デーライトなスナップ

できることならやり直したい

f0167977_19034407.jpg
技術職の人はみんな同じ気持ちかもしれません。竣工撮影では特に多用する、アドビのハイライト補正。
補正した後の写真が思いっきりHDR風。
その後どうやって補正するかっていうことに、トライアンドエラーを繰り返しながらずっと悩んでた。
もちろんお客さん的には全く文句がないそうなので、あくまでも自分の理想の話やけど。

カメラマンはだいたいみんな、独立してからは独自の方法で処理を繰り返していくことになるし、
技術を共有する、っていうことは特にないので、人に聞くっていうのは失礼にあたるような風潮がある。

で、この繁忙期のラストを飾った京都の路面店、深夜の竣工撮影。
複雑な条件が絡んで画像処理に苦戦しそうな予感がしてたけど、基本に立ち返ってフォトショップで処理してると、
めちゃくちゃ基本的なことを一つ忘れてることに気づいた。

試してみると、理想通りの仕上がりになった。

で、技術職の人はみんな同じ気持ち、っていうのは、今、納品した写真を全部やり直したい衝動に駆られてます。

いや、逆に迷惑やし、って自分を抑えてる最中です。







by iidacamera | 2017-05-04 19:00 | 日々 | Comments(2)
Commented by koppel055 at 2017-05-06 09:26
私の場合、素人なのでさらに悩みが深いです。
まず、色味。
オリンパスだと「Natural」がデフォルトですが、結構コントラスト強いのと色によって彩度の強調具合が違う気がしたので、仕事で使う写真には難しい。なので、AdobeStandardで現像して、コントラストや彩度などパラメーターを少しずついじくったりしていました。

一方で、GW後半にWeb用の素材として撮影した風景写真は、「Vivid」で現像すべきかどうかで悩んだり。

・・・とはいえ、相手さんがそこを気にしているかどうかは別問題なので、ひとりで悶々としている事が多いです。そもそも、AdobeRGBで納品された画像を通常のディスプレイで見ていて何も疑問に感じないという人も多いので。

それにしても、タイトルを見た時「人生をやり直したいのか」と一瞬ドキッとしました(笑)
Commented at 2017-05-06 15:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード