デーライトなスナップ

足跡#70

f0167977_04381823.jpg



土曜日、じいちゃんと娘と3人で橿原市の昆虫館に行った。
娘は二度目で朝からめちゃくちゃ楽しみにしてはしゃいでいたわりに、昆虫館に着くと及び腰になって、
ちょうちょでさえちょっと見たら逃げ出して、結局LaQっていうブロックが置いてあるコーナーで、
無機質なもの相手にかなり長時間遊んでた。


f0167977_04381907.jpg
f0167977_04381992.jpg
f0167977_04381879.jpg


いちばん上の昆虫館の写真以外はシグマ35mmアートです。

思うところあって、X-Pro2以外のプライベート機材とキヤノンのシフトレンズと50F1.4以外の単焦点を、
すべて売却してシグマのアート単焦点を2本入れてみました。

恐ろしく現代的なレンズで、開放から強烈に写る。
収差の多い昔のレンズにあるような、開放ではベールを被ったような味わいとか、そいうの一切なし。
ただ、これはこれ。
美しいです。

あと、35,24の2本が手元にあるわけやけど、こういう情報はあんまりネットでも大っぴらには出てないので、
一応書いておきます。
中央のAFポイントでは純正レンズより少し精度が劣る程度。
中央以外で特に左右のAFポイントを使うとAF精度がガタガタに落ちます。

現在シグマに問い合わせ中やけど、多分こんなもんなんじゃないかと思う。

シグマのアート24-70ではこの辺が結構改善されてるので、この数年で何かブレイクスルーがあったのか。
単に開放2段差がそこまで繊細にさせないのか。
よく分からん。

まあそれでも、使いたくなる魅力は十分にありそうやけど。


追記
シグマから返事来ました。
レンズの故障ではないと思われます。
ピント調整無料なので、ボディとレンズをシグマに預ければ周辺でもピント精度はあげられるかも。
というお返事。
10日間ほどかかるらしいので、その間ボディ1台になることがあり得ん。
6D置いとけば良かった…。
ということで、少し考えてみます。
6D2発売したら中古市場に6D溢れてめっちゃ安くなるかもしれんし。
やっぱりプロサービスに加入してない以上、ボディ3台は要ります。





# by iidacamera | 2017-07-31 05:07 | 足跡 | Comments(6)

或る光景#53

f0167977_16363038.jpg


f0167977_16363142.jpg


f0167977_16363009.jpg



f0167977_16362987.jpg

特にストリートを撮るとか、風景を撮るとか、そういうことを意識したことは全然なくて、
どのみち特定のお題を与えられた写真は仕事で撮るので、普段はもうちょっと何も考えずに撮ろう、
って思ってるだけやったりする。

独立してようやく自分で少しずつ稼げるようになると、抑えていたカメラとレンズへの欲求が爆発して、
プライベートでの写真をいろいろと探ってみたい欲求も独立して7,8年間、ずっと続いていた。

写真に関しては今も探り探りやと思うけど、考えてみると自分のあの10年間の状態は、
思春期の頃に写真をやってなくて、自分のカメラマンの友達の多くが学生の頃にやっていたようなことを、
だいぶ遅れて自分も体験していたのかなぁって思う。

仕事の写真との相互作用もあって、かなりいろいろと理解できた時期で、楽しかった。

今もどんどんいろんなことを吸収してる最中ではあるけど、あの頃とはいろいろと考えが変わったと思う。

機材への欲求はかなりなくなってしまったし、プライベートの写真を撮ることも一定以上は少し辛くなることがある。
でも辞められんのはやっぱり好きなんやろうなぁ。

それでも最近の写真は少し良くないなぁって勝手に思っていて、何か根本的な方向性がずれてるような気もする。
ちょっと旅がしたいです。






# by iidacamera | 2017-07-27 16:47 | 或る光景 | Comments(0)

或る光景#52

f0167977_16262057.jpg

f0167977_16262027.jpg

f0167977_16262197.jpg

f0167977_16261916.jpg



朝から湊町あたりで打ち合わせ、終了後長堀の事務所まで徒歩。
せっかくなので撮りながら歩いたけど、事務所に着くころには汗が止まらんくなってた。

オッサンになるにしたがって、やたらと集中的に後頭部と首あたりから汗が出るようになったことに、
何か人体の不思議みたいなものを感じる。

事務所に着いてエアコンをかけて椅子に座った瞬間から30分くらい、グーグー寝てしまった。

しかしこの暑さはホンマに危ないですね。





# by iidacamera | 2017-07-26 16:31 | 或る光景 | Comments(0)