デーライトなスナップ

<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夏が去ってしまった

f0167977_13165999.jpg






f0167977_1317997.jpg





兄夫婦と子どもたちが東京に帰ってしまって1週間以上経っているのに、娘は未だにいとこ達がどこに居るのか、
毎日のように確認してくる。

盆が明けてから毎日ぐずっていた登園時間は、ようやく泣かずに行けるようになったと思ったら、最近また嫌がり始めてる。
行ってしまえばご機嫌みたいやけど。


自分が子どもの頃と比べると恐ろしく気温が上がってるように思うけど、それでも夏休みのあの一時って、
子どもたちにとってめちゃくちゃ大事な時間なんやろうなぁってつくづく思う。

個人的には暑いのは大嫌いって思ってるけど、それでもなんとなく今の季節、ちょっと寂しい感じになるなぁ。
去年の冬は全然気温が下がらんくて気持ち悪かったけど、今年はどうなるやろ。

何にしろ、一年が早すぎて気分ばっかり焦ってます。
by iidacamera | 2016-08-30 13:23 | 日々 | Comments(0)

博多出張#2

f0167977_22332355.jpg



f0167977_223337100.jpg



f0167977_22335331.jpg



いろいろと、暗い話とかではなくて、写真について思うことをもっといろいろと書きたいのに、自分の写真をアップしてると、
写真について追加で書きたかったはずの記事が億劫になる。

「そんな、自分の写真をいろいろと言ってもなぁ」って思う。
この辺、オッサンになったせいかなぁ。

涙腺もゆるくなってきてるし。
映画なんかやと、制作サイドがたぶん泣かせようとか全然意識してないようなシーンで、なんでかわからんけど、
急に泣いてしまったりするし。



写真について何か書こうとする気がすぐに失せてしまう一因に、自分は写真作家さん達のように写真について、
何かを語る言葉を持ってないっていうこともあると思う。
写真を「読む」とか、「解釈」する、とか、そういうことをやってこなかったし、作品作りについてあれこれ考えて、
真剣に何かを世に発表しよう、っていう作業もやってこんかったし。
テーマとかコンセプトとか、そういう言葉にもかなり距離を感じる。(笑)

だから、写真について語れない、っていうのが本音なのかも。

そう考えると、プライベートで自分が撮ってるものは、作品ではなくて記録なのかも。
だからなんやねん、って思う自分もいるので、それが重要なこととは思ってないけど。

話があっちこっちに飛ぶけど、仕事の写真を「作品」って言われることは職業柄ものすごく多いけど、個人的には、
その言葉にもちょっと違和感がある。

撮影行為と成果物である写真がそのまま営業ツールになっていく様を見ていると、作品って言うのはおこがましい気がする。
ご飯の糧なので、商品、かな。
もちろん最終納品の状態で、カメラマンの個性が、程度の差はあれ反映はされてるけど。

まあ、言葉の話なので、あんまり言うとただのめんどくさい奴になってしまうけど。

で、話があっちこっちに飛び続けてまとめるのは無理やけど、何が言いたいか、っていうと、そういう諸々を考えた上でも、
やっぱり仕事上でもプライベートでも写真が好きでたまらんなぁ、ってこと。

自営業なりの物理的にも精神的にも不安定さとの闘いではあるし、仕事がないとホンマに心が荒むこともあるけど、
仕事でめちゃくちゃ疲れてることを幸せに感じることが多くて、良い仕事を選んだなぁと思ってる。
by iidacamera | 2016-08-27 22:52 | 出張 | Comments(4)

博多出張#1

f0167977_22103987.jpg


f0167977_22103915.jpg


f0167977_22104014.jpg


f0167977_22104095.jpg


f0167977_22104084.jpg


f0167977_22104082.jpg



出張写真、もう1回続きます。





by iidacamera | 2016-08-27 09:00 | 出張 | Comments(0)

M3

f0167977_11480796.jpg
ここ数か月、ブログでアピールしてなかったカメラやけど、自分にしては珍しく、ずっと気に入って使ってる。

なぜか性能がイマイチでも許せてしまう、小さくてゆるいカメラ。
ピリッとしまったところがないというか。
写真をやり込んでる人なら、けっこう好きになるんじゃないかと思う。
シャッター音の安っぽさもキヤノンらしい。

前に「ガシツ」ってなんやねん、って書いたけど、それとは別に、シックリ馴染むかどうかはとても大事で、
画作りがとても写真的やなぁ、っていうところが一番気に入ってるのかも。
22mmパンケーキに限った話で。(笑)

難点があるとしたらよく言われるAF以外に、EVFのチルト機構がロックできないので覗くとたまに上がってしまうこと。

コンパクトで安価でそこそこ写る31mmf1.8とかあったらバカ売れしそうやけど、なかなか出さんのも、
キヤノンの現状を表してるのかなぁと思う。

経済的な余力があんまりないので、このシステムちょうどいいです。
標準単焦点がもし出たら買うやろうし、M3の後継の噂も出てて、その辺は楽しみではある。
でもメーカー内でのポジションを考えると、これからもしばらくは、ゆっくり拡充させる気なんやろうなぁ、
っていう意図もよく分かります。

まあのんびり楽しみに待ってようかと思っとります。









by iidacamera | 2016-08-25 09:00 | 機材 | Comments(0)

足跡#46(20160814)

f0167977_11420222.jpg



f0167977_11420277.jpg
旅行の最終日はちょっと海を見せてやろうってことで明石の海に行ったら、シーズンとっくに終わってて海藻浮きまくり。

水をとても怖がる娘は、嫌々足を海に浸けた挙句、「わかめちゅいた」ってしきりに言ってた。
足に張り付いて気持ち悪かったよう。



そういや、8/12の写真でうっかりアップし忘れてた。


f0167977_11420223.jpg
伊丹空港で飛行機も見たんやった。


よく遊んだ3日間でした。






by iidacamera | 2016-08-24 11:46 | 足跡 | Comments(2)

足跡#45(20160813)

f0167977_10385242.jpg



f0167977_1039414.jpg



f0167977_10392550.jpg



f0167977_10393849.jpg



f0167977_10395052.jpg



f0167977_10403327.jpg



f0167977_10405162.jpg



f0167977_10413296.jpg





娘が喜ぶかと思って北条鉄道を娘と嫁さんと嫁さんのお母さんと4人で、北条町駅から粟生駅間を往復。
夜は嫁さんの家族とみんなで花火大会を見に行く。

ブログやってる時間がなかったので、少し間が空いてきてるけど、こうして振り返ると娘が今朝初めて、
「ほいくえんいらん」って泣きわめいた理由がよく分かる。

めちゃくちゃ楽しかったんやろうなぁ。

元々は保育園も好きなので、また日常ペースに戻ってくれると信じとります。
by iidacamera | 2016-08-22 10:46 | 足跡 | Comments(0)

足跡#44(20160812)

f0167977_23062225.jpg
バカっぽい親子。







f0167977_23062257.jpg


f0167977_23062269.jpg





f0167977_23062322.jpg


f0167977_23062357.jpg
こういう写真を撮ってる時はコンデジってつまらんなぁ、って思ってるけど、家族写真を撮ってるときは、
こんな便利なカメラがあるのか、って毎回思う。

f0167977_23062366.jpg



f0167977_23073090.jpg


この日は娘が早く寝てくれたので、本当に久々の、嫁さんとしょうもないテレビを見ながら高級ビールを飲みながら、
ポテチを完食。

f0167977_23062495.jpg

いい夜やったなぁ。





by iidacamera | 2016-08-17 10:00 | 足跡 | Comments(6)

足跡#43(20160812)

f0167977_13293079.jpg


f0167977_13293066.jpg


f0167977_13293026.jpg


f0167977_13293011.jpg



f0167977_13293076.jpg

奥さんのおばあさんのご自宅が現在はほとんど使われていないそうで、今回家族で福崎町のお家に宿泊させていただいた。
ひいばあちゃんのうちでは娘はテンション上がりっぱなし。



f0167977_13331508.jpg


f0167977_13331553.jpg


f0167977_13331565.jpg


f0167977_13331458.jpg


個人的にも久しぶりに田舎の家に宿泊できて、なんとなく山梨や福岡の祖母の家のことを思い出した。

しかし、ホンマ、娘があんなに楽しそうにしてるのは初めて見たかも。







by iidacamera | 2016-08-16 13:45 | 足跡 | Comments(0)

旅支度

f0167977_15472180.jpg

明日から娘が生まれて以来初めての、2泊の旅行。
旅行って言っても嫁さんの実家にお邪魔するのがメインやし、しょっちゅうお邪魔してるけど、今回は嫁さんのおばあちゃんの自宅に、
一泊させてもらえることになってるので、田舎の夏を満喫する計画も立ててる。
2歳児がいるので思う通りには行かんと思うけど。

旅行といえばいつも、子連れでも張り切って一眼レフとレンズ4本くらいは持ち歩いてしまう自分やけど、
ここ数回のお出かけでさすがにちょっと懲りてしまって、今回は思い切って割り切ったセットを持って行くことにした。

LX100がしばらく使うと合わなくなってしまって、8か月ほど前に売って入れ替えたG1X2(これは気に入ってます)と、
ソニー関係を全部処分してできるだけ小さい万能カメラを、ってことで2週間前に買ったG5X。

G5Xは今回嫁さんに持っててもらう。

緊縮財政に合わせてゴソッと処分したカメラ・レンズやけど、気づいたら手元に残ってるカメラはGRを除いて、
キヤノンのみになってしまった。

ここまで細かいレビューみたいなことはしてない、というか、G1X2はちょいちょい使ってたわりに、
ブログではアップしてないし、存在も放置気味やったけど、2台はわりと使い分けしやすい。
高感度耐性が全然違うのと、画素数が少なくてセンサーが大きい分、普段一台だけで持ち歩くならG1X2、
できるだけ荷物を減らして、電車で娘と二人だけで出かけるとか、予備に一応入れておくとか、
そういう用途ならG5Xが良い。
G1X2は仕事で記者会見の時に一度、知り合いのブライダルのオフショット的な写真で一度、仕事でも使ってる。

G1X2は接写の開放がフワッとする、ってよく言われるけど、その辺はこういうレンズでは当たりまえのような気もするし、
開放でも一定の距離以上離れればすごく良く写るズームやと思う。

G5Xは絞っても少し周辺が流れるレンズやけど、サイズを考えるとこんなものなのかも。

知りたい方がおられるかもしれないので一応書いておきますが、ボケ量は2台であんまり変わらないように思う。
G1X2とG5Xは、ほとんどの画角で1インチセンサーのG5Xの方が1段ほどレンズが明るいせいやと思う。

ちなみにG5Xは手荒く扱われがちで、たすき掛けで自分の背中側に回して娘に靴を履かせていたら、
玄関のドアと自分の体の間に挟まれてガリガリ傷が入ってます。


カメラとかレンズに自分が求めがちな、色気と言うか味と言うか、そういうのは2台とも皆無やけど。













f0167977_15474598.jpg
今回もう一つテンションが上がってる理由がコレ。
旅行前に納車が間に合った、ラフェスタ。

純粋なファミリーカーって車で、自分が乗った車の中ではいちばん軽々とよく走る。

トリビュートはでかくて重くてその分大きい排気量やったけど、鈍重な感じやった。
アトレーは軽のターボやったけど、あれも車重が重かったので、頑張ってます、って感じがよく伝わってきた。
父から譲ってもらった実質自分が維持した車としては初代のマーチは、今時の軽より全然走らん車やった。

ラフェスタは8年前の型やけど、車屋さんがオークションでむちゃくちゃ綺麗な状態のものを見つけてくれて、
車内は不思議なくらいピカピカで未だに新車の匂いが残ってる。

ステーションワゴンはやっぱり使いやすいと思う。
高さがないので機械式の立駐も平気。

エアコンの通風孔が2列目にも付いてたり、必要なのかどうか分からんけど空気清浄機もあったり、
鍵穴にガチャガチャやるタイプじゃなかったり、至れり尽くせりの車で、車に甘やかされすぎて、
自分がバカになりそうです。


ということで、明日からの旅行に向けて、ちょっとはしゃいでます。

旅行って準備が一番楽しい気がするなぁ。






by iidacamera | 2016-08-11 16:42 | 日々 | Comments(6)

或る光景#36

f0167977_11415580.jpg



f0167977_1142666.jpg



f0167977_11422011.jpg



f0167977_11425731.jpg



f0167977_1143950.jpg



f0167977_11432314.jpg

by iidacamera | 2016-08-11 07:00 | 或る光景 | Comments(0)