デーライトなスナップ

タグ:X-Pro2 ( 13 ) タグの人気記事

足跡#66

f0167977_14200867.jpg

f0167977_14200874.jpg

自宅前の公園で土曜日少し娘と遊んだけど、もう赤ちゃんの頃の面影がどんどん薄れて思い出せなくなるくらい、
動きが子どもらしくなってきた。

子どもを見てるとつくづく面白いなぁって思うけど、体が動かせて、できることが増えていくのが楽しくて仕方ないみたい。
虫や花を見て知識がどんどん増えていくのも楽しくて仕方ないみたいやし、目に見えて成長していくのが寂しいけど面白い。

親の会話に上手に割り込んだり、子育て初体験ですが、子どもってすごいなぁって思ってます。





by iidacamera | 2017-06-12 14:26 | 足跡 | Comments(0)

或る光景#51

f0167977_10450601.jpg


f0167977_10450679.jpg


f0167977_10450602.jpg







by iidacamera | 2017-06-11 07:00 | 或る光景 | Comments(0)

或る光景#50

f0167977_01362457.jpg


6月10日、40歳になる。
うちは実家が近く、姉も近所に住んでて、みんなで誕生日を口実に集まって美味しいものを食べる、っていう行事があって、
最近、特に子どもができてからは、この習慣のおかげでなんとなく自分の誕生日を意識できてるけど、ほっとくと、
ほんまに忘れてしまうことも増えてきた。

今回も周囲が「もうすぐやね~」って言ってくれるので、一週間前くらいから意識できたけど、なんか危なっかしい。
40歳はいろいろと考えるで~、って諸先輩方からは言われてたのに、特に何の感慨もない。

こんなもんかもしれませんね。
太って、体力が少しずつ低下して、白髪が増えたくらいやもんな。










by iidacamera | 2017-06-10 07:30 | 或る光景 | Comments(4)

理由#4

f0167977_00481748.jpg

久しぶりに奈良の街中を歩きたくなって、昼までで仕事を済ませてブラブラ。
まともに歩き回るのは3年ぶりくらいで、思いのほか楽しくなってしつこく撮りまわっていたら、足を引き摺ってる、
自分の母親より少し年齢が上と思われるおばあちゃんに、「兄ちゃんどこから来たん?」って急に声をかけられた。

自分の自宅のおおよその場所を言って、
「おばちゃんも写真に写り込むように撮ってたけど、気持ち悪かったですか?それなら謝ります。」
って言ったら、
「ちゃうねん、私も街中で写真撮るの好きやねん。」
っていう予想外の返事。
「いつか個展するなら呼んでや。私はこの足やし、もうあんまり撮ってないからうらやましいわ。体大事に頑張ってや。」

お礼を言って別れたけど、心の中では、個展やる予定ぜんぜんないけど、とりあえず頑張ろう、って決意。
あと、なんとかして体重を減らそうって決意も軽く。(笑)

健康を保てたとして、元気に撮って歩けるのはたぶん後30数年。

写真を撮る理由は今はもうなんでも良くなってしまって、とにかく自分の気持ちに正直に撮り続けてみようかと思います。
この「理由」ってタイトルでの記事はこれで最後にしようかと思います。










by iidacamera | 2017-06-09 07:30 | 理由 | Comments(2)

近況報告です

f0167977_14322536.jpg

f0167977_14322514.jpg



f0167977_14322526.jpg


前回の更新から2週間ほど時間が経ってしまいました。
こんなブログでも見てくださってる方がいらっしゃるようで、最近どうしたんですか~、的なことを言われることもあるので、
ネタが全然ないんですが、とりあえずアップします。


写真のネタはないんですが、プライベートではいろいろとバタバタしておりました。

先週末あたりで春からの撮影ラッシュに一応区切りがついたような形で、ここから先の予定は、ダラダラ、のんびり、
ちょいちょいいただけてる撮影でなんとか、って感じが秋まで続く予定です。

で、ちょうどいったん撮影が途切れる最後の日、父が大きな手術をしました。
その日は吹田で早朝・昼・夕方の3回に分けて撮影があったので、合間に谷四の父の入院先へ行ったり来たり。
そちらは無事終了して、父は現在リハビリしながら、「D7200と16-80を買うことに決めた」って、
普段レンズ一本買うのに4年くらい迷うくせに、今回の手術がかなり堪えたようで、現状手にいれられる、
いちばん良いやつを買う、ってことで落ち着いたようです。

その前に一眼レフが振り回せるくらいまで早く回復してほしいもんですが。

f0167977_14322481.jpg
娘は3歳が目前に迫ってきていて、ますます絶好調。わがままに育っております。
じいちゃんがひと月以上入院することになって、帰宅しても遊び相手がいないのが不満なのか、保育園から帰りたがらない、
まさかの展開で親が戸惑ってます。

ジワジワ子ども同士のコミュニケーションが増えてきてるのと、保育園に最後まで残って友達と遊んでるのが案外楽しいようです。
友達が家に初めて遊びに来たりもあって、めちゃくちゃ喜んでました。

自分自身は、普段は繁忙期が終わって時間ができると、あれもこれも欲しい病にかかっていたんですが、今年は全く物欲もなく、
娘と見てみたい昔のアニメ映画を中古で数百円で購入して嫁に自慢したり、っていうしょうもない日々です。
カメラやレンズもX-Pro2の購入でどうでもよくなってしまった面があって、明るいレンズはそのうち欲しいかな、
でも余裕ないし先々の話でいいや、って気分でカメラやレンズのレビューサイトもここ数か月で全然見なくなってしまいました。

写真も撮りに行くつもりはあるんですが、いまの間に自宅の事務所部屋の掃除や父の見舞いなんかでバタバタしてたら、
5月が終わりかけてることに気づいたくらいで、今のところ何にもしてません。

ということで、これから少しずつ時間が余って来そうな予感なので、落ち着いたら撮りに出かける日々も復活する予定です。

別にブログ止めたりしてませんので、引き続きよろしくお願いします。








by iidacamera | 2017-05-25 15:04 | 日々 | Comments(0)

デジタル、アナログ

f0167977_10463804.jpg


f0167977_10463785.jpg


普段あまり真面目にJPGを使わないので、フジのグレインエフェクトって試したことすらなかったので、
クラシッククロームや普通のBWにグレインエフェクトを加えたものをカスタム登録してみた。

なんか普通にアドビのソフトでノイズを加えたやつと、個人的には等倍で比較しない限りはあんまり分からんなぁって思った。
もちろん上の写真は自分がテストしたかったので、わりと分かりやすいように撮ってます。

ただそれだけの話なんですが。


フィルムで培ってきた技術がデジタルでも活かされてるっていうのは、フジフィルムの売りではあるんやと思うし、
実際その通りのこともたくさんあると思う。

ただ、デジタルで写真を撮った結果は、やっぱりフィルムで撮ったあの粒状感とは違うし、そもそも中判以上のフィルムで、
撮影がちゃんとできてるネガとかポジの、あのきめ細やかな美しさはやっぱりフルサイズ以下のデジタルカメラでは、
どうしても感覚的に共有できるものがない。

ちなみに自分で中判デジタルを使って撮影をした経験はないので、そっちがどういう感覚で仕上げられるのかは分かりません。

だから良いとか悪いとか言ってるのではなくて、デジタルはデジタルでものすごく美しい画が得られるカメラやレンズがあって、
その美しさはフィルムとは方向性が違うように感じるけど、それでいいんじゃないか、ってこと。

なので、フジフィルムのフィルムシミュレーションっていうのも、フィルムを使ってるような感覚には全くなれんけど、
それはそれで楽しいのでJPGをそのまま使えることも多いかなぁって思う。


昨晩深夜まで撮影していた竣工写真がなかなかの画像加工祭り状態なので、なんとなくデジタル感を満喫しすぎて、
普段あまり考えないことに思いを馳せてしまいました。


※一枚目の写真の格子状の模様のようなものは、網戸です。(笑)


by iidacamera | 2017-05-13 11:04 | 日々 | Comments(2)

ある光景#48

f0167977_22014156.jpg

f0167977_22014199.jpg

f0167977_22014259.jpg

ロタから復活して、保育園に娘が行き始めると再び自分もバタバタ。
そうは言っても、繁忙期もそろそろ終わりが見えてきてるので、目一杯働きたくて仕方ないし、
自営業者で生活のことを考えると、本当は休みなんか欲しくないけど、やっぱり来週後半あたりから、
ゆるゆるとしたペースに変わって行きそうで、めちゃめちゃ忙しかったのに暇な時期に怯えております。
やっぱり一度痛い目に合っていると、心構えが違います。
いや、以前以上にビビりになっているというか。
自営業の家庭持ちには仕事が凪ぐっていう状態は、心理的な病気にかかってもおかしくないくらい怖いです。

ただ、自分の仕事はビビっててもしょうがない面もあって、またどこかにプライベートで撮りに行く予定です。

f0167977_22014211.jpg

そもそもこんな写真ばっかり、どこでも撮れるのかもしれませんが。
やっぱり違う土地の空気を感じたい、っていう、単に旅好きなのかも。


ちなみに今回の写真は京都の丹波橋駅近辺へ撮影に行った合間に、少し時間があったので。






by iidacamera | 2017-05-09 22:17 | 或る光景 | Comments(0)

この2台

カメラ話です。

最近、カメラメーカーが苦戦しているのはユーザーから見ても一目瞭然やけど、個人的には写真目的としてのカメラ、
っていうのはもうとっくに十分すぎるほどに進化していて、今のカメラのほとんどは自分にとっては、
あんまり興味のない方向に進化し始めている。

だからと言って別にそれがあかん訳じゃないし業界としては絶対に必要なことやってわかってるけど、
写真のことを考えるともういいかなぁって思う。
f0167977_12550581.jpg

どうしても写真を撮りたくなるカメラって何かって考えると、一台はこれかなぁって思う。

今時のスペックに照らし合わせると、ポンコツと言われてしまうかもしれんけど、自分の要求は最低限満たしてくれてる。
一眼レフとしては軽くて、パンケーキレンズとセットや子どもの面倒見ながら歩いてたりがぜんぜん苦痛じゃない。
MFレンズを付けて撮影するのもファインダーを交換してしまえば申し分ない。
しょうもないストロボもついてないので、継ぎ目がなくてデザインも好き。

削ぎ落として無駄がないものがいい訳じゃないと思うけど、個人的にはこれで十分。
後継機がミラーレスになるかもって思うけど、上のクラスのカメラのことも考えるとそれも仕方ないかも。
ただ、どうせならこのモデル、10年くらい販売され続けたら面白いと思う。






もう一台はプライベートでM4−Pを手放した時に、デジタルで代わりに使うなら、って思って買った、X-Pro2。


f0167977_12550485.jpg

f0167977_12550467.jpg

f0167977_12550340.jpg

f0167977_12550230.jpg

f0167977_12550225.jpg

f0167977_12550246.jpg

f0167977_12550103.jpg

f0167977_12550440.jpg

久しぶりに仕事の方がめちゃくちゃ忙しくなってなかなか自分の写真が撮れない中、無理やり出張にも持ち出してたら、
後生大事にボディケースなんか付けてるくせに、酔っ払ってカメラをレンズと一緒にバッグに入れてしまって、
レンズフードがボディと擦れて背面モニター横に傷を入れてしまった。(泣)
なんとなく大事にしてる感を演出したくて、タッチペンでキズ隠しをしたら余計に目立ってる。


OVF8割、OVF+EVFの小窓1割、あとは背面液晶かEVF単体。
でもほとんどOVFだけでやってる。
AFが早いので、とにかく大まかにザクザクスナップする感覚は、背面液晶で撮れた写真を確認するのすら面倒になるくらい。
テンポが良いので、本当にあんまり撮れた写真を確認しなくなってしまった。


X-Pro1の時に撮影テンポが悪くて手放してしまったけど、次機種に期待かなぁって偉そうなことをブログで書いたけど、
富士フィルムにはすごく感謝してる。

こういうのは多分大多数の人が求めてないと思われるのに、ボディを大きくしてまで複雑な構成とギミックの、
マニアックなファインダーを生み出してくれて、しかも2世代も販売してくれてるってことだけでも大変なことやと思う。

最初に書いた各メーカーの方向性とは違う、唯一無二のものを作り続けてくれるよう、これからも頑張って欲しいです。
もしこれでこのファインダーのカメラは終わり、ってことなら早めに言っていただけると、もう一台購入して、
おじいさんになるまで大事に使おうと思います。(笑)



ロタウィルスで倒れて、現在治りかけの娘が寝ている横で、少し罪悪感を感じながら久しぶりのカメラ話でした。





by iidacamera | 2017-05-02 13:32 | 機材 | Comments(2)

日常の澱#18

みんなそうかもしれんけど、自分はなかなか満足するってことを覚えんようで、仕事の写真が忙しくなって、
繁忙期の今、てんてこ舞いを繰り返してるうちにプライベート用の写真を撮る時間がなくなってくると、
どうにかそっちでも写真を撮りたくてウズウズしてくる。


f0167977_22465509.jpg

f0167977_22465526.jpg

f0167977_22465516.jpg

特にX-Pro2は、10年近く使ったM4-Pを手放した後、どうしてもブライトフレームで写真を撮りたくて無理して買ったので、
自分の写真以外では使わんって決めてて、カメラ自体にはこれ以上ないくらい満足できてるけど、プライベート写真のウズウズが満たされず、
何か消化しきれてない写真が仕事や出張の合間にちょこちょこと撮影されてて、データを保存して開いてみると、それはそれで面白かったり。


f0167977_22465632.jpg


f0167977_22465468.jpg

f0167977_22571929.jpg

f0167977_22571912.jpg

f0167977_22571860.jpg

はっきりした目的や意図を持った写真を撮るっていう行為は、毎日の仕事の中でもう十二分にやらせてもらってるので、
だからプライベートでは何か説明のできないことをやりたくなるのかなぁって自分なりに解釈してた。
プライベートの写真は仕事の写真の副産物のようなものかなぁって。

まあどっちでもいい話やし、どうも副産物ってだけではなくて、こっちが自分の中心に感じることもあるけど。


f0167977_23040877.jpg


f0167977_23040727.jpg

一つ言えるのは、ブライトフレームが表示されるファインダーのカメラって普段より攻撃的になりがちのように思う。
写真への欲求は高まるばかりです。

これが仕事をいっぱいもらえてるからこそ湧き出る欲求であって、繁忙期が終わって仕事が激減するかもしれんし、
その時に同じモチベーションを維持できてるかというと、微妙やったり。
やっぱり仕事で写真を撮らせてもらえてるからこそ、っていうのはでかいと思う。

とにかく5月は仕事もプライベートもさらにたくさん写真を撮りたいと思っております。








by iidacamera | 2017-04-22 23:11 | 日常の澱 | Comments(2)

プライベートな写真

f0167977_10370927.jpg

f0167977_10370949.jpg

f0167977_10370911.jpg

毎年この時期は繁忙期で、ありがたいことに今年も充実した毎日を送らせていただいてます。

で、先日の東京出張、クライアントで大学の同期のY口君がやっぱり東京出張でタイミングが合ったので、
東京在住の大学の同期女子、Yっちを飲みに誘ってみた。

途中から、翌日の自分の撮影に立ち会ってくれるD社のSさん(Y口君の後輩)も合流して、よく分からんけどすごい楽しい、
そして話したことをだいたい忘れてしまっている飲み会になった。

いちばん失敗したのは、Yっちと写真を撮るのを忘れてたこと。

って思ってたら昨日の晩Yっちから、Sさんにスマホで撮ってもらった写真が送られてきた。
すごくプライベートな自分の大事な写真なので、アップしようと思ったけどやっぱりやめました。

自分の身の回りの事はあんまり気にせずなんでもアップしてたけど、たまにはそういう写真もたまにはあるってことで。





by iidacamera | 2017-03-30 10:47 | 日々 | Comments(4)