコンフィチュール作家として活動されている、東史さんの動画です。
飯田徹写真事務所の制作事例として紹介させていただけることになりました。

コンフィチュールフミ様、ご協力ありがとうございます。

うちでこういうことができるんやなぁ、っていう印象が皆様に少しでも残れば、
と思っております。

動画作成でのご相談も受け付けておりますので、よろしくお願いします。





# by iidacamera | 2019-12-31 23:59 | お知らせ | Comments(4)

Godox AD200

f0167977_10562408.jpg

f0167977_10562435.jpg



半年以上買い物カートに入れたまま悩み続けたGodox AD200。
3週間ほど前、思い切って購入してから、試行錯誤の繰り返しになってる。

原因は単純にセッティングの問題。



このライト、いろんな方の参考になるレビューがたくさん合って、購入前から散々熟読させてもらってたけど、
案外ネガな情報が少なかったせいで、ここまで設置に苦労するやつやと思ってなかった。

何故かボーエンスマウントアダプターが普通のクリップオンストロボ用やと入らへんから、
加工しました、っていう情報は多かった。

なんでマウントアダプター加工の話がよく乗ってるんやろう、そもそもアンブレラホルダー付いてるやん、
ってずっと不思議やったけど、原因わかりました。

自重がまあまああるせいで、最初から付属してるねじ込み式のアンブレラホルダーがめちゃくちゃきつく締めても、
ライトスタンドに設置してしばらくするとクルッと回って緩みます。

現場でなんでかヘッドの向きが変わってるなぁって思って調べたら、その度に緩んでました。
危なすぎ。


自宅にクリップオン用ボーエンスマウントアダプターはある。
でも加工してしまうのはキヤノン用のクリップオンに使いにくくなるので嫌。

で、試しにNEEWERのこの下からも締め込めるタイプのネジを買ってみた。

f0167977_10562462.jpg

手が痛くなるくらいギューギュー締め込んで、自宅で設置してテスト。

やっぱりクルッと回って、緩んでしまう。
これはナシでした。



で、結局5000円かけて、
f0167977_10562461.jpg


ヘッド部分を離せるグッズ。

ここに至るまで1週間くらいかかった。

f0167977_10562484.jpg

f0167977_10562370.jpg

クランプとダボでスタンドにバッテリー部をつけられるのでウェイトになって、重心が下げらる。
ロケではこの設置の仕方が一番安定する。


ただ、この設置やと今度は線で延長してしまってる分、1/3段から半段ほど光量が下がってるっぽい。
最大200wsってこと考えるとちょっとでも大きい光量が欲しいことってのはあるかもしれません。

ということで、結局AD200対応のボーエンスマウントアダプターが沖縄のオムニバスという機材屋さんで販売されてて、
それを取り寄せ中。
ソフトボックスとかディフューザー付きの傘とかをきっちりつけられないのも気になってました。

この数週間でやたらと拡張してしまいました。


少し値段が上がってもいいので、ヘッドをスタンドに固定する方法は見直して欲しい。


肝心のライトとしての性能ですが、非常に扱いやすいです。
チャージ早い、光量もロケではまあまあ足りる。
無線でしか使わないので取り回しが楽。

追加でストロボが欲しい場合は手持ちのモノブロックを置いてシンクロさせられるし。
これが何故かキヤノンの600EXではできず、不便な思いをしてた。

プライベートで使ってたTT350sと合わせて多灯ライティンングが可能なので、ソニー機でもちゃんとしたロケができる。
TT350sは電池2本でチャージもそれほど早くない安物やけど、AD200の補助には十分。

この機材探してる人のほとんどはご存知かと思いますが、H200Rというヘッドもあって、今はそれがメインになってます。
直トレよりさらにちょっと光が柔らかくなるような効果があって、時間がなくて傘一本でライティングするときなんか、
このヘッドと傘だけで結構柔らかく回せて感心しました。
電源オンにすると、めちゃくちゃうっすらモデリングも点いてくれます。(笑)

なので、トータルではどうかというと、結構お気に入りの機材になりました。

自分と同じように迷ってる方がおられたら、買ってみることをお勧めします。
ちょこちょこ使い方に工夫が必要ではありますが。

そのうちもう一灯欲しいなぁって思ってます。





# by iidacamera | 2018-12-11 11:46 | 機材 | Comments(0)