デーライトなスナップ

タグ:X-Pro2 ( 5 ) タグの人気記事

日常の澱#18

みんなそうかもしれんけど、自分はなかなか満足するってことを覚えんようで、仕事の写真が忙しくなって、
繁忙期の今、てんてこ舞いを繰り返してるうちにプライベート用の写真を撮る時間がなくなってくると、
どうにかそっちでも写真を撮りたくてウズウズしてくる。


f0167977_22465509.jpg

f0167977_22465526.jpg

f0167977_22465516.jpg

特にX-Pro2は、10年近く使ったM4-Pを手放した後、どうしてもブライトフレームで写真を撮りたくて無理して買ったので、
自分の写真以外では使わんって決めてて、カメラ自体にはこれ以上ないくらい満足できてるけど、プライベート写真のウズウズが満たされず、
何か消化しきれてない写真が仕事や出張の合間にちょこちょこと撮影されてて、データを保存して開いてみると、それはそれで面白かったり。


f0167977_22465632.jpg


f0167977_22465468.jpg

f0167977_22571929.jpg

f0167977_22571912.jpg

f0167977_22571860.jpg

はっきりした目的や意図を持った写真を撮るっていう行為は、毎日の仕事の中でもう十二分にやらせてもらってるので、
だからプライベートでは何か説明のできないことをやりたくなるのかなぁって自分なりに解釈してた。
プライベートの写真は仕事の写真の副産物のようなものかなぁって。

まあどっちでもいい話やし、どうも副産物ってだけではなくて、こっちが自分の中心に感じることもあるけど。


f0167977_23040877.jpg


f0167977_23040727.jpg

一つ言えるのは、ブライトフレームが表示されるファインダーのカメラって普段より攻撃的になりがちのように思う。
写真への欲求は高まるばかりです。

これが仕事をいっぱいもらえてるからこそ湧き出る欲求であって、繁忙期が終わって仕事が激減するかもしれんし、
その時に同じモチベーションを維持できてるかというと、微妙やったり。
やっぱり仕事で写真を撮らせてもらえてるからこそ、っていうのはでかいと思う。

とにかく5月は仕事もプライベートもさらにたくさん写真を撮りたいと思っております。








by iidacamera | 2017-04-22 23:11 | 日常の澱 | Comments(0)

プライベートな写真

f0167977_10370927.jpg

f0167977_10370949.jpg

f0167977_10370911.jpg

毎年この時期は繁忙期で、ありがたいことに今年も充実した毎日を送らせていただいてます。

で、先日の東京出張、クライアントで大学の同期のY口君がやっぱり東京出張でタイミングが合ったので、
東京在住の大学の同期女子、Yっちを飲みに誘ってみた。

途中から、翌日の自分の撮影に立ち会ってくれるD社のSさん(Y口君の後輩)も合流して、よく分からんけどすごい楽しい、
そして話したことをだいたい忘れてしまっている飲み会になった。

いちばん失敗したのは、Yっちと写真を撮るのを忘れてたこと。

って思ってたら昨日の晩Yっちから、Sさんにスマホで撮ってもらった写真が送られてきた。
すごくプライベートな自分の大事な写真なので、アップしようと思ったけどやっぱりやめました。

自分の身の回りの事はあんまり気にせずなんでもアップしてたけど、たまにはそういう写真もたまにはあるってことで。





by iidacamera | 2017-03-30 10:47 | 日々 | Comments(4)

或る光景#47

f0167977_16072116.jpg

f0167977_16072188.jpg

f0167977_16072274.jpg

f0167977_16072287.jpg

f0167977_16072125.jpg


f0167977_16072015.jpg


ミラーレスでは撮影のテンポがああだこうだ、って言い続けてたけど、テンポが悪く感じる原因が、
普段業務でレフ機ばっかり使ってるせいで、EVFがしんどくなる、っていうのはさんざん書いてきたし、
これ以上言っても嫌味かもしれん。

X-Pro2を使ってみて、想像以上にAF周りが初号機よりよくなってるせいで、OVFがめちゃくちゃ実用的で、
背面液晶もEVFも使わずOVFだけでスナップしてみてるけど、フィルムライカ以来、めちゃくちゃ軽快。
X-Pro1でメーカーがやりたいことをイマイチ消化できてなかったように思うけど、今回はだいぶ練り込まれたというか、
ようやくやりたかったことを表現できたのでは、って思う。

一眼レフでファインダーにボーっと浮かび上がってくる像も好きやけど、やっぱりブライトフレームでザクザク撮る、
っていうのは一種のスポーツのような快感があるなぁ。
いちばん好きな撮影方法であることは間違いない。

あまりにもこういうファインダーがマイナーになり過ぎたせいで、最近はネット上で、このOVFのメリットは何か、
とか、結局EVFだけになってしまう、とかっていう話が多く上がってるけど、その辺が分からないなら、
ウカツにこういうカメラに手を出さん方が無難な気がする。

変なファインダーが付いただけで、やたら高いカメラなのに見た目に騙された、って思う人も結構いそう。

まあ、ちゃんと使えるEVFもあるし、いろんな用途に対応できるように作られてるのも魅力なのかも、とも思うけど。

とにかく、こういう少数派がどうしても使いたいカメラを作り続けてブラッシュアップも続けてくれているフジフィルムには、
本当に感謝です。





by iidacamera | 2017-03-16 16:58 | 或る光景 | Comments(2)

観光地を撮ること

f0167977_13224849.jpg

f0167977_13224873.jpg


f0167977_13224850.jpg


f0167977_13224648.jpg


f0167977_13224645.jpg

f0167977_13224740.jpg

f0167977_13224744.jpg


独立したころよく撮影に行っていた奈良の観光地の中心になっているエリアは、独立後5年も経つと、
「なんか撮らされてる気になる」、「観光地を撮るのはなんかカッコ悪い」、っていう意識が芽生えたせいで、
撮っていても楽しくない場所になってしまった。

昨日税務署に行ったついでに、かなり奈良公園や近鉄奈良駅付近を歩いてみたけど、やっぱりつまらなくなってしまった。

単に意識の問題やと思う。

それでも撮れなくなってしまうのが写真の面白いところのようにも思える。

何を撮りたいか、っていうのは、自分がどうありたいか、っていうことと似てるなぁって柄にもなく真面目な考え事をしながら、
あんまりシャッターは切らずにボチボチウォーキングだけして車に戻って、しばらくはこのあたりは撮りに来るのはやめとこう、
って決意して終了。

このブログのオチもなし。
ただただ真面目な一日でした。






by iidacamera | 2017-03-15 13:35 | 日々 | Comments(2)

異常なし




f0167977_10503619.jpg


f0167977_10503635.jpg


f0167977_10503562.jpg


先日、FB上で気軽に病院に行った、って書いたら思いのほかお気遣いいただいてしまって、申し訳ありませんでした。
別に大したことじゃないと思ってたんですが、検査結果は「健康」でした。

検便結果は何も出なかったせいで、デリカシーのないかかりつけのお医者さんに、
「ちゃんとウ○コホジホジしたんか」、
って言われてしまいました。

ちなみにその先生、写真の方もかなりのベテランで、プリントまで含めてかなり手間をかけてきっちり仕上げるような、
どっぷり写真好きな方で、デリカシーはなくても良い写真は撮れる、ということを証明してくれてます。

とにかく、お騒がせして申し訳ありませんでした。





by iidacamera | 2017-03-13 11:15 | 日々 | Comments(2)