デーライトなスナップ

<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

足跡#70

f0167977_04381823.jpg



土曜日、じいちゃんと娘と3人で橿原市の昆虫館に行った。
娘は二度目で朝からめちゃくちゃ楽しみにしてはしゃいでいたわりに、昆虫館に着くと及び腰になって、
ちょうちょでさえちょっと見たら逃げ出して、結局LaQっていうブロックが置いてあるコーナーで、
無機質なもの相手にかなり長時間遊んでた。


f0167977_04381907.jpg
f0167977_04381992.jpg
f0167977_04381879.jpg


いちばん上の昆虫館の写真以外はシグマ35mmアートです。

思うところあって、X-Pro2以外のプライベート機材とキヤノンのシフトレンズと50F1.4以外の単焦点を、
すべて売却してシグマのアート単焦点を2本入れてみました。

恐ろしく現代的なレンズで、開放から強烈に写る。
収差の多い昔のレンズにあるような、開放ではベールを被ったような味わいとか、そいうの一切なし。
ただ、これはこれ。
美しいです。

あと、35,24の2本が手元にあるわけやけど、こういう情報はあんまりネットでも大っぴらには出てないので、
一応書いておきます。
中央のAFポイントでは純正レンズより少し精度が劣る程度。
中央以外で特に左右のAFポイントを使うとAF精度がガタガタに落ちます。

現在シグマに問い合わせ中やけど、多分こんなもんなんじゃないかと思う。

シグマのアート24-70ではこの辺が結構改善されてるので、この数年で何かブレイクスルーがあったのか。
単に開放2段差がそこまで繊細にさせないのか。
よく分からん。

まあそれでも、使いたくなる魅力は十分にありそうやけど。


追記
シグマから返事来ました。
レンズの故障ではないと思われます。
ピント調整無料なので、ボディとレンズをシグマに預ければ周辺でもピント精度はあげられるかも。
というお返事。
10日間ほどかかるらしいので、その間ボディ1台になることがあり得ん。
6D置いとけば良かった…。
ということで、少し考えてみます。
6D2発売したら中古市場に6D溢れてめっちゃ安くなるかもしれんし。
やっぱりプロサービスに加入してない以上、ボディ3台は要ります。





by iidacamera | 2017-07-31 05:07 | 足跡 | Comments(6)

或る光景#53

f0167977_16363038.jpg


f0167977_16363142.jpg


f0167977_16363009.jpg



f0167977_16362987.jpg

特にストリートを撮るとか、風景を撮るとか、そういうことを意識したことは全然なくて、
どのみち特定のお題を与えられた写真は仕事で撮るので、普段はもうちょっと何も考えずに撮ろう、
って思ってるだけやったりする。

独立してようやく自分で少しずつ稼げるようになると、抑えていたカメラとレンズへの欲求が爆発して、
プライベートでの写真をいろいろと探ってみたい欲求も独立して7,8年間、ずっと続いていた。

写真に関しては今も探り探りやと思うけど、考えてみると自分のあの10年間の状態は、
思春期の頃に写真をやってなくて、自分のカメラマンの友達の多くが学生の頃にやっていたようなことを、
だいぶ遅れて自分も体験していたのかなぁって思う。

仕事の写真との相互作用もあって、かなりいろいろと理解できた時期で、楽しかった。

今もどんどんいろんなことを吸収してる最中ではあるけど、あの頃とはいろいろと考えが変わったと思う。

機材への欲求はかなりなくなってしまったし、プライベートの写真を撮ることも一定以上は少し辛くなることがある。
でも辞められんのはやっぱり好きなんやろうなぁ。

それでも最近の写真は少し良くないなぁって勝手に思っていて、何か根本的な方向性がずれてるような気もする。
ちょっと旅がしたいです。






by iidacamera | 2017-07-27 16:47 | 或る光景 | Comments(0)

或る光景#52

f0167977_16262057.jpg

f0167977_16262027.jpg

f0167977_16262197.jpg

f0167977_16261916.jpg



朝から湊町あたりで打ち合わせ、終了後長堀の事務所まで徒歩。
せっかくなので撮りながら歩いたけど、事務所に着くころには汗が止まらんくなってた。

オッサンになるにしたがって、やたらと集中的に後頭部と首あたりから汗が出るようになったことに、
何か人体の不思議みたいなものを感じる。

事務所に着いてエアコンをかけて椅子に座った瞬間から30分くらい、グーグー寝てしまった。

しかしこの暑さはホンマに危ないですね。





by iidacamera | 2017-07-26 16:31 | 或る光景 | Comments(0)

日曜日の事

日曜日、朝から娘の散髪を夫婦でした後、自分はトイレ掃除と風呂掃除、嫁さんは部屋の掃除と洗濯。
汗だくになりながら掃除を終えて、家族でスーパーとホームセンターで買い物の後、和食屋さんで昼ご飯。

最近平日に仕事が詰まっているので少し寝不足で、娘が全然昼寝しようとしないので自分だけグーグー寝てた。


一時間ほどして、起きてビックリした。


数時間前に嫁さんがきれいに片づけて掃除機をかけたはずの部屋。









f0167977_02483163.jpg


夫婦そろって性格ゆるめなので、普段からそれほどキッチリした家ではないけど、それにしてもなぁ。
帽子何個出てるねん。

いったい何が起こったんでしょうか。




f0167977_02483157.jpg

「写真撮って!」って。
何が嬉しいんやろう。

ホンマそろそろ、自分で片付けるようきつめに言っていかんとなぁって思った一日でした。







by iidacamera | 2017-07-26 07:00 | 日々 | Comments(0)

足跡#69

f0167977_02342300.jpg

f0167977_02342332.jpg

f0167977_02342460.jpg




最近、楽しくて夢中になってるときの表情が本当に嬉しそう。
カメラを向けると必ず変なポーズもくれるようになった。
保育園で覚えたらしい。

誕生日プレゼントに娘のいとこ達からもらったシャボン玉製造機。
親が上げたおもちゃとかよりよっぽど喜んでいるようです。





by iidacamera | 2017-07-25 06:00 | 足跡 | Comments(0)

日常の澱#24

一昨年、自営業生活がどん底に突き落とされてしまうような不景気に見舞われて以来、どうあがいても苦しい時期が続いて、
特に春秋の竣工撮影ラッシュの合間の閑散期に、建築以外の仕事が全然なくて、まあ一人親方みたいなもんやし、
なんとか食いつなごう、っていう状態やった。

f0167977_00334977.jpg

それでも一昨年と比べれば昨年はものすごくジワっとではあるものの、仕事量が回復はしていた。

今年も竣工撮影のピークが過ぎたあとはある程度覚悟してたけど、まさかの大忙し。
通常は年間で3番目くらいにヒマなはずの7月はスケジュールがギューギュー。



f0167977_00334913.jpg

さすがに独立して12年目にもなると、嬉しい悲鳴ではあるものの調子には乗れんくなった。
一昨年のクライアントの倒産とか事業縮小とかの理由で一気に撮影がなくなった経験のおかげで、「たまたまやから」、
って自分にずぅっと言い聞かせとります。


f0167977_00334967.jpg

ただ、それとはまったく別の次元の話やけど、この10年間でデジタルがすっかり行き渡って、
広告カメラマンも華やかに儲かる時代がとっくに終わって、写真のクオリティへの意識が発注側も撮影者側も、
少し低くなっているように思えます。

「予算を抑えたいから」、「好きなようにやりたいから」っていう理由で、プロカメラマンを使わず、
デザイナー自身が撮影してるって話は頻繁に聞くようになった。

カメラマン自身も、現場で確認しながらお客さんが納得できる到達点を最終目標にしがちで、
それ以上は時間や予算を考えて、無理に頑張ることがなくなったように思う。
これは偉そうに言ってるわけじゃなくて、自分も反省するべき点やと思う。

広告カメラマンは昔のように儲かる仕事ではない分、アシスタントを使わない、アシスタントが食えない、
カメラマンを目指す若者が育たない、っていう負の連鎖が続いてる。
知り合いのカメラマンのスタジオも新たにアシスタントを雇うのに、自分が10数年前に、
アシスタントをしていた時の給料の倍近くを出してやっと一人来てくれた、って状態らしい。

まぁ自分の場合は給料がちょっと引くくらいの額面やったので、比較の対象にはならんかもしれんけど。



f0167977_00334897.jpg

そういう世の中に、広告撮影を主な業務にする自分がどうやって対峙していったらいいのか、っていうことは、
真剣に考えた方が良いと思う。

一つの写真を仕上げるのに、方法は何通りもあるわけやけど、過程はせっかくの一人親方やし、
自分の好きなようにすればいいわけで、仕上がりに関しては一定以上のクオリティを、
確実に出し続けられるように取り組んでいかないと、単価の良い仕事を続けていただくことは不可能。
自分自身の人間性ももちろんあるので、40歳以降もやっぱり直すべき性格はいっぱいある。(笑)

当たり前のことではあるし、クオリティの話なんかはもうこの仕事の根本やから今更な訳やけど、
どうも写真撮影の技術が機材の進化で変化していくにしたがって、自分自身忘れがちになってる。

性格の方はもう自分を怒って下さる方もほとんどいないので、気長に自分で矯正するしかない。

写真に関してもお客さんで面と向かって自分に不満をおっしゃるかたがほとんどおられないので、
より自分自身で厳しくしていくしかない。
だからこそ良いものを提供できるような技術・機材と自分自身の撮影以外の面での対応力が必要な訳で、
これからの目標はハッキリしてる。

要は日々精進、もう一回褌締め直しましょう、って話で、40歳の決意表明みたいなもんでした。





by iidacamera | 2017-07-24 01:24 | 日常の澱 | Comments(2)

日常の澱#23

f0167977_11591663.jpg


f0167977_11591795.jpg


f0167977_11591709.jpg


f0167977_11591797.jpg

仕事前、少し時間があったのでふらっと撮ってみた。
ちょっと歩くだけでも汗が止まらんくなる。
撮影スタート前、仲のいいライターさんとエアコンの効いた場所でしばらく休憩してたけど、
ちょっと涼むくらいじゃ汗が止まるわけもなく、撮影終了まで体がビショビショでした。

体力仕事にはしんどい時期ですね。




by iidacamera | 2017-07-21 12:10 | 日常の澱 | Comments(2)

近況

f0167977_14110490.jpg

5D4はひと月ほど使ってみて、5D3でやっていた仕事がひっくり返るほど楽になったわけではないけど、
もう戻れなくなるくらいには楽になった。
先日は近年減少傾向の美容系ポートレイトの撮影依頼を久しぶりにいただいて、iPadはスタイリストさん達に渡しておいて、
自分は背面モニターで確認しながらどんどん撮影を進めてみたけど、お客さん達も確認がしやすくて楽そうやった。
PCやとお客さんに迂闊に渡せません。

背面モニターのタッチパネルも使いやすいし、レタッチの多い竣工写真では5D3との差をはっきり感じる程度に、
後処理耐性も上がってるようで、以前と比べてレタッチに躊躇いがなくなった。

ということで、予備の5D3と、wifiが欲しい撮影では使用していた6Dは下取りに出して、5D4をもう一台。
それと、標準ズームの予備にと思ってシグマの24-70f2.8の新型。

シグマ24-70アートはいろいろな所で言われている通りの性能やと思う。
純正の方が端から端まで中央がシャープ。
ただ、シグマも十分すぎるくらいの性能なので、後は鏡筒の太さが気になるのと、純正と比べると光量が不足すると、
AFの初動が少し遅い、っていうデメリットがあるくらい。
通常のAFもほんの少し遅いので、早い動きものなんかには差が出ると思われます。
そしてこのレンズ、シグマもキヤノンもホンマにイメージが変わったけど、5D4・6Dではジャスピンでした。

ただ、タムロンが写りも良くて、ホンマに手ぶれ補正が5段分実感できるようなものなら、入れ替える可能性あります。(笑)




ということで、先日嫁さんの家族にいろいろと企画してもらって旅行に行ったときに、6Dにシグマ24-70を付けて持って行った。

f0167977_14110470.jpg

いとこ達と出会ってテンションが上がったおかげで、今年は初めて足を水に浸けるってことに成功。
娘がどんどん成長しとります。


f0167977_14110661.jpg

f0167977_14110591.jpg


f0167977_14110678.jpg

f0167977_14110676.jpg

f0167977_14110715.jpg

f0167977_14110781.jpg

サプライズで娘とおばあちゃんの誕生日会。
いとこ達は自分のお小遣いで娘に誕生日プレゼントを買ってくれたようで、むちゃくちゃ感動してしまいました。

翌日はアドベンチャーワールド。
写真ほとんど撮らず。

結局レンズがああだこうだってことはすっかり忘れて、旅行に没頭してしまいました。
楽しかった~。


シグマのレンズは通常使用には十分すぎる写りやと思うけど、値段が値段だけによっぽど物好きじゃない限りは、
純正を買うでしょうね。
ちょっとでかすぎるし、手ぶれ補正もタムロンが発売されるとインパクト薄れてしまいそう。

シグマのアートっていうと解像命、みたいなノリやったようで、このレンズの少し柔らかい味は、
いろんなサイトでけっこう期待外れって言われてます。

個人的には写りがどうかっていうと、純正の前モデルと現行モデルの中間くらいの写りに思えて、
純正がシャープすぎてつまらないって思ってたので、シグマの方が好みではあるかも。
シグマも35mm付近から50mm付近は猛烈にシャープですが。
仕事なら純正が安心、プライベートならシグマがちょうどいい、ってとこでしょうか。

広角側の歪曲は一眼レフ用標準ズームとしてはある程度しゃあないと思うけど、ちょっと気になります。

でも、予備の5D4にはこれを付けっぱなしにして、ガリガリ使いまくりたいと思います。
そのために買ったので。















by iidacamera | 2017-07-19 14:48 | 機材 | Comments(2)

日常の澱#22

f0167977_14484513.jpg


f0167977_14484559.jpg


f0167977_14484527.jpg


丸の内で2泊した時に、気は乗らんしグチャグチャに疲れてるけど、とりあえず撮ってみた飲みに行く前のスナップ。
この後は記憶がぶっ飛んでしまうほどお客さんと飲み明かしてしまったので、銀座で撮ったのは数枚やった。
腰が引けた写真ばっかりやったけど一応アップします。

ちゃんと撮ろうと思ったらキッチリ取り組まないと、とは思いつつ、華美な街並みを見てると正直うんざりして、
やっぱりこういう都会では何も見つけられんなぁって改めて感じた晩でした。


生まれ育ちがまあまあ田舎なので、単に向いてないんでしょうね。






by iidacamera | 2017-07-11 14:57 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#21

f0167977_16152246.jpg


f0167977_16152107.jpg


竣工写真が続いてる。
東京のど真ん中で先週末撮影、レタッチ祭りを週明けにして、昨日京都で撮影、今昨日分のレタッチを終えて、
今晩から姫路入り、明日朝一姫路で撮影。

今年、春の竣工写真のピークの時期が終わってからも撮影が入ってるのは、例年はアパレルがほとんどやけど、
今年はアパレル以外の内装の撮影が増えたからやと思われる。

いい方向に行けてる気はするけど、どん底を知っているので調子に乗る気には全くなりません。

ちなみに、水曜日に免許更新も行ってきました。
年間2万キロほど運転してて、ゴールド免許なのがちょっと自慢です。






by iidacamera | 2017-07-07 16:22 | 日常の澱 | Comments(0)