デーライトなスナップ

カテゴリ:日常の澱( 27 )

日常の澱#27

f0167977_23371052.jpg

f0167977_23371048.jpg


f0167977_23371145.jpg


f0167977_23371117.jpg


f0167977_23371166.jpg


娘と遊ぶ時間はなんとか確保できてるけど、盆明けいきなり忙しかった。
今年はありがたいことに、2年前にいきなりお客さんが倒産したり事業縮小したりで劇的に仕事が減って以来、
久しぶりに仕事量が少しだけ回復してる。

しかも以前は確実に仕事がなかった8月が今年は盆前後以外仕事をいただけてるのはありがたくて涙が出そう。
これから先どうなるかは分からんけど、いろんな方とお付き合いさせてもらえる大切さを痛感中。

娘は日々自己主張が激しくなり、たぶん時期的なものというか、盆休みでしばらくいっしょにいたのに、
今はこども園に嫌々通ってるせいか、盆前と比べてめちゃくちゃわがままにもなってきてる。
夜もなかなか寝ずに寝入ったところを起こされたりして、自分も変な時間に目が覚めるとか、
グッタリ疲れた体を休めるヒマがあんまりなくて、イライラが募って子どもにも毎日声を荒げてしまう。

来週は画像処理と経理処理をするだけで終わりそうな予感で、久しぶりに気持ちに余力が出てるので、
少しリラックスして娘と向き合う必要がありそうです。






by iidacamera | 2017-08-26 23:49 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#26

f0167977_04013356.jpg

f0167977_04013343.jpg

f0167977_04013234.jpg




by iidacamera | 2017-08-12 07:00 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#25

f0167977_00141534.jpg


f0167977_00141520.jpg


f0167977_00141507.jpg


f0167977_00141631.jpg


f0167977_00141456.jpg


15時頃、お客さんとのやりとりも返事待ちでストップしてしまい、とりあえずやることがないので新レンズ3本を、
テスト運用的に近所に持って出た。

何をそんなに慎重になってるかというと、写りに関しては不満は皆無やけど、AFに関しては当初の印象に反して、
けっこういろいろと問題が出てきてる。

被写体の距離によってずれ方が異なってるっていう、厄介な症状に気づいてUSBドックで調整しては、
テスト撮影、っていうことを繰り返してる最中。
USBドックが何のためにピント調整を4分割しているのか、まさに体験中です。

丸一日テスト出来たらもうちょっとサッサと追い込めるけど、時間ないので毎日ちょっとずつ。
シグマにボディ預けるよりはマシかとも思うけど、預けられる余力があるなら、ちゃんと預けましょう。
自分は仕事の都合と、昔よりこういうことに取り組むのがめんどくさくなくなったっていうか、
以前と比べると気持ちに何故か余力があるので、まあボチボチやりましょ、って気分で気長に調整中です。

撮れた画は純正レンズとは全くちがう味わいがあるので、惚れ惚れしとります。

ちなみにタグに入りきらなかったので載せてないけど、最後の2カットは、
24mm F1.4 DG HSMです。







by iidacamera | 2017-08-05 00:28 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#24

一昨年、自営業生活がどん底に突き落とされてしまうような不景気に見舞われて以来、どうあがいても苦しい時期が続いて、
特に春秋の竣工撮影ラッシュの合間の閑散期に、建築以外の仕事が全然なくて、まあ一人親方みたいなもんやし、
なんとか食いつなごう、っていう状態やった。

f0167977_00334977.jpg

それでも一昨年と比べれば昨年はものすごくジワっとではあるものの、仕事量が回復はしていた。

今年も竣工撮影のピークが過ぎたあとはある程度覚悟してたけど、まさかの大忙し。
通常は年間で3番目くらいにヒマなはずの7月はスケジュールがギューギュー。



f0167977_00334913.jpg

さすがに独立して12年目にもなると、嬉しい悲鳴ではあるものの調子には乗れんくなった。
一昨年のクライアントの倒産とか事業縮小とかの理由で一気に撮影がなくなった経験のおかげで、「たまたまやから」、
って自分にずぅっと言い聞かせとります。


f0167977_00334967.jpg

ただ、それとはまったく別の次元の話やけど、この10年間でデジタルがすっかり行き渡って、
広告カメラマンも華やかに儲かる時代がとっくに終わって、写真のクオリティへの意識が発注側も撮影者側も、
少し低くなっているように思えます。

「予算を抑えたいから」、「好きなようにやりたいから」っていう理由で、プロカメラマンを使わず、
デザイナー自身が撮影してるって話は頻繁に聞くようになった。

カメラマン自身も、現場で確認しながらお客さんが納得できる到達点を最終目標にしがちで、
それ以上は時間や予算を考えて、無理に頑張ることがなくなったように思う。
これは偉そうに言ってるわけじゃなくて、自分も反省するべき点やと思う。

広告カメラマンは昔のように儲かる仕事ではない分、アシスタントを使わない、アシスタントが食えない、
カメラマンを目指す若者が育たない、っていう負の連鎖が続いてる。
知り合いのカメラマンのスタジオも新たにアシスタントを雇うのに、自分が10数年前に、
アシスタントをしていた時の給料の倍近くを出してやっと一人来てくれた、って状態らしい。

まぁ自分の場合は給料がちょっと引くくらいの額面やったので、比較の対象にはならんかもしれんけど。



f0167977_00334897.jpg

そういう世の中に、広告撮影を主な業務にする自分がどうやって対峙していったらいいのか、っていうことは、
真剣に考えた方が良いと思う。

一つの写真を仕上げるのに、方法は何通りもあるわけやけど、過程はせっかくの一人親方やし、
自分の好きなようにすればいいわけで、仕上がりに関しては一定以上のクオリティを、
確実に出し続けられるように取り組んでいかないと、単価の良い仕事を続けていただくことは不可能。
自分自身の人間性ももちろんあるので、40歳以降もやっぱり直すべき性格はいっぱいある。(笑)

当たり前のことではあるし、クオリティの話なんかはもうこの仕事の根本やから今更な訳やけど、
どうも写真撮影の技術が機材の進化で変化していくにしたがって、自分自身忘れがちになってる。

性格の方はもう自分を怒って下さる方もほとんどいないので、気長に自分で矯正するしかない。

写真に関してもお客さんで面と向かって自分に不満をおっしゃるかたがほとんどおられないので、
より自分自身で厳しくしていくしかない。
だからこそ良いものを提供できるような技術・機材と自分自身の撮影以外の面での対応力が必要な訳で、
これからの目標はハッキリしてる。

要は日々精進、もう一回褌締め直しましょう、って話で、40歳の決意表明みたいなもんでした。





by iidacamera | 2017-07-24 01:24 | 日常の澱 | Comments(2)

日常の澱#23

f0167977_11591663.jpg


f0167977_11591795.jpg


f0167977_11591709.jpg


f0167977_11591797.jpg

仕事前、少し時間があったのでふらっと撮ってみた。
ちょっと歩くだけでも汗が止まらんくなる。
撮影スタート前、仲のいいライターさんとエアコンの効いた場所でしばらく休憩してたけど、
ちょっと涼むくらいじゃ汗が止まるわけもなく、撮影終了まで体がビショビショでした。

体力仕事にはしんどい時期ですね。




by iidacamera | 2017-07-21 12:10 | 日常の澱 | Comments(2)

日常の澱#22

f0167977_14484513.jpg


f0167977_14484559.jpg


f0167977_14484527.jpg


丸の内で2泊した時に、気は乗らんしグチャグチャに疲れてるけど、とりあえず撮ってみた飲みに行く前のスナップ。
この後は記憶がぶっ飛んでしまうほどお客さんと飲み明かしてしまったので、銀座で撮ったのは数枚やった。
腰が引けた写真ばっかりやったけど一応アップします。

ちゃんと撮ろうと思ったらキッチリ取り組まないと、とは思いつつ、華美な街並みを見てると正直うんざりして、
やっぱりこういう都会では何も見つけられんなぁって改めて感じた晩でした。


生まれ育ちがまあまあ田舎なので、単に向いてないんでしょうね。






by iidacamera | 2017-07-11 14:57 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#21

f0167977_16152246.jpg


f0167977_16152107.jpg


竣工写真が続いてる。
東京のど真ん中で先週末撮影、レタッチ祭りを週明けにして、昨日京都で撮影、今昨日分のレタッチを終えて、
今晩から姫路入り、明日朝一姫路で撮影。

今年、春の竣工写真のピークの時期が終わってからも撮影が入ってるのは、例年はアパレルがほとんどやけど、
今年はアパレル以外の内装の撮影が増えたからやと思われる。

いい方向に行けてる気はするけど、どん底を知っているので調子に乗る気には全くなりません。

ちなみに、水曜日に免許更新も行ってきました。
年間2万キロほど運転してて、ゴールド免許なのがちょっと自慢です。






by iidacamera | 2017-07-07 16:22 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#20

f0167977_11002178.jpg


f0167977_11002110.jpg


f0167977_11002194.jpg


昨晩竣工撮影に向かいながら、めちゃくちゃ蒸すので車のエアコンで体を乾燥させてた。
深夜の帰宅時も相変わらず気持ち悪い湿度で、ようやく梅雨らしい天気。
自宅でエアコンを効かせてビールとおつまみ。

で、今朝起きたら寒かった。
梅雨やなぁ、って締めるつもりでこの記事書いてたら、現在晴れ間が見え始めとります。

今年はあんまり雨降りませんね。






by iidacamera | 2017-06-21 11:05 | 日常の澱 | Comments(2)

日常の澱#19

f0167977_23133297.jpg

f0167977_23133244.jpg

f0167977_23133378.jpg

f0167977_23133317.jpg

f0167977_23133382.jpg

f0167977_23133462.jpg

f0167977_23133167.jpg

ここひと月以上、忙しい間は6Dは40mmつけっぱなしで撮ったもののバックアップもせず、ロケハンに使った時の写真以外、
カード内にほったらかしのままやった。
その中から。

写真を撮りたい欲求が高まると、X-Pro2の光学ファインダーを使ってめちゃくちゃに撮らなければ、っていう自分の写真にとっての、
義務感みたいなものを抱えながら、まったく逆の、MFレンズを使ってじっくり撮影をしたい欲求が大きくなる。
MFで写りも情緒的なレンズっていうのはいいなぁって思います。

前にも書いたけど、プライベートの撮影ではカメラとレンズと撮影動作に際しての自分の思考以外、こだわるところがないような気がする。
カメラやレンズに対してああだこうだ言いたくなってしまうのは当たりまえなんやろなぁ。
ほんで、それは写真にとってとても大事なことでもあるんやろうなぁ。

だから逆に言うと、ミラーレスが一眼レフを凌駕するとか、一眼レフに大砲レンズなんか付けて撮影しなくても、
おれは高倍率ズームと小さなカメラでもっと良い写真が撮れるぜ~とか、スペックの話とか、自分の使ってるメーカー最高とか、
そういのは写真とは関係ない話やと思う。
人のやってることをいちいち揶揄する必要なんか全然ない。

分かりにくいかもしれんけど、個人的にはカメラを持った人でマナーが悪い人は嫌になることもあるけど、仕事では現役を引退して、
ご自身に可能な範囲で最高と思われるカメラとレンズを揃えられてるご年配の方々を見かけたり、実際に話したりすると、
ずいぶん近道をされましたね、としか思わなかったりする。
何にでも対応できるようにしておけば、後々自分に大事なものが見つかった時にも対応できるし。
投資の仕方が効率的。

自分の撮影方法がマナーを守ってるとも言い切れんので、マナーの話も微妙かも。

話が逸れ始めてるけど、とにかく自身にとって心地いい道具があればそれでいいなぁって思うこの頃です。
6Dにプラナーとかしみじみ良いなぁって思ってしまう、オタクからの意見でした。






by iidacamera | 2017-05-30 07:00 | 日常の澱 | Comments(0)

日常の澱#18

みんなそうかもしれんけど、自分はなかなか満足するってことを覚えんようで、仕事の写真が忙しくなって、
繁忙期の今、てんてこ舞いを繰り返してるうちにプライベート用の写真を撮る時間がなくなってくると、
どうにかそっちでも写真を撮りたくてウズウズしてくる。


f0167977_22465509.jpg

f0167977_22465526.jpg

f0167977_22465516.jpg

特にX-Pro2は、10年近く使ったM4-Pを手放した後、どうしてもブライトフレームで写真を撮りたくて無理して買ったので、
自分の写真以外では使わんって決めてて、カメラ自体にはこれ以上ないくらい満足できてるけど、プライベート写真のウズウズが満たされず、
何か消化しきれてない写真が仕事や出張の合間にちょこちょこと撮影されてて、データを保存して開いてみると、それはそれで面白かったり。


f0167977_22465632.jpg


f0167977_22465468.jpg

f0167977_22571929.jpg

f0167977_22571912.jpg

f0167977_22571860.jpg

はっきりした目的や意図を持った写真を撮るっていう行為は、毎日の仕事の中でもう十二分にやらせてもらってるので、
だからプライベートでは何か説明のできないことをやりたくなるのかなぁって自分なりに解釈してた。
プライベートの写真は仕事の写真の副産物のようなものかなぁって。

まあどっちでもいい話やし、どうも副産物ってだけではなくて、こっちが自分の中心に感じることもあるけど。


f0167977_23040877.jpg


f0167977_23040727.jpg

一つ言えるのは、ブライトフレームが表示されるファインダーのカメラって普段より攻撃的になりがちのように思う。
写真への欲求は高まるばかりです。

これが仕事をいっぱいもらえてるからこそ湧き出る欲求であって、繁忙期が終わって仕事が激減するかもしれんし、
その時に同じモチベーションを維持できてるかというと、微妙やったり。
やっぱり仕事で写真を撮らせてもらえてるからこそ、っていうのはでかいと思う。

とにかく5月は仕事もプライベートもさらにたくさん写真を撮りたいと思っております。








by iidacamera | 2017-04-22 23:11 | 日常の澱 | Comments(2)