デーライトなスナップ

2017年 03月 16日 ( 1 )

或る光景#47

f0167977_16072116.jpg

f0167977_16072188.jpg

f0167977_16072274.jpg

f0167977_16072287.jpg

f0167977_16072125.jpg


f0167977_16072015.jpg


ミラーレスでは撮影のテンポがああだこうだ、って言い続けてたけど、テンポが悪く感じる原因が、
普段業務でレフ機ばっかり使ってるせいで、EVFがしんどくなる、っていうのはさんざん書いてきたし、
これ以上言っても嫌味かもしれん。

X-Pro2を使ってみて、想像以上にAF周りが初号機よりよくなってるせいで、OVFがめちゃくちゃ実用的で、
背面液晶もEVFも使わずOVFだけでスナップしてみてるけど、フィルムライカ以来、めちゃくちゃ軽快。
X-Pro1でメーカーがやりたいことをイマイチ消化できてなかったように思うけど、今回はだいぶ練り込まれたというか、
ようやくやりたかったことを表現できたのでは、って思う。

一眼レフでファインダーにボーっと浮かび上がってくる像も好きやけど、やっぱりブライトフレームでザクザク撮る、
っていうのは一種のスポーツのような快感があるなぁ。
いちばん好きな撮影方法であることは間違いない。

あまりにもこういうファインダーがマイナーになり過ぎたせいで、最近はネット上で、このOVFのメリットは何か、
とか、結局EVFだけになってしまう、とかっていう話が多く上がってるけど、その辺が分からないなら、
ウカツにこういうカメラに手を出さん方が無難な気がする。

変なファインダーが付いただけで、やたら高いカメラなのに見た目に騙された、って思う人も結構いそう。

まあ、ちゃんと使えるEVFもあるし、いろんな用途に対応できるように作られてるのも魅力なのかも、とも思うけど。

とにかく、こういう少数派がどうしても使いたいカメラを作り続けてブラッシュアップも続けてくれているフジフィルムには、
本当に感謝です。





by iidacamera | 2017-03-16 16:58 | 或る光景 | Comments(2)