デーライトなスナップ

<   2016年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

福岡出張

f0167977_1038492.jpg



f0167977_10381518.jpg



f0167977_1039779.jpg




福岡出張から帰りました。
いつもより現場での撮影カット数は少なかった代わりに、いろんな条件が重なってピリピリしてました。

帰りは仕事をくれた友達と横並びで新幹線の席を予約して、自分としては出張の帰りに珍しく、
おしゃべりしながらの帰路。
友達は帰ってから仕事あるやろうと思うもののおしゃべりが止まらんので、いったん席を立つから、
その間に寝てて、って言って席をはずしてみたり。

結局岡山あたりからはまたぺちゃくちゃ。

京都駅では偶然社会人になってからずっと付き合いのある友達と遭遇。
現在関東在住の彼女は帰省で京都駅を利用していたようで、あんまりにも偶然すぎてビックリした。
子連れ移動でグッタリしてる様子であまり話せんかったけど、会えてうれしかった。

高の原駅で乗ったタクシーは、自分の住んでいる団地の中の通路の狭さが嫌で、いつも文句と言うか、
「こすると自腹で修理やねん」って愚痴ってくるタクシー会社で、その会社のどの運転手も団地に入り込むのを嫌うけど、
昨日は団地に入る手前で止まってしまって、入ってくれって頼むと今度は団地に侵入してすぐの駐車場に止まって、
ここじゃなくて家の前に着けて下さい、って頼むと、「え~家の前に行くの??」って言われる始末。

嫁さんが身重の時に団地の外で降ろされそうになってビックリして以来2年半、この会社に当たるたびに、
毎度この調子。

最初に団地の何棟にお願いします、って言ってもこんなことされるのでさすがにこれはあかんやろ、
ってことで、今日タクシー協会と運輸局に相談したら、違法性はないらしい。
そらそうでしょうね。

結局運輸局からタクシー会社に連絡しときます、って話で終ってしまったけど、あの調子やとたぶん、
連絡すらしなさそうではある。

タクシー会社に直接連絡も考えたけど、とりあってもらえん可能性と、頭に血が上りそうやったので控えた。

駅によって取り決めみたいなものがあると推測されるので、タクシーの列の一番前の車両に乗り込むしかなく、
それがその会社やとこれからも気分の悪い思いを繰り返すしかないそうです。

4社くらいにプラス個人タクシーと思われる方々が最寄りの駅に入られてて、この会社だけやねんけどなぁ。

次回からは会社を指定してこちらから呼んでみようと思ってます。

何にしろ、昨日の福岡からの帰路はいろいろとありました。
by iidacamera | 2016-07-28 11:08 | 日々 | Comments(2)

ブレのない写真(福岡出張中)

f0167977_17092470.jpg
f0167977_17092436.jpg
f0167977_17092472.jpg
f0167977_17092460.jpg
f0167977_17092406.jpg

福岡出張です。
ホテル到着。
Facebookにアップするつもりやったけど、せっかくぽちぽち写真も撮ってたし、ブログで。

これから現場の確認などしてくる予定。
ということで、今日は特に仕事はないので、引き続き写真も撮り続けます。
なので出張ブログ続くと思われます。


あっ、タイトルには特に意味はないです。

ピント固定、絞って低感度でパチパチやってると案外ブレてるなぁ、って思いながら、
でもおれはブレない写真を撮っている、って言いたかった、って訳でもないです。








by iidacamera | 2016-07-26 17:20 | 日々 | Comments(2)

ハコバンとGRのこと

f0167977_11294854.jpg


iPhoneで撮って、iPhone上でモザイクかけてます。

独立して2年目にかなり無理して買ったアトレー、エアコンが半年くらい前から調子悪く、点検してもらうと、
修理の見積りがえらいことになってしまいました。

つぶれるまで乗ろう、って決めてた矢先のことでびっくりした。
もうつぶれてた。

電装関係のパーツは、今まで乗った3台の車はどれも壊れやすかった。
パワースライドドア、パワーウィンドウ、電動格納ミラー。
ちなみにアトレーは右ウィンカーも手動で戻さないと、点きっぱなし。

次の車種はもう決まってるけど、できるだけ電装パーツの少ない、商用車に毛の生えた程度の車。
自分と嫁の好みのど真ん中。
道具感すごいやつです。



で、車があまりにも暑いので子どもが可愛そうなので、土曜日は二人っきりやったけどお出かけはバスと電車。


f0167977_11345381.jpg



どんどん子どもらしくなってる。
この間まで赤ちゃんやったのになぁ。


f0167977_11353936.jpg


いつもの電車見学。


f0167977_11355839.jpg


f0167977_1136774.jpg


f0167977_11361677.jpg


f0167977_11362563.jpg


f0167977_11363517.jpg


カメラを意識するようになってきたせいで、しょうもないグラビア撮影のようになってしまう。(笑)


f0167977_113753.jpg


朝から電車を見た後、実家でじいちゃんに出してもらったプール。

f0167977_11373143.jpg


さらにストライダー。

お昼は爆睡してました。


GRは被写体より背景の輝度が高いとかなりAFが迷う、というか外す。
難しいけど、そういうカメラじゃないのかもとも思う。

その辺がもう少し頑張ってもらえてたら、娘と二人だけの時とか、常に持ち歩けるカメラやったのになぁって思う。

もうちょっと万能なやつ、ただでさえ車で物入りなのでしばらくは買えんけど、そのうち一台買おう。

G5X、後継機発表されて中古相場暴落してくれんかなぁ。
by iidacamera | 2016-07-25 11:43 | 日々 | Comments(2)

或る光景#33

f0167977_029447.jpg




f0167977_030319.jpg




f0167977_0301570.jpg




f0167977_0302934.jpg




自分がいいなぁって思うモノクロ写真は全てではないけれど、それでもやっぱりレンズ周辺が少し流れていたり、
滲んでいたり、ボケ味がきれいとは言いがたかったり、そういう写真にホッとしたりする。
そういうことが自分の写真への先入観というか、潜在意識というか、それと密接に関ってるらしいってことに、
ジワジワ気づき始めてる。

だからメーカーもわざわざ売れもせんのにそういうレンズを作ってくれたんやろうけど。

限定生産ってこともあったせいか、ヘリアークラシック50mmf2を使いこんでおられる方っていうのは、
あまりネット上では見かけん。
フィルム用途が多かったこともあると思うけど。
大きくはないけど、かといって沈胴してもそれほどサイズが変わらんあたりも人気なかったのかも。

このレンズ単体で使うと、自分みたいに50mmと35mmだけであらかたの写真が済んでしまう人の多くは、
きれいに写る35mmとセットで持ち歩いたりすると50mmの写りにとても違和感があると思う。

最近のレンズはホンマにきれいに写るし。

だからこれをメインで使いたい時は、35mmはノクトンクラシックにしてみたら、あんまり違和感がなくなりました。

ブログサイズでは伝わりにくいかもしれんけど、購入してからかなり経つ2本、ようやく気に入り始めてる。
自分のどういうイメージにこのグルグルボケるレンズ達がフィットしてるのか、分かり始めたというか。

別にグルグルぼかしたいから使うってわけでもない感じ。

ただこのテのレンズは何も言わずに使ってると、「ちゃんとしたレンズを使いなさい」って怒られるかもしれませんね。

自分にとってはちゃんとしたレンズなんですけどね。


α7RⅡのファインダーもまあまあ快適で、サッと撮りたいときは拡大せずにピント合わせしたりしてますが、
被写体との距離感とかレンズの距離指標の意味が分かる人なら、広角~50mmくらいまでは、
そこそこピント当たるんじゃないでしょうか。

自分は5割くらいですが。(笑)
外しても構わないような写真が多いので。
by iidacamera | 2016-07-23 15:59 | 或る光景 | Comments(2)

足跡#42

京都にて。

f0167977_15553599.jpg


大好きな電車。
しかもトロッコ列車。
夫婦そろって後のことを考えてグズグズして判断が遅くなって、乗れませんでした。
娘ごめん。

f0167977_15565973.jpg


宿まで帰る途中。
郵便車。
これも大好き。




f0167977_15573029.jpg


f0167977_15574686.jpg


f0167977_15575629.jpg


f0167977_15581156.jpg


f0167977_15582213.jpg


f0167977_15583287.jpg


f0167977_15584230.jpg



トロッコ嵯峨駅のジオラマ館からの帰り。
一歩も自力で歩いてくれませんでした。
襟がくちゃくちゃになってるあたり、哀愁を感じてしまう。
別に襟を立てたかったわけじゃないですよ。
by iidacamera | 2016-07-22 12:00 | 足跡 | Comments(0)

足跡#41

f0167977_15444854.jpg



f0167977_1545248.jpg



f0167977_15451679.jpg

by iidacamera | 2016-07-21 15:45 | 足跡 | Comments(0)

日常の澱#14

f0167977_133223.jpg



f0167977_1331825.jpg



f0167977_1334276.jpg



f0167977_1335332.jpg



f0167977_13242953.jpg



f0167977_1341361.jpg




日・月の連休で家族旅行。
義理の兄の会社の保養所で義理の母の還暦祝いと娘の誕生日のお祝いまでしていただいた。

水族館に行ったり、いろいろお楽しみがあったわけやけど、アップできる写真があまりないので、
今回はブログには写真を上げれません。

レンズに頼って写真を撮るのは違う気がする、ってたまに書いてるけど、次はこのレンズを使ってみようか、
とか、時間がないので車に忘れ物を取りに行ったついでに家の周りを撮ってみたり。

コシナの「オールドレンズ風」な写りをするレンズ、やっぱりたまに使うと惚れ惚れする。
背景の選び方に注意すれば、柔らか~い、最近のレンズにはないような甘さが味わえる。

レンズに頼って写真を撮るのもええんちゃうやろか、って気持ち、復活中。

現在では希少品を通りこして珍品になりつつあると思うけど、コシナツァイスは売ってしまったので、
この辺のレンズは大切にしようと思います。
by iidacamera | 2016-07-19 13:12 | 日常の澱 | Comments(2)

日常の澱#13

f0167977_2302589.jpg





f0167977_2303625.jpg





f0167977_230458.jpg





○○のカメラとレンズでこの写真を撮りました、っていう写真になってしまっては元も子もない、
っていうことは以前からこのブログでよく書いてたけど、どうしても物欲に振り回され続けてきた自分は、
そういう話もブログのネタに盛り込みがちやった。

それが悪いわけではないけど、ここ1年半ほど、加納満さんの写真展や、同世代の方の写真展、
有名・無名の作家さんの写真展を覗かせていただいて、写真について真剣に考える機会がたくさんできて、
自分のマヌケさ加減に嫌気がさした。

マヌケなのは知ってたけど、そのマヌケから脱却できる日が全然来なかった。

昨年仕事が急に激減して、周囲にいろいろと迷惑をかけたり、先が見えなくてクヨクヨし続けたり、
その経験値のおかげでお金と真剣に向き合うようになって初めて、物欲から解放されたような、
写真と素直に向き合えるような、そういう気持ちになってきた。

仕事が溢れてるときには気づかんことってけっこうあるもんやなぁ。

不思議なもんで、子どもができて将来のことをいろいろと考えないといけなくなって、写真は撮れる時間も減って、
写真そのものを仕事以外で止めてしまう、って人からは予言されてたのに、全然そんなことはなくて、
余計に撮りたい欲求は溜まってる。


カメラやレンズやその他機材関係の情報提供は、どうせ元から真剣にやる気なんてなかったんやから、
レビューみたいなもんはちゃんとメーカーからお金をもらってされてるカメラマンの方々にお任せして、
自分は機材について、もしなんか言いたくてももっと言いたい放題言ってやる。

○○で撮った写真です、って言ってしまった時点で、「作例」になってしまうだけなので、スポンサーがつくまでは、
基本的にはカメラ情報くらい、気が向いたらレンズも、嫌になったら全部載せない。
スポンサーがいたら、ブログを全部スポンサー向けの作例だらけの内容に変えてやる、
くらいのドライさも持っていたいとは思うけど。

このブログ超人気やしアクセス数めちゃくちゃ多いしなぁ。
嘘やけど。

あっ、スポンサーがつく予定もないです。
by iidacamera | 2016-07-15 10:00 | 日常の澱 | Comments(2)

日常の澱#12

f0167977_22555469.jpg







f0167977_2256714.jpg







f0167977_22561731.jpg

by iidacamera | 2016-07-14 10:00 | 日常の澱 | Comments(0)

足跡#40

f0167977_23471.jpg


来週の日曜日から、嫁さんの実家の家族と旅行するので、娘に一週間早い誕生日プレゼントを買いに、
今日はショッピングモールへ。

今日から水筒デビュー。
やっぱりバズの水筒。
ショルダーストラップが痛くないよう、パッドを嫁さんが別で準備。
姪っ子の時も、嫁さんの姪っ子たちを見たときも思ったけど、子どもってなんで水筒が好きなんでしょうね。

履いてるサンダルも今日買ったばっかり。
子ども用のサンダルも自分の子ども時代とは比べものにならんくらい進化してて、靴底がしっかりしてて、
歩きやすそうでもある。
本人に聞いてみないと分からんけど。




f0167977_23101131.jpg


メインの誕生日プレゼントはストライダー。

これも10年近く前に初めて名前を聞いた時は「はぁ?」って思ってたけど、この数年でいつの間にか、
一般的な子ども用の乗り物として浸透してるみたいで驚いた。

ヘルメットは嫁さんと頭の大きさがあんまり変わらんってこともあって、嫁さんの自転車用のもので代用。

これは失敗で、顎紐が長すぎたり、頭のサイズもほんの少し、ヘルメットに対して小さかったりで、
今週のどこかでやっぱり子ども用を買うことにした。

一つ助かるのは、子どもやスポーツ用の自転車に乗る大人の多くが、当たり前のようにヘルメットを被ってること。
娘も「ぼうしかぶって自転車に乗る」って当たり前のように言ってくるので、無理やり被せる必要が全然ない。



娘が昼寝してる間に組み立てて、夕方少しだけ遊ばせてみたけど、サドルもハンドルも高すぎて、
サドルに腰を落とせないくらいつま先立ちになってしまってたので、帰宅してもう一回調整。
思ってたより娘がちっちゃい。

後は明日以降。

さっそく一回コケて、ハンドルが顔に当たったのを見て、すぐにバーパッドを買うことにした。
これならちょっとお高い方のモデルを買った方が得やったかも。


f0167977_2317930.jpg



まあ、怖がるでもなく、ガンガン遊んでくれたのでよかったです。
by iidacamera | 2016-07-11 10:00 | 足跡 | Comments(9)