デーライトなスナップ

タグ:EOS6D ( 119 ) タグの人気記事

足跡#63

f0167977_11202992.jpg

f0167977_11202903.jpg

親父の見舞いで病院へ。
大阪城公園が隣にあるので、さんざん病室でじいちゃんに甘えた娘を帰りに連れて行ってみたら、
どっちがこの日のメインか分からんくらいたっぷり遊んでました。

近所にある大きい公園は、ベッドタウンで若い夫婦と子どもがめちゃくちゃ多いのに、遊具自体は大して大きくないので、
人口密度がすごくて親が遊具についていくのが正直大変。

人が多い大阪の方がこういう大きな公園が遊びやすいなんて、全然知らんかった。
必然的にゴミゴミしていて遊びにくいやろうっていう田舎者の先入観のせいで、大阪を避けてた。

娘が乗りたいというので公園内をぐるぐる回るロードトレインとやらも乗ってみたけど、正直各駅での待ち時間が長すぎて、
暑さで全員グッタリ。

以下はロードトレインから、広角を付けてダラダラ撮ったものです。


f0167977_11203035.jpg

f0167977_11203102.jpg

f0167977_11203043.jpg

f0167977_11203213.jpg

f0167977_11203268.jpg


娘は久しぶりにじいちゃんにも会えて、思いっきり遊べて、かなり充実していたようでした。

こんなベタな公園やのに、一度も来たことがなかったのはもったいなかったなぁって思います。
それぐらい子どもが遊びやすそうでした。









by iidacamera | 2017-05-31 07:00 | 足跡 | Comments(2)

日常の澱#19

f0167977_23133297.jpg

f0167977_23133244.jpg

f0167977_23133378.jpg

f0167977_23133317.jpg

f0167977_23133382.jpg

f0167977_23133462.jpg

f0167977_23133167.jpg

ここひと月以上、忙しい間は6Dは40mmつけっぱなしで撮ったもののバックアップもせず、ロケハンに使った時の写真以外、
カード内にほったらかしのままやった。
その中から。

写真を撮りたい欲求が高まると、X-Pro2の光学ファインダーを使ってめちゃくちゃに撮らなければ、っていう自分の写真にとっての、
義務感みたいなものを抱えながら、まったく逆の、MFレンズを使ってじっくり撮影をしたい欲求が大きくなる。
MFで写りも情緒的なレンズっていうのはいいなぁって思います。

前にも書いたけど、プライベートの撮影ではカメラとレンズと撮影動作に際しての自分の思考以外、こだわるところがないような気がする。
カメラやレンズに対してああだこうだ言いたくなってしまうのは当たりまえなんやろなぁ。
ほんで、それは写真にとってとても大事なことでもあるんやろうなぁ。

だから逆に言うと、ミラーレスが一眼レフを凌駕するとか、一眼レフに大砲レンズなんか付けて撮影しなくても、
おれは高倍率ズームと小さなカメラでもっと良い写真が撮れるぜ~とか、スペックの話とか、自分の使ってるメーカー最高とか、
そういのは写真とは関係ない話やと思う。
人のやってることをいちいち揶揄する必要なんか全然ない。

分かりにくいかもしれんけど、個人的にはカメラを持った人でマナーが悪い人は嫌になることもあるけど、仕事では現役を引退して、
ご自身に可能な範囲で最高と思われるカメラとレンズを揃えられてるご年配の方々を見かけたり、実際に話したりすると、
ずいぶん近道をされましたね、としか思わなかったりする。
何にでも対応できるようにしておけば、後々自分に大事なものが見つかった時にも対応できるし。
投資の仕方が効率的。

自分の撮影方法がマナーを守ってるとも言い切れんので、マナーの話も微妙かも。

話が逸れ始めてるけど、とにかく自身にとって心地いい道具があればそれでいいなぁって思うこの頃です。
6Dにプラナーとかしみじみ良いなぁって思ってしまう、オタクからの意見でした。






by iidacamera | 2017-05-30 07:00 | 日常の澱 | Comments(0)

この2台

カメラ話です。

最近、カメラメーカーが苦戦しているのはユーザーから見ても一目瞭然やけど、個人的には写真目的としてのカメラ、
っていうのはもうとっくに十分すぎるほどに進化していて、今のカメラのほとんどは自分にとっては、
あんまり興味のない方向に進化し始めている。

だからと言って別にそれがあかん訳じゃないし業界としては絶対に必要なことやってわかってるけど、
写真のことを考えるともういいかなぁって思う。
f0167977_12550581.jpg

どうしても写真を撮りたくなるカメラって何かって考えると、一台はこれかなぁって思う。

今時のスペックに照らし合わせると、ポンコツと言われてしまうかもしれんけど、自分の要求は最低限満たしてくれてる。
一眼レフとしては軽くて、パンケーキレンズとセットや子どもの面倒見ながら歩いてたりがぜんぜん苦痛じゃない。
MFレンズを付けて撮影するのもファインダーを交換してしまえば申し分ない。
しょうもないストロボもついてないので、継ぎ目がなくてデザインも好き。

削ぎ落として無駄がないものがいい訳じゃないと思うけど、個人的にはこれで十分。
後継機がミラーレスになるかもって思うけど、上のクラスのカメラのことも考えるとそれも仕方ないかも。
ただ、どうせならこのモデル、10年くらい販売され続けたら面白いと思う。






もう一台はプライベートでM4−Pを手放した時に、デジタルで代わりに使うなら、って思って買った、X-Pro2。


f0167977_12550485.jpg

f0167977_12550467.jpg

f0167977_12550340.jpg

f0167977_12550230.jpg

f0167977_12550225.jpg

f0167977_12550246.jpg

f0167977_12550103.jpg

f0167977_12550440.jpg

久しぶりに仕事の方がめちゃくちゃ忙しくなってなかなか自分の写真が撮れない中、無理やり出張にも持ち出してたら、
後生大事にボディケースなんか付けてるくせに、酔っ払ってカメラをレンズと一緒にバッグに入れてしまって、
レンズフードがボディと擦れて背面モニター横に傷を入れてしまった。(泣)
なんとなく大事にしてる感を演出したくて、タッチペンでキズ隠しをしたら余計に目立ってる。


OVF8割、OVF+EVFの小窓1割、あとは背面液晶かEVF単体。
でもほとんどOVFだけでやってる。
AFが早いので、とにかく大まかにザクザクスナップする感覚は、背面液晶で撮れた写真を確認するのすら面倒になるくらい。
テンポが良いので、本当にあんまり撮れた写真を確認しなくなってしまった。


X-Pro1の時に撮影テンポが悪くて手放してしまったけど、次機種に期待かなぁって偉そうなことをブログで書いたけど、
富士フィルムにはすごく感謝してる。

こういうのは多分大多数の人が求めてないと思われるのに、ボディを大きくしてまで複雑な構成とギミックの、
マニアックなファインダーを生み出してくれて、しかも2世代も販売してくれてるってことだけでも大変なことやと思う。

最初に書いた各メーカーの方向性とは違う、唯一無二のものを作り続けてくれるよう、これからも頑張って欲しいです。
もしこれでこのファインダーのカメラは終わり、ってことなら早めに言っていただけると、もう一台購入して、
おじいさんになるまで大事に使おうと思います。(笑)



ロタウィルスで倒れて、現在治りかけの娘が寝ている横で、少し罪悪感を感じながら久しぶりのカメラ話でした。





by iidacamera | 2017-05-02 13:32 | 機材 | Comments(2)

花見

f0167977_22301958.jpg

自営業者の8割がたが、忙しい忙しい、って言ってるときは実はすごく嬉しかったり自慢げだったりするけど、
御多分に漏れず繁忙期の自分もニヤニヤしながら忙し~って言ってます。

ただ、子どもとか家族との時間っていうのは意識してるわけではないけど、とても大事にしてたりするので、
土・日は撮影が入ってないときは、できるだけみんなで一緒にいるようにしてる。
仕事が溢れてるときは合間を縫ってやる、ってことにしてる。

共働きではあるけど、二人で家事しながら、実家の両親に助けてもらいながら、子ども一人の面倒を見る、
っていうパターンに慣れてきたのかもしれんし、娘が成長してくれてるのもあるかもしれんけど、
忙しい時期でも生活がしんどく感じなくなってきた。

f0167977_22301898.jpg

f0167977_22302008.jpg


娘はこの2週間くらい、急にストライダーに乗るのが上手になってきてて、座って蹴って進む、ができるようになった。


今年は多くの人が自分と同じ気持ちかもしれんけど、雨と週末と満開のタイミングがばっちり重なって、
あんまり満足できる花見はできそうにないですね。寂しい。

昔は桜なんか興味なかったけど、ここ数年はパ~っと派手に咲いてパ~っと派手に散るのがなんとなく節目に思えて、
桜をまともに見る時間がないと、少しがっかりしてしまう。


f0167977_22302065.jpg


なんとか楽しみたいなぁって言って、日曜日、雨が止んだ夕方のタイミングに3人で散歩。
近所もいっぱい咲いてるところはあるので、それなりには楽しめました。
まあ、これ程度で良いんやけど、できれば近所の公園でシートを敷いてお昼ごはん、くらいしたかったかなぁ。


f0167977_22301875.jpg


また来年の楽しみということで。






by iidacamera | 2017-04-10 22:33 | 日々 | Comments(4)

答志島へ③

f0167977_00165528.jpg

f0167977_00165696.jpg

f0167977_00165601.jpg

f0167977_00165697.jpg

f0167977_00165668.jpg

f0167977_00165715.jpg

f0167977_00165770.jpg
f0167977_00165547.jpg

f0167977_00165706.jpg

朝の散策。
今回はほぼ撮りっぱなしのままアップしてます。
作品どうこうとかは考えてないので。

家族抜きで真面目に撮ってみたい場所ではあります。
そして、通りすがりの中学生に100%挨拶されました。
こっちもちゃんとした大人であることを一応アピールするため、4、5人から声をかけられた後は、自分から挨拶。
自分から挨拶するの遅いけど。
あの辺の年頃の子どもたちって、半分大人なのでこちらも空気を読むのが難しいです。

でもカメラ振り回す人間は、やってることは不審でも、人柄は不審ではいけませんね。

EF50mm F1.4も、EF35mm F2 IS USMも、キヤノンの高級じゃないラインの単焦点のわりには個性的で、
とても好みのレンズではあるけど、この朝の写真以外は家族の写真がメインであったこともあって、
正直24-70一本持って行けば事足りたように思う。

業務用途での使用が多すぎてプライベートでは持ち出したくないってことが理由で、標準ズームはなかなか私用で使わんけど、
やっぱり一本予備が欲しいです。

狙いも決まってて、シグマから24-70F2.8が手ぶれ補正付き、簡易防塵防滴仕様で発表されてて、これが標準ズームの予備に、
欲しい条件を満たしててピッタリやと思う。

ということで、今後のお買い物では実はいちばん楽しみにしてるものは、珍しくサードパーティー製レンズでした。






by iidacamera | 2017-03-26 00:29 | | Comments(8)

答志島へ②

f0167977_11581549.jpg

f0167977_11581518.jpg

初日、到着してから寒い中をなんとなく散歩して、風呂に入って、


f0167977_11581512.jpg
旅館でやたら美味い魚料理。

たいてい、ホンマは外の居酒屋とかで食ったほうが旨いやろ、って考えがちやったけど、釣り客の多いこの旅館は、
晩飯が普通においしい魚づくしで満足やった。


f0167977_11581578.jpg

魚観察。

早朝は生きていて水槽に入ってる方の魚観察。
f0167977_11581699.jpg



f0167977_11581454.jpg

この後答志島の散策をした訳やけど、長くなってきたのでまた次回の記事で。


そういやインスタグラムに自分の娘のネタのみ写真を置いておく、ってことを始めてみてます。
特に意味が合ってやってるわけではないんですが。

ブログとの見せ方の違いでいろいろと遊べるなぁと思ったので。








by iidacamera | 2017-03-24 12:12 | | Comments(0)

答志島へ①

3/18・19と一泊で答志島へ。
実家の父母・姉と、ウチの嫁と娘、6人でにぎやかに。

f0167977_23351139.jpg

f0167977_23351169.jpg

鳥羽駅近辺で餅撒きをやってた。


f0167977_23351160.jpg

f0167977_23351204.jpg

f0167977_23351278.jpg

f0167977_23351265.jpg

島では原則、ノーヘル。


f0167977_23351038.jpg

写真そんなにないので、シリーズ的には展開できません。

できるだけ娘を可愛く撮りたいがためになんとかフルサイズ機を持ち歩けんか、旅前に散々試してみて、
結局でかいリュックに家族3人分の着替えを入れた上で持ち運べる、最大限のものとなると、
6D+単焦点2本が限界やった。

まあ最近、自分の写真って35mmと50mmがあればほとんど完結してしまうって認めるようになってるので、
純正単焦点でパチパチやってるのも気軽ではあったけど、情緒はイマイチやったなぁ。


f0167977_23392015.jpg

f0167977_23392606.jpg

キヤノンの50mm f1.4ってけっこう癖があって、カラーやとコッテリした色乗りで、実は好き。

写真もうちょっとだけ続きます。





by iidacamera | 2017-03-23 23:44 | | Comments(0)

土・日

f0167977_11214775.jpg

嫁さんが忙しい時期なので、週末はまったり父ちゃんと過ごすことが多い。
朝から病院に行って、午前中は映画を見ながらダラダラして、昼からじいちゃんと近所の公園で遊んでたら、
保育園の友達に会ったり。

f0167977_11214893.jpg

f0167977_11214840.jpg

f0167977_13052324.jpg
f0167977_11214766.jpg

レンズは建築で全然使わなくなったディスタゴン25mmと同じくお蔵入りしていたプラナーを、子どもの写真では無理かな、
って思いながら最近6Dに付けて動いてみてる。
純正50mmと35mmは再び仕事で使い始めてるので、こっちを持ち出す方が気楽になった、ってだけやけど、
思いのほか、外すこともあるけど、そこそこピントも追っかけられるようで、プライベートはMFでもいいかもなぁって思う。
外しても別にいいし、って気持ちもあるけど。

f0167977_11214604.jpg

お絵かき上手になってきてます。



日曜日は嫁さんもいっしょに、やっぱり近所で遊ぶ。
娘が少しだけ風邪気味に見えたので、遠出はやめた。


f0167977_11252559.jpg

嫁さんにちょっと絞ってプラナー付きのカメラを渡すと、「ピントに気を取られて構図が…」、って呻いてた。
あとで確認するとほとんど外してなくて感心したけど。

f0167977_11252527.jpg

f0167977_11252642.jpg

f0167977_11252507.jpg


日増しに体が強くなってるように見えて、頼もしいです。

ということで、今回はわりと上手いこと娘ネタとレンズネタをミックスしてみました。





by iidacamera | 2017-03-06 11:28 | 日々 | Comments(0)

みんなオタクなんだ(レンズの大きさについて)

f0167977_23113461.jpg

f0167977_23113577.jpg

f0167977_23113554.jpg

フルサイズミラーレス機の標準ズームって、いざ発売されてみると、センサーサイズを考えると、
標準ズームがあの大きさになるのは、当たり前のことだ、って言ってる人はいっぱいいるけど、
絶対に自分と同じように、ああ、こんなに大きくなるんやなぁ、って思った人は多かったはず。
みんな光学的な話を理解してるように言ってるけど、絶対に知ったかぶりの人もおるはず、
って自分を慰めてた。

構造上そういうもの、っていうのは分かるけど、やっぱりガッカリした。
カメラと合わせて使い心地を考えてみて、6Dみたいな低価格路線の一眼レフの方が気持ちいいなあって思って、
開放2.8通しの標準ズームって難しいなぁ、ってつくづく思った。
コンパクトに作れるなら、全体的なレスポンスが多少悪かろうが、電池が激しく消耗していこうが、
ミラーレス機でプライベートはやってたと思う。

プライベートでも業務用の24−70を使いたいけど、仕事外で何かあったら、って思ってついつい控えてしまう。
タムロンA09はやっぱり普段使わんせいか、子どもを撮りたいなぁって思ってカメラに付けてると、
ちょいちょいAFが間に合わんくて、やっぱりいいレンズ使いたいなぁって思ってしまう。
F4通しの24-70はやっぱり硬めの描写がイマイチで2年半ほど使ったけど、手放してしまった。
24-105もどうしても好きになれなくて手放したし、新型も多分買わない。

タムロンの24−70の現行もあんまり芳しくない評判やし。
標準ズームも一本予備が欲しいなぁってずっと思ってるけど、同じ24−70の2型を買うのはしんどい。
でもそれしかないのかなぁって思ったら、やっぱり予算厳しいなぁって思うし。
旧型売らずにとっておけばよかったかなぁ。でもあれ重いしなぁ。

っていうしょうもない悩みでした。

長文の割に、特に言いたいことありませんでした。





by iidacamera | 2017-02-20 00:16 | 日々 | Comments(2)

天理#3

f0167977_11445486.jpg

f0167977_11445440.jpg

f0167977_11445324.jpg

f0167977_11445308.jpg


ちゃんと撮るのはやめてもっと崩してみようってことを数年間やってみて、数年前尼ヶ辻に住んでいたころのスナップを、
ブログ上で見返してみて、当時のトーンがやっぱりきれいやなぁって思って、また写真をちゃんと撮ろうって気持ちになって。
こういうことを何回も繰り返しながら生きてるだけのような気がして、写真のクオリティが上がってるようには思えない。
でも止められない。

写真を撮るって、同じ場所をグルグル回って抜け出せないような気持になる。


昨日の仕事では、時間はタイト、現場は狭くてセットを組み込むのはかなり難しい、っていう条件の中で、
かなり割り切って、写真のぱっと見を良くする方法を選んでみた。
普段は重めの写真を意識することの方が多いけど、そうも言ってられなかったので。

結果は良かったように思う。
ライト1灯でできることはやれた。

仕事では同じ場所をグルグル回ってるような気持ちではダメ、ってことですな。
常に前向き。
周りから煙たがられるくらい前向きで。
なので、一定の人には鬱陶しがられてる可能性大です。





by iidacamera | 2017-02-14 11:57 | 日々 | Comments(0)