デーライトなスナップ

2017年 09月 20日 ( 1 )

時代が変わっていくこと

f0167977_10025912.jpg


f0167977_10025934.jpg



f0167977_10030036.jpg



f0167977_10025997.jpg


f0167977_10025898.jpg

独立したころは、フィルムからデジタルに切り替わるちょうど最後の方で、自分自身はスタジオアシスタントを辞めてから、
一貫して「デジタルしかやってません」って言い続けてる。
フィルムの環境がどんどん衰退していく中で、独立してお金が全然なかった頃にフィルム機の方に予算を回せなかった、
っていう単純な理由やったけど、実際にフィルムでの依頼っていうのは独立してから4,5回程度しかなかった。

デジタルが当たり前の世の中になって、同じような業界の人達がテザー撮影なんかに慣れてくると、デザイナーさんとかには、
PCの操作もしてもらっても構わない、っていう前提で写真チェックをしてもらってた。
元々の理由はこっち側でアシスタントを準備できる予算がないから、やったけど。


ここ数か月は5D4にしてからiPadの稼働率がめちゃくちゃ上がってる。

誰もがスマホを使う世の中になると、iPadやと誰でも操作しながらデータ確認ができるようになってしまって、
正直便利すぎて戻れなくなってきてます。

iPad側に落とすのではなく、キヤノン純正アプリでカメラ内を覗きに行くだけなので、表示もそこそこ早いし。

もちろん弊害もあって、カメラ内データを消そうと思えば消せてしまうけど、皆さんにゴミ箱マークに注意してください、
ってお伝えしながらやってるので、iPadを導入してからのこの2年近くは、特にトラブルは起こってない。

iPad用のアドビアプリの使い方がいまいち分からないのと、そもそも複雑なことをiPadでやるのは煩わしいので、
画像処理を現場でサンプル的に見せないといけないような時は普通にPC使ってますが。

カチッとしたディレクターさんが不在の状況で、モノ作りに全くかかわってないクライアントさんと、
直接やり取りしながらの撮影がここ数年すごく増えてるので、誰もが使えるものが現場に取り込めるのは、
めちゃくちゃ便利やし非常に助かる。

自分よりよっぽど前にiPadを現場に取り入れてたカメラマンの知り合いたちが、iPadは煩わしいって止めていく中、
自分はあまりプロが使ってないと思われるキヤノン純正アプリで現場が楽になってるのも面白いなぁって思う。



ただ、ディレクター不在での撮影でカメラマン自身がディレクションをしていってるっていう状況は、
どんどん儲からないシステムが出来上がっていってるようで将来を悲観してしまうこともあります。(笑)

分業したいなぁ。



by iidacamera | 2017-09-20 10:36 | 日々 | Comments(4)