デーライトなスナップ

或る光景#56

f0167977_10312545.jpg


f0167977_10312608.jpg


f0167977_10312685.jpg


f0167977_10312741.jpg


f0167977_10312564.jpg



1カット目がフォトヨドバシみたいやなぁって、自分で言うのも何やけど思ってしまった。

あのサイト、久しぶりに覗いてみたけど、相変わらずライカ・ニコン・オリンパスに偏ってるように思う。
いや、本当はそんなことはないのかもしれんけど、そういう風に見えてしまう。

いろんなサイトでニコンのなんとかフェローって方がよく登場されてるけど、そんなにみんな当たり前のように
ご存知の方なんでしょうか。
私全然存じ上げませんが、それは私のカメラオタク度が浅いのか。

別にその方がどうこうって話じゃないんやけど、なんかメーカーに伝説的人物、みたいな人がおられると、
ひねくれた自分はそのメーカーの商品に対してちょっと萎える部分があります。

ユーザーにすれば商品の質が欲しいだけで、その商品に関った人物がスゲー、みたいな話は正直言って、
別に関係ないしなぁ、って思ってしまう。
カメラやレンズみたいに趣味性の高い商品やからこそ、そういう人が奉られるのかもしれませんね。

そう感じてしまうのは、自称「カメラオタク」、なわりには、カメラやレンズに対してそれほど思い入れがないのかも。
ノクトン以外のレンズは利便性以外考えてないもんなぁ。





# by iidacamera | 2017-12-14 10:46 | 或る光景 | Comments(0)

手放せないレンズ

f0167977_01275959.jpg

f0167977_01280098.jpg


f0167977_01280090.jpg



f0167977_01275872.jpg



f0167977_01275902.jpg


12月に入ってさすがに仕事が少しずつ納まった来ていて、時間が空いたので久しぶりに奈良を歩いた。

コシナのフォクトレンダーブランドのレンズが好きでたまらない、って言いながら、フジをシステムで使おう、
とか頓珍漢なことをやろうとした挙句、結局維持できずにマイクロフォーサーズに戻る、っていう、
カメラオタクの一番悪い部分が出た一年やったように思う。

しょうもない一年の総括は置いといて、Mマウントレンズも全部手放して、コシナのレンズはノクトン2本。
この10年以上、プライベート機材はある程度そのうち手放す前提で購入してる面もあるけど、
この2本だけは気に入りすぎて多分手放せんと思う。

センサーが小さいので、F0.95とか言っても、実際の被写界深度はフルサイズ機の大口径単焦点なんかと比べたら、
それほど浅いものではないと思うけど、ジワっと滲むようなボケと柔らかいトーンが自分の撮りたい写真にシックリくる。

オリンパス純正レンズがどうしても馴染めなかったのは、高解像でシャープでコントラストも高い現代レンズのお手本、
みたいな味付けのものが多かったからやと思う。
標準ズームも性能だけで見るとF2.8通しのものはオリンパスの方が良いんやろうけど、パナの柔らかい写りの方が、
個人的には好き。

まあ来年は浮気せずに、どっしりとパナ機と向き合う時期かも。
売っても二束三文のボディと、カメラマンを止めないといけないような事態に陥るまでは売らない、って決めたレンズ、
プライベートはこんな感じがちょうどいいのかなぁ。

またダメなカメラオタクの一年の総括になってしまった。

ちゃんとした総括はまた別の機会にやろうと思います。

動画用にパナの望遠が一本欲しい以外、特に欲しいものはないので、次の目標は年明けから言ってる、ノクトン10.5mmか。
中望遠は最後やな。





# by iidacamera | 2017-12-12 01:49 | 機材 | Comments(0)

足跡#89


f0167977_06013684.jpg


f0167977_06013605.jpg


f0167977_06013776.jpg


f0167977_06013789.jpg


f0167977_06013724.jpg


f0167977_06013805.jpg



f0167977_06013800.jpg



f0167977_06013588.jpg

またタグに入りきりませんでした。
4枚目から最後のカットまではノクトン25mmです。

土、日と二日間、家族で過ごしたけど、よく泣き、よく怒り、よく笑い、子どもらしい情緒の波に、
親は振り回されっぱなし。

土曜日は娘の好きなように遊んで、ようやく鹿にも煎餅をあげられるようになったり。

日曜日は父ちゃんが車屋さんと知り合いのデザイナーさんの事務所に用事があるからついて来て、
ってお願いすると、終始少しだけテンション低めで、夕方服を壁に擦り付けながら歩くのに見かねて、
「服が破れるからやめて」、ってソフトに注意すると、泣き顔で、
「車屋さんとかついて来てって父ちゃんが言ったけど、イオン行きたかった」、
って言いだして、次から嫁さんがいる時に自分の用事がある時は、家族みんなで動くのは止めようって、
心に固く誓った。

同情した、とかじゃなくて、めんどくさいので。


とにかく子どもの体力が底なしで、正直夜添い寝してたら、自分の方が一瞬で意識がなくなりました。







# by iidacamera | 2017-12-11 06:20 | 足跡 | Comments(0)