デーライトなスナップ

カテゴリ:機材( 199 )

やっぱり軽い方がいい

今日はオタク話です。


f0167977_14551712.jpg

ここひと月ほど、撮影が立て込んでいて、しかも以前と比べると毎日ちょこまか動くっていうことは減ったけど、
ガツンと終日、8~10時間くらい撮りっぱなし、っていう案件が増えている。

個人的には望むところでもあるのでむちゃくちゃありがたい話。

ただ、プライベートで少し写真を撮っておきたいなぁとか、ちょっとどこか行くついでに写真を撮りたいなぁとか、
そういう欲求があっても重い機材は今の気分ではまったく持ち歩きたくない。
仕事に余裕がある時は、一眼レフと大口径単焦点が良い、とか言ってるけど、忙しくなると全然そんなこと思いません。

X-Pro2は、写真左のXF16-55F2.8にほぼ等価交換で変わったわけやけど、このレンズも、ちゃんと写真目的、
って時にはそれほど重いレンズじゃないけど、気楽にブラブラ、って時にはやっぱり鬱陶しい。

防湿庫をあさってみたら、5年ほど前、水没した18-55が出てきた。

ちゃんと動くし、後玉・前玉きれいにしたら、中はどうやら無事やったようで、未だにちゃんと写る。
厳密には分からんけど、影響なさそう。

ということで、軽量化計画、とかブツブツ言いながら、グリップ外して、16-55も防湿庫に置いて、
水没レンズを素のX-T2に付けた状態で持つと、まあまあ軽いし持ち運びもそれほど苦じゃない。

しばらくはこれにF2単焦点あたり持ち歩いて遊ぼうかなぁって思ってます。
来週あたりから少し余力ありそうなので。

でもこれ、よく考えたらX-T2のキット販売と一緒のセット。
メーカーの勧めることって、結局よく考えられてるんやろうなぁ。
購入以来初めて、外付けグリップを外したら、チルト液晶がすごく使いやすくなったり。

カメラの素の状態って、一番使いやすい状態なのかもしれないです。






by iidacamera | 2017-09-30 00:00 | 機材 | Comments(0)

写真好きでカメラ好き、のジレンマ

f0167977_22270955.jpg


f0167977_22271039.jpg


f0167977_22271010.jpg


f0167977_22270974.jpg

今回はめちゃくちゃバカバカしい話なので、カメラに興味のない人は読んでもらわなくても大丈夫です。(笑)


元々、広告系カメラマンってかっこいい、写真家さんはライカを使ってる人がかっこいい、っていうとても純粋とは言えない、
イマイチ締まらない動機でカメラマンを目指したこともあって、どちらかというと機材オタク、って公言してた。

ライカに関してはフィルムライカを初めて手に入れたときはドキドキしてなかなか実際に使えんかったくらい。
仕事機材を揃えなあかん時期でも、レンジファインダーが欲しくてたまらんかった。
Mマウントレンズも小さくてめちゃくちゃ好きやった。

その頃の思い入れというか、思い込みのせいか、未だにレンジファインダーはスナップに最高やって自分に言い聞かせてきたけど、
最近雲行きが怪しくなってる。

以前から気づいてたけど、自分の場合、光を見ながらキチッと撮るなら一眼レフかEVFを覗きながら。
ザクザクっとスナップをする場合、背面液晶でパパッと、って方が、どうしても結果が良い。

X-Pro2は2台持ちまでして、とても気に入ってるカメラで、あの光学ファインダーはもうフジ以外はやってくれない、
貴重なカメラやと思う。

そこまで分かってて、自分にはこのファインダーが最高、って言い聞かせてるのに、思うような写真がなかなか撮れなくて、
半年ほど使って、X-Pro1の頃と同じようなストレスが溜まり始めてる。
どうも撮影の際にファインダーにこだわりすぎてしまってるのが一番の原因のよう。
OVFで撮ることばっかり考えてしまうけど、厳密なファインダーではないので、ホンマはもっとラフに向き合うものかと思われる。


で、10日ほど前、Pro2の限定色を下取りに出して、X-T2のボディだけ仕入れてみた。
X-T1はすごく気に入ってて、デザインもPro系より好きやったけど、金欠で1年半ほど前にフジのレンズ一式と共に手放した。

X-T2は使ってみると、何も考えずにスッと馴染んでる。
電池は消耗するけど、EVFのフレームレートを上げられるので、ファインダーも以前のような気持ち悪さがなくなった。
撮っててめちゃくちゃ気楽。

フィルム時代から撮り続けてたカメラマンと同じようにアナログなファインダーにこだわってるつもりやったのに、
自分はじつはめちゃくちゃ現代人やった、ってことに気づいた。
ガッカリ。
現代っ子やんか。
「子」ではないか。
そもそも最近「現代っ子」って言わんか。

仕事で一眼レフを使い続けてることも大きいんやと思う。
レフ機のファインダーは仕事で毎日覗いてるので、普通に集中できるけどなぁ。


何が言いたいかっていうと、結局自分にはレンジファインダーはもう向いてないのかもなぁってことです。(笑)
分かってるならサッサと見切りをつけて撮影に没頭した方がいいと思うけど、やっぱりその辺が口惜しくて、
こんな長文を書いてしまうあたり、カメラ好きの血が残ってるよう。

残った1台のPro2も売りに出して、超広角の単焦点でも買おうかと考え中です。

フジには一つだけ文句言いたいけど、X-Pro系の塗装は傷がつきやすすぎると思う。
すごくコストがかかってる、とか、美しい、とか評判やけど、X-T系の武骨な塗装の方が安心して使える。
でも他はホンマに良いカメラですよ。








by iidacamera | 2017-09-03 22:53 | 機材 | Comments(2)

50mm

f0167977_13215619.jpg

f0167977_13215699.jpg
8月に入ってからもバタバタしてたのが、少し落ち着きそう。
来週あたり、一日くらい暑いけどプライベート撮影に出ようかと思っとります。

50mm、届いたのテストしてるけど、シグマアートの単焦点の中でもかなり重いみたいやし、
一昔前の自分やったら、収差を極限まで抑え込んで、重たく大きくなってしまった50mm、
全力で否定してたと思う。

それなら開放付近は味のある小さい軽いレンズがいいって。
実際に使ってみての感想は、むちゃくちゃきれいです。
そういうものなんですな。
すごい端整な写りっていうのも一つの味なのかも。

35mmも24mmも同じやけど、玉ボケとかに注目すると玉ねぎになってしまってるみたいやけど、
個人的にそういうのが目立つような被写体はほとんど撮らない。

来週あたりから平日も空きスケジュールが目立ち始め撮ります。
この辺のレンズの出番が近くてワクワクしとります。


いや、空きスケジュールそのものはなんとか埋まってほしくはあるんですが。




by iidacamera | 2017-08-04 13:34 | 機材 | Comments(0)

近況

f0167977_14110490.jpg

5D4はひと月ほど使ってみて、5D3でやっていた仕事がひっくり返るほど楽になったわけではないけど、
もう戻れなくなるくらいには楽になった。
先日は近年減少傾向の美容系ポートレイトの撮影依頼を久しぶりにいただいて、iPadはスタイリストさん達に渡しておいて、
自分は背面モニターで確認しながらどんどん撮影を進めてみたけど、お客さん達も確認がしやすくて楽そうやった。
PCやとお客さんに迂闊に渡せません。

背面モニターのタッチパネルも使いやすいし、レタッチの多い竣工写真では5D3との差をはっきり感じる程度に、
後処理耐性も上がってるようで、以前と比べてレタッチに躊躇いがなくなった。

ということで、予備の5D3と、wifiが欲しい撮影では使用していた6Dは下取りに出して、5D4をもう一台。
それと、標準ズームの予備にと思ってシグマの24-70f2.8の新型。

シグマ24-70アートはいろいろな所で言われている通りの性能やと思う。
純正の方が端から端まで中央がシャープ。
ただ、シグマも十分すぎるくらいの性能なので、後は鏡筒の太さが気になるのと、純正と比べると光量が不足すると、
AFの初動が少し遅い、っていうデメリットがあるくらい。
通常のAFもほんの少し遅いので、早い動きものなんかには差が出ると思われます。
そしてこのレンズ、シグマもキヤノンもホンマにイメージが変わったけど、5D4・6Dではジャスピンでした。

ただ、タムロンが写りも良くて、ホンマに手ぶれ補正が5段分実感できるようなものなら、入れ替える可能性あります。(笑)




ということで、先日嫁さんの家族にいろいろと企画してもらって旅行に行ったときに、6Dにシグマ24-70を付けて持って行った。

f0167977_14110470.jpg

いとこ達と出会ってテンションが上がったおかげで、今年は初めて足を水に浸けるってことに成功。
娘がどんどん成長しとります。


f0167977_14110661.jpg

f0167977_14110591.jpg


f0167977_14110678.jpg

f0167977_14110676.jpg

f0167977_14110715.jpg

f0167977_14110781.jpg

サプライズで娘とおばあちゃんの誕生日会。
いとこ達は自分のお小遣いで娘に誕生日プレゼントを買ってくれたようで、むちゃくちゃ感動してしまいました。

翌日はアドベンチャーワールド。
写真ほとんど撮らず。

結局レンズがああだこうだってことはすっかり忘れて、旅行に没頭してしまいました。
楽しかった~。


シグマのレンズは通常使用には十分すぎる写りやと思うけど、値段が値段だけによっぽど物好きじゃない限りは、
純正を買うでしょうね。
ちょっとでかすぎるし、手ぶれ補正もタムロンが発売されるとインパクト薄れてしまいそう。

シグマのアートっていうと解像命、みたいなノリやったようで、このレンズの少し柔らかい味は、
いろんなサイトでけっこう期待外れって言われてます。

個人的には写りがどうかっていうと、純正の前モデルと現行モデルの中間くらいの写りに思えて、
純正がシャープすぎてつまらないって思ってたので、シグマの方が好みではあるかも。
シグマも35mm付近から50mm付近は猛烈にシャープですが。
仕事なら純正が安心、プライベートならシグマがちょうどいい、ってとこでしょうか。

広角側の歪曲は一眼レフ用標準ズームとしてはある程度しゃあないと思うけど、ちょっと気になります。

でも、予備の5D4にはこれを付けっぱなしにして、ガリガリ使いまくりたいと思います。
そのために買ったので。















by iidacamera | 2017-07-19 14:48 | 機材 | Comments(2)

タイミング良かったと思ったこと

f0167977_23575940.jpg


f0167977_23575943.jpg
すこ~しだけ娘と一緒の時に5D4でテスト。
ストライダーがここひと月半くらいで目覚ましい上達ぶり。
めちゃくちゃ楽しそうに乗ってます。

5D4、フォーカスポイントの設定をダイレクトに変更できる、なんだか変な形状のボタンができてて、
それが抜群に使いやすい。

うちの用途やとテザーでハイエンドな使用方法での撮影はあんまりないけど、カメラからの有線ケーブルはUSB3.0になってるので、
有線でのテザーはだいぶ楽なんじゃないかと思われる。

うちはどっちかっていうとiPadと連携でカードの中身を覗いてお客さんに確認してもらう、っていうだけの方が多いけど。

昔はニコンと比べてシャッター音が…、とか言ってたけど、5D3のスナック菓子をかじるような音にすっかり慣れ親しんだので、
5D3ではかっぱえびせんやったのが5D4ではカールくらいの静かな音になってて、相変わらずなんか情緒はないメーカーやけど、
もうこれはこれでいいんでしょうね。

かなり成熟した5D3からだいぶ間を空けて出してきただけあって、このモデル、次はどうするのか心配になるような内容です。
RAWデータもぱっと見あんまり分からんけど、失敗したデータを救い出してみたら、低感度がすごく良くなったように思う。

ファインダー内でいろいろと情報を表示してくれるのですごく快適。

ライブビューのAFも快適やし、タッチパネルも楽。

一眼レフの集大成って感じのカメラです。


買ったタイミングもかなり良かったようで、マップカメラで34万4千円で購入したけど、その半日後には40万近くに戻ってしまった。
5万円以上の差額!!
多分6D2の発表が近いので、いったん6D2の価格に合わせて戻ってしまったと思われる。

もう一台を買うのは、6D2の値下がりに合わせてまた下がってくるのを待たないといけないかも。
年末近くまで無理かなぁって思ってます。

同じようなタイミングで購入しようとして大手量販店の価格を見てビックリした人、けっこう多かったでしょうね。





by iidacamera | 2017-06-24 23:53 | 機材 | Comments(0)

これからよろしくお願いします

f0167977_12320513.jpg


届きました。
朝届いて、他の仕事を置いといてとりあえずAFテストとか、カメラのセットアップとか、面倒なことをやってしまう。
性能的なことは分からんけど、5DⅢ以降くらい、なぜかAFがそんなにずれてる個体がない。
レンズ側もほぼ許容範囲で、微調整が必要かどうかは使いこんで見ないと分からんくらいのレベルと思われる。

5DⅡと7Dを使ってた時は、レンズ側とかなりずれてる個体が多かったように記憶してるけど、何かしら精度を上げる、
工夫がされてるんでしょうね。

1000万画素アップも竣工写真では確実に効いてくるので、楽しみです。

5D系は結局初代から全部買ったことになるけど、昔は1D・1Ds系に届かないから5D系にしてたけど、
この10年でデジタルカメラの紆余曲折でそもそもコンセプトが違うラインナップになってしまって、
5DⅣが寿命を迎えるころには一眼レフを買うかどうかも微妙やし、結局自分は1D系は買わんかったなぁっていう、
変な感慨に浸ってます。

これからまあまあ長い付き合いになるカメラなので、しっかり向き合ってみようかと思います。


by iidacamera | 2017-06-23 12:42 | 機材 | Comments(2)

お疲れ様でした

f0167977_10064237.jpg

2012年、劇的に進化した、っていう話に、まあまあストレスのあるAFやった5D2からすぐに乗り換えて、5年以上使った。
2台のうち一台を下取りに出すことにして、5D4を注文してます。

4年以上メインで頑張ってくれたボディで、傷だらけ、ボロボロ。
でも現役で動いてる。

デジタルカメラに対しては思い入れなんて全然ない、って言い続けてきたけど、仕事で頑張ってくれたカメラにはさすがに少し、
愛着というか、頑張ってくれた相方というか、名残惜しい気持ちはある。
今までのカメラマン生活で一番稼いでくれたカメラやと思われます。

6D2の情報が出るにつれて、シングルスロットの可能性が高くなってきてて、キヤノンならそれも十分あり得そうに思える。
ダブルスロット欲しけりゃ5D4買えってことでキヤノンなら割り切ってきそう。
で、どっちにしろメイン機に一台5D4も買う気やったのと、減価償却とかの話もあって、やっと決心できました。

大型店で5D4がようやく30万円台前半まで下がってきたっていうのも大きい理由ですが。

来週東京で大型物件の撮影が入ってるので、そこまでに操作できるようになっとかないとダメなんです。(笑)

現在メインになってるもう一台の5D3は、使いこんでいて何の迷いもなく操作できることもあって、しばらく残しておこうと思う。
6D2が発売されてどういうカメラかはっきり分かったら、入れ替えになると思う。
また5D4の二台体制になると思われるけど。

6D2はどうしても欲しければ6Dと入れ替えかなぁ。
でもファインダーのスクリーン交換できなくなりそうで、少し心配です。





by iidacamera | 2017-06-22 10:38 | 機材 | Comments(2)

この2台

カメラ話です。

最近、カメラメーカーが苦戦しているのはユーザーから見ても一目瞭然やけど、個人的には写真目的としてのカメラ、
っていうのはもうとっくに十分すぎるほどに進化していて、今のカメラのほとんどは自分にとっては、
あんまり興味のない方向に進化し始めている。

だからと言って別にそれがあかん訳じゃないし業界としては絶対に必要なことやってわかってるけど、
写真のことを考えるともういいかなぁって思う。
f0167977_12550581.jpg

どうしても写真を撮りたくなるカメラって何かって考えると、一台はこれかなぁって思う。

今時のスペックに照らし合わせると、ポンコツと言われてしまうかもしれんけど、自分の要求は最低限満たしてくれてる。
一眼レフとしては軽くて、パンケーキレンズとセットや子どもの面倒見ながら歩いてたりがぜんぜん苦痛じゃない。
MFレンズを付けて撮影するのもファインダーを交換してしまえば申し分ない。
しょうもないストロボもついてないので、継ぎ目がなくてデザインも好き。

削ぎ落として無駄がないものがいい訳じゃないと思うけど、個人的にはこれで十分。
後継機がミラーレスになるかもって思うけど、上のクラスのカメラのことも考えるとそれも仕方ないかも。
ただ、どうせならこのモデル、10年くらい販売され続けたら面白いと思う。






もう一台はプライベートでM4−Pを手放した時に、デジタルで代わりに使うなら、って思って買った、X-Pro2。


f0167977_12550485.jpg

f0167977_12550467.jpg

f0167977_12550340.jpg

f0167977_12550230.jpg

f0167977_12550225.jpg

f0167977_12550246.jpg

f0167977_12550103.jpg

f0167977_12550440.jpg

久しぶりに仕事の方がめちゃくちゃ忙しくなってなかなか自分の写真が撮れない中、無理やり出張にも持ち出してたら、
後生大事にボディケースなんか付けてるくせに、酔っ払ってカメラをレンズと一緒にバッグに入れてしまって、
レンズフードがボディと擦れて背面モニター横に傷を入れてしまった。(泣)
なんとなく大事にしてる感を演出したくて、タッチペンでキズ隠しをしたら余計に目立ってる。


OVF8割、OVF+EVFの小窓1割、あとは背面液晶かEVF単体。
でもほとんどOVFだけでやってる。
AFが早いので、とにかく大まかにザクザクスナップする感覚は、背面液晶で撮れた写真を確認するのすら面倒になるくらい。
テンポが良いので、本当にあんまり撮れた写真を確認しなくなってしまった。


X-Pro1の時に撮影テンポが悪くて手放してしまったけど、次機種に期待かなぁって偉そうなことをブログで書いたけど、
富士フィルムにはすごく感謝してる。

こういうのは多分大多数の人が求めてないと思われるのに、ボディを大きくしてまで複雑な構成とギミックの、
マニアックなファインダーを生み出してくれて、しかも2世代も販売してくれてるってことだけでも大変なことやと思う。

最初に書いた各メーカーの方向性とは違う、唯一無二のものを作り続けてくれるよう、これからも頑張って欲しいです。
もしこれでこのファインダーのカメラは終わり、ってことなら早めに言っていただけると、もう一台購入して、
おじいさんになるまで大事に使おうと思います。(笑)



ロタウィルスで倒れて、現在治りかけの娘が寝ている横で、少し罪悪感を感じながら久しぶりのカメラ話でした。





by iidacamera | 2017-05-02 13:32 | 機材 | Comments(2)

みんなオタクなんだ(プラナーとEg-s)

f0167977_10221741.jpg

防湿庫に4年ほど眠り続けていたレンズ。
尼ヶ辻に住んでた頃に買ったやつ。
当時は自分に子どもができるなんて全然考えてなかった。

EF50mm f1.4が二度目の入院の時に中古で買って使おうと思って挫折したけど、一眼レフ用でMFレンズは、
当時これだけやったので、一応とっておくことにした。
売っても価格が知れていたのもあるけど。

プライベートではLV使うなんて煩わしいことせんでも、なんとかならんこともないけど、
仕事ではドキドキしてなかなか使えんかった。
一度持ち出して、結局絞って使ってしまったり。(笑)
当時は他に遊べるカメラがたくさんあったので、ブログでもネタにしてないと思う。

今はいろいろと手放してしまって、レンズでワクワクしたい自分を楽しませてくれるボディは、
オリンパスだけ。
ツァイスのレンズもライカのレンズもそれほど詳しくないけど、プラナーはMマウントでもこのEFマウントでも、
写り自体はガサガサしたボケも含めて、とても好き。
せっかくなので、前回までの記事で書いていた通り、フォーカシングスクリーンを交換して久々に使ってみることにした。

せっかくのコーティングやのに、しょうもない保護フィルターつけてます。

フォーカシングスクリーンEg-sに関しては、ミラーレス全盛、ライブビュー使えるカメラばっかりの中、
あえてこれを買う人って少ないかもしれんし、必要な人ももういないのかもしれんけど、
ちゃんと感想書いときます。

6Dの元のスクリーンと比べて、微妙に見やすい、っていう程度。
近接撮影では見やすくなったことが実感できるし、一定の距離を置くとあんまり変わらない感じでフォーカスエイドも必須。
ただ、光学ファインダーでMFするためにはあった方がいいかも、とも思います。
暗いレンズをいっぱい使う人はメーカーも推奨してないし、止めといた方が無難です。
使えん訳じゃないけど。

気持ちの問題だけかと思いがちやけど、こっちを使いこむと元の明るいスクリーンではMFしにくいことが実感できる。
まあ全面マットってマニュアルカメラでも、結構自分はピント外してたので、こんなもんかなぁと思います。

1D系のスプリットの入ったスクリーンを使ってみたいなぁ。

交換の際はホコリの立ちにくい場所で、マスク着用で慎重にやった方が、ファインダーになんか乗ってる~、
が回避できていいです。(笑)


※今回のタイトルは、写真好きのほとんどの人はある程度機材オタクでもあるんやから、
堂々と機材オタクを名乗りましょう、っていうしょうもない話。その辺は後日書く予定です。






by iidacamera | 2017-02-08 10:19 | 機材 | Comments(2)

夜想曲③

f0167977_00382978.jpg
f0167977_00382920.jpg
f0167977_00382845.jpg
f0167977_00383092.jpg
このタイトルが続いてるということは相変わらずレンズの練習が続いてるわけで、夜のスナップが撮りたいってずっと思ってる、
自分のやりたいことにメインで使うととても楽しいことになりそうなレンズということが分かりつつあります。

ハイライトの滲み具合がちょうど良くて、最初に集めていた情報よりずっと扱いやすい印象。


昨日の昼から深夜まで撮影でした。
今日は朝8半から夕方4時半頃まで通しで撮影。
天気予報通りなら、防寒対策はほどほどで良さそう。

頑張ります。






by iidacamera | 2016-12-17 00:43 | 機材 | Comments(2)